言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 7 favorites)

ドパミン受容体(D2 様受容体)阻害薬が,PGE2と同程度に強いTh2 アジュバント活性を有することが判明した(図 2).この結果から DC に発現するドパミン受容体からのシグナルがもたらす DC の性質の変化がTh1Th2 分化偏向に寄与していることが示唆された. https://t.co/bBp7WBhjEV
今回の感染症を機に、Tregなどの関与もあり、いろいろと複雑ではありますが、極めて簡略化した範囲で、 「Th1/Th2バランス」を決定する因子がどんどん探られるようになれば、臨床に生かせると思うのだが。下記の研究のように。https://t.co/H3RwGqzpmO
ドーパミン資料 興味がある方はどうぞ

収集済み URL リスト