著者
田代 綾美 宮本 恵美 古閑 公治 久保 高明 大塚 裕一 船越 和美
出版者
日本言語聴覚士協会
巻号頁・発行日
pp.310-320, 2018-12-15

近年,超高齢化に伴い,誤嚥性肺炎に罹患する患者は年々増加している.一般的な喉頭挙上にかかわる筋力強化訓練は実施上の配慮の必要な場合が多い.本研究では,簡易に行える構音訓練が喉頭挙上訓練として有効であるか,その効果について表面筋電計を用いて検討した.「カ」は「タ」や「ラ」と比べて舌骨上筋群の筋活動が有意に高く(p<0.01),嚥下おでこ体操と比較して舌骨上筋群の筋活動が同程度であることが明らかとなった.さらに,1か月後の訓練効果を比較した際,「カ」連続構音群では,水の嚥下で単位時間当たりの筋活動量の増加(p<0.05),および筋活動持続時間の短縮が認められた(p<0.05).これは,舌骨上筋群は主に「速筋」により構成されていると推察されることから,「等張性運動」に相当する「カ」連続構音群で訓練効果がみられたのではないかと考えた.このことから,「カ」連続構音訓練は喉頭挙上訓練として有効であることが示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 9 posts, 33 favorites)

構音運動を用いた喉頭挙上訓練の検討 https://t.co/a8xHa1RUop 「カ」は「タ」や「ラ」と比べ舌骨上筋群の筋活動が多い。1ヶ月の訓練後、「カ」連続構音群では、水の嚥下で単位時間当たりの筋活動量増加、筋活動持続時間の短縮を確認。「カ」連続構音訓練は喉頭挙上訓練として有効であると示唆。

収集済み URL リスト