著者
小泉 逸郎
出版者
北海道大学
雑誌
若手研究(B)
巻号頁・発行日
2014-04-01

本研究では、顕著な表現型多型を示すサケ科魚類を用いて、回遊二型(降海型と河川残留型)の遺伝的基盤と進化的起源を明らかにした。サクラマス、アメマス合計384個体においてゲノム全域から約8,000万塩基サイトの配列を決定した。ゲノムワイド関連分析(GWAS)を行ったところ、降海型と残留型を区別できる遺伝子領域はわずか1-4遺伝子座のみであり、効果もそれほど強くなかった。候補遺伝子領域をニジマスのドラフトゲノムと比較したところ、ニジマスにおける候補領域とは異なっていた。これらのサケ科魚類は似たような回遊特性を持つが、各種で異なる遺伝的変異を用いて降海/残留の表現型多型を達成していると考えられた。

言及状況

Twitter (67 users, 67 posts, 168 favorites)

ファミ通のインタビュー(画像1枚目) https://t.co/QaztBNJrX9 シャケの設定の元ネタ。多分↓ 鮭の表現型可塑性でググって上に出てきたやつで科研費の研究成果報告書だけどわかりやすかったので載せます。特に図1の写真は是非見てみてね https://t.co/h4TxRA5oNy 以上を元にしたまとめ(画像2枚目) https://t.co/QnxVBOVTwp

収集済み URL リスト