著者
ミケェエヴ アレクサンダー
出版者
沖縄科学技術大学院大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2012-04-01 (Released:2013-05-31)

アリ・ハチを含む膜翅目昆虫には単一の相補的性決定遺伝子座CSDが存在すると考えられている。ミツバチでは性決定カスケードの最上流に存在するCSDが特定されており、ヘテロ型なら雌、ヘミ・ホモ型なら雄になることが分かっている。 本研究では、ウメマツアリを用いて近親交配系を確立し、次世代に生じる二倍体の雄と雌を用いてQTL解析を行い、CSDの存在する領域を調べた。結果、2つの独立な染色体上にCSDの存在が示され、アリ類で初めて相補的性決定遺伝子座の複数化が生じている可能性が示唆された。CSDの複数化は近親交配で生じる不妊個体の出現頻度を従来の半分に抑える長所があり、他の種でも進化している可能性がある。

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

KAKEN — 研究課題をさがす | コカミアリに特異的な性決定様式の解明 (KAKENHI-PROJECT-24770034) https://t.co/JemwlHZa67

収集済み URL リスト