著者
安達 登 坂上 和弘 澤田 純明
出版者
山梨大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011

東京都、千葉県、長野県から出土した縄文時代人骨合計23個体について、新規開発したミトコンドリアDNAの一塩基置換検出法を用いた解析をおこない、17個体の解析に成功した。観察されたハプログループの種類およびその出現頻度は北海道および東北縄文時代人に類似していたが、サブハプログループのレベルでは、従来検出されなかった遺伝子型も確認された。本研究の結果は、いわゆる「縄文人」を遺伝的に均一な集団として捉えることが難しいことを示唆しているものと考えられた。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

また犬食を見つけてしもた。北海道、縄文終期〜続縄文時代。在来縄文人とは遺伝的に異なる集団の渡来か→ 学際的研究で明らかにする関東地方縄文時代人の人類学的・考古学的実像 安達登http://t.co/iwnWXSgl3i

収集済み URL リスト