著者
中根 明夫 浅野 クリスナ
出版者
弘前大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2011

脂肪組織由来間葉系幹細胞(ASCs: adipose tissue-derived mesenchymal stem cells)を用い致死的細菌感染症の治療法としての有用性を検討したところ、致死的ブドウ球菌エンテロトキシンショックマウスモデルに対し、著明な致死率低下効果を示した。この効果は、ASCs投与による炎症性サイトカインの産生抑制によるものであることが明らかとなった。本研究により、ASCsは致死的細菌感染症の予防・治療に応用できる可能性が示唆された。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

収集済み URL リスト