著者
鳥山石燕 画
出版者
長野屋勘吉
巻号頁・発行日
vol.[1], 1805
著者
鳥山石燕豐房 画
出版者
長野屋勘吉
巻号頁・発行日
vol.[1], 1805
著者
鳥山石燕 画
出版者
長野屋勘吉
巻号頁・発行日
1805

【百鬼夜行】鳥山石燕画の妖怪図集。半紙本3巻合1冊。安永5年(1776)春原板、文化2年(1805)求板で、求板元は伊勢洞津の長野屋勘吉。初板の板元は、江戸の出雲寺和泉掾と同じく遠州屋弥七。内容は、自跋に「もろこしに山海経、吾朝に元信の百鬼夜行あれは、予これに学てつたなくも帋筆を汚す」とあり、中国最古の地理書『山海経』や狩野元信の『百鬼夜行』を基に、和漢の妖怪100図を描いたとするが、他にも『百物語評判』や『和漢三才図会』を参照したことが確実視される。天狗、山姥、犬神、猫また、河童、狐火、姑獲鳥(産女)、その他、伝統的な妖怪に加え、網剪、鳴屋、反枕など、怪奇現象を巧みに図像化したものや、野寺坊や高女など、出処未詳の妖怪図もある。絵は、薄墨を多用して、妖怪らしい凄絶感を漂わす一方、俳諧的な滑稽味を効かしたものもあり、石燕の機知と技量がいかんなく発揮され、妖怪の図解書として広く人気を集めた。
著者
鳥山石燕 画
出版者
長野屋勘吉
巻号頁・発行日
vol.[2], 1805
著者
鳥山石燕豐房 画
出版者
長野屋勘吉
巻号頁・発行日
1805

鳥山石燕画、妖怪絵本。半紙本3冊。天明4年(1784)春原刊、文化2年(1805)求板、伊勢洞津・長野屋勘吉。絵師署名「七十三翁 鳥山石燕豊房画」。薄墨入り。『画図 百鬼夜行』『続百鬼』『百鬼夜行拾遺』に続く妖怪画集で、同シリーズの人気のほどが偲ばれる。題名「百器徒然袋」の「器」は器物の意で、日常的な生活に関わる器物の妖怪化を多く試みた『百鬼夜行絵巻』に基づきながら、それに『徒然草』のテキストを絡めたものが多い。妖怪のどことなく剽軽な表情は、『画図 百鬼夜行』以来のもので、妖怪図と詞書きによる画面構成は『続百鬼』以来。中身はすべて夢中に感得されたものとし、古来の器物、事象、語句などについて、それと相似たものを取り合わせ、その妖怪化を図るといったものが多い。(鈴木淳)
著者
鳥山石燕豐房 画
出版者
長野屋勘吉
巻号頁・発行日
vol.[2], 1805