著者
三田村 康貴 占部 和敬 古江 増隆
出版者
医学書院
雑誌
臨床婦人科産科 (ISSN:03869865)
巻号頁・発行日
vol.67, no.9, pp.982-984, 2013-09-10

要旨 18歳,女性.3週間前から出現した右上腕の萎縮,陥凹を主訴に当科を受診した.5か月前にHPV(human papillomavirus)16/18に対する子宮頸がんワクチン(サーバリックス®)を同部位に筋肉内注射されていた.モルフェア,深在性エリテマトーデスなどの鑑別目的に皮膚生検を施行した.病理組織学的検査では病変の主体は皮下脂肪織にあり,脂肪細胞の変性および消失が認められた.ヒアリン様物質の沈着,脂肪滴を貪食する組織球を認めた.サーバリックス®による脂肪萎縮症と診断した.一般にステロイド局所注射により脂肪萎縮症をきたすことが多く,女性に多いことが知られている.サーバリックス®による脂肪萎縮症の報告は調べえた限りなく,きわめて稀であると考えられた.婦人科医師は本疾患を認識し,対策を取る必要があると考えたため報告する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 11 posts, 6 favorites)

https://t.co/wxRYoJQOm2 臨床婦人科産科 67巻9号(2013年9月)サーバリックス®により生じた脂肪萎縮症の1例 18歳,女性.3週間前から出現した右上腕の萎縮,陥凹を主訴に受診.5か月前にHPV(hum… https://t.co/evj6Djm7bv
サーバリックス®により生じた脂肪萎縮症の1例 https://t.co/VxoiRo8f9a

収集済み URL リスト