著者
熱田 直樹
出版者
名古屋大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2010

難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療法開発には病態関連分子の同定が必要である。ALS患者コホートによる大規模前向き臨床情報と遺伝子多型の解析を行い、ALSの進行と関連ある一塩基多型の探索を行った。その結果、ALS患者の生存期間、球麻痺症状の出現までの期間に強い影響を与える多型を見出した。今後の検証により、ALSの進行・予後に影響する分子の同定につながる可能性がある。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

●メモ 科学研究費助成事業(科学研究費補助金)研究成果報告書 平成24年3月15日現在 名大 熱田先生 https://t.co/RB4S2PW93D

収集済み URL リスト