著者
石山 芳夫 深田 良雄
出版者
医学書院
巻号頁・発行日
pp.641-642, 1956-09-10

まえがき 新止血剤アドレノクロムモノセミカルバゾンは,1943年Dr.F.Barconner等により合成され,ベルギー,フランス等で種々研究が加えられた結果,優れた血管強化並びに止血作用を有することが明かとなつた。 之の止血機序は,従来の血液の凝固を促進させる止血剤とは異なり,アドレナリンの止血作用によるものである。すなわち,アドレナリンは生体内で酸化されて,アドレノクロム及びアドレノキシンとなり,止血作用を現わす。このうちアドレノクロムは交感神経刺戟作用がなく,止血剤として極めて有用なことが明かとなつたが,以前は不安定,且不溶性のため実用には供されなかつた。ところが或種の誘導体,特にモノセミカルバゾンは,乾燥状態でも水溶液でも,非常に安定であることが発見され,臨床的使用が可能となつた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

止血剤として1956年から存在してたのかアドレノクロ○…。しかも出産時の止血剤とかね…。 https://t.co/AvHLKnmvr1
新止血剤アドレノクロムモノセミカルバゾンは1943年Dr.F.Barconner等により合成されベルギーフランス等で種々研究が加えられた結果優れた血管強化並びに止血作用を有することが明かとなつた。従来の血液の凝固を促進させる止血剤とは異なりアドレナリンの止血作用による物https://t.co/cZ2D0IK4ww

収集済み URL リスト