著者
山本 かほり 野入 直美
出版者
愛知県立大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011-04-28 (Released:2011-08-05)

愛知朝鮮中高級学校での参与観察および学生,卒業生,教員,保護者へのインタビュー調査,行事への参加などを通じて,朝鮮学校での日常およびその意味を考察してきた。さらに朝鮮民主主義人民共和国への修学旅行」にも同行調査を行い,朝鮮学校の生徒たちにとっての祖国の意味を考察した。朝鮮学校が当事者にとってもつ意味は,朝鮮人としての肯定的アイデンティティを形成し,日本においても朝鮮人として生きていくことの自己肯定感の育成,そして,朝鮮半島を「祖国」として考えつつ,日本において何ができるかを考える遠隔地ナショナリズムが育成されていることを考察した。

言及状況

Twitter (145 users, 152 posts, 225 favorites)

@konotarogomame 日本人に関係のない朝鮮学校に関する研究に日本の税金が使われる。 https://t.co/pcIzyTKzC4 https://t.co/R2G0UNBxZP
@zakdesk なんで、日本人に関係のない朝鮮学校に関する研究に日本の税金が使われるのだろうか? https://t.co/pcIzyTKzC4 https://t.co/R2G0UNBxZP
@kuzu3_vs_woman1 なんで、日本人に関係のない朝鮮学校に関する研究に日本の税金が使われるのだろうか? https://t.co/pcIzyTKzC4 https://t.co/R2G0UNBxZP

収集済み URL リスト