著者
今井 康之 黒羽子 孝太 渡辺 達夫
巻号頁・発行日
2011-04-01 (Released:2011-04-06)

化学物質アレルギーにおいて、抗原感作を強める作用(アジュバント作用)の機構には不明な点が多い。マウス接触性皮膚炎モデルにおけるフタル酸エステルのアジュバント機構について、侵害刺激受容チャネルTRPA1の重要性を明らかにした。作動活性のある既知の天然物、アンタゴニストを用いた実験結果も上記の機構を支持した。アジュバント物質の予測において、TRPA1作動活性の検索が有用であることを、化粧品や薬剤処方に汎用されている代替可塑剤を題材として明らかにした。

言及状況

Twitter (15 users, 22 posts, 10 favorites)

4 科学研究費助成事業 研究成果報告書 TRPチャネルを経由した化学物質による接触感作促進(アジュバント)機構の解明 https://t.co/LQoH7sl0di

収集済み URL リスト