著者
酒井 健介
出版者
城西国際大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

運動負荷は、ラットの見かけのMg吸収率の増加し、骨格筋におけるTRPM7の発現量を高めた。とりわけ運動直後にTRPM7の発現量の増加が確認されたことから、運動負荷に伴う代謝性アシドーシスの影響について検討したが、塩化アンモニウム投与によるアシドーシスモデルでは運動負荷時とは異なる発現様式を示した。また骨格筋ではTRPM7以外にCLDN16が、消化管でも同様にTRPM7とCLDN16が、腎臓ではTRPM7とCLDN16に加えTRPM6の発現が認められ、運動負荷による生体内Mg動態に異なるMg輸送タンパク質が関与していることが示唆された。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 8 favorites)

運動時のマグネシウムの有用性とメカニズムに関する研究 運動負荷は、ラットの見かけのマグネシウム吸収率が増加し、骨格筋におけるTRPM7(マグネシウム輸送チャンネル)の発現量を高めた。 消化管でも同様にTRPM7とCLDN16の… https://t.co/tzBxBUq75m

収集済み URL リスト