(@4QuorumSensing)

投稿一覧(最新100件)

RT @4QuorumSensing: 近年胎盤や羊水,さい帯血にも細菌 が見つかることが報告されている. このことは,母から子への腸内細菌の垂直伝搬が胎児期にすでに始まっている可能性を示す. 胎盤で見つかる細菌叢は口腔内の常在菌に似ていることが報告されている 周産期母体腸…
RT @yasu0804: 酪酸菌は腸内で短鎖脂肪酸をつくる。 この短鎖脂肪酸(酪酸)が腸内を弱酸性にすることでカルシウムやマグネシウムなどの重要なミネラルが水溶性に変化し、より体内に吸収しやすくなり、ミネラル不足を補うことができるといわれている。 https://t.co…
RT @4QuorumSensing: 行動免疫システムとはまた面白い。 自分の行動は何が決めるのかなと考えた時、免疫かなと思って調べてる。 行動免疫システムと福島県近隣の汚染地域の推定との関連 https://t.co/QdEy0ohEhE
慢性の難治性片頭痛に限らず,慢性疼痛症,線維筋痛症,慢性疲労症候群,化学物質過敏症,過敏性大腸症候群や重症レストレスレッグス症候群の病態の一部には,中枢神経感作がその一つとして関与していると考えられており,中枢神経感作症候群と捉える向きもある https://t.co/4WZtNlE7rz https://t.co/Shw9Coce2F
@5n0vv0810 種々の症状を呈する難治性疾患における中枢神経感作の役割の解明と それによる患者ケアの向上 https://t.co/4WZtNlE7rz
RT @yuki_matsu_blur: J-STAGE Articles - 種々の症状を呈する難治性疾患における中枢神経感作の役割の解明とそれによる患者ケアの向上 https://t.co/Xn5bBZ4xJA
RT @ccWs6gV8R0v8TSJ: 難治性慢性偏頭痛、過敏性腸症候群もお仲間だったとは。 私、すごい頭痛持ちでした。 https://t.co/HWCoguohTz https://t.co/OXnWtIpLuq
RT @4QuorumSensing: NASHとSIBOの関連はツイート済みだったけど、エンドトキシンがNASHに関与してたのか。 読みは外れてなさそう。 エンドトキシン出すのはグラム陰性菌。 でも、その裏にいるのはウイルスななずなんだ。 急に暴走と増殖は考えずらい。 腸内…
RT @ShinHiroi: 【コラム:女性と歯周病】 エストロゲンは歯肉にも分泌されます。 妊娠中に発症する歯肉炎は妊娠性歯肉炎または妊娠関連歯肉炎と呼ばれ,妊娠中の多くの女性に歯周組織の炎症傾向が認められる。 引用:https://t.co/Zl0BcydIe1 https…
RT @4QuorumSensing: 妊娠時期には歯周病が発生しやすい。原因として妊娠により増加するエストロゲンとプロゲステロンを歯周病菌が栄養源として増殖することで歯周炎が悪化することに加えて悪阻や間食の増加により口腔衛生状態が悪化するためである。 口腔と全身との関係 h…
RT @knshtyk: 一応貼っておきますが、アセトアルデヒドとヒスタミンの連関について私が発見できた資料。 https://t.co/PAcuaUbVtG https://t.co/dDQZ2GZDpj 花粉症のアレルギーとの作用機序について直接述べた文献は発見できませんで…
RT @knshtyk: 一応貼っておきますが、アセトアルデヒドとヒスタミンの連関について私が発見できた資料。 https://t.co/PAcuaUbVtG https://t.co/dDQZ2GZDpj 花粉症のアレルギーとの作用機序について直接述べた文献は発見できませんで…
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
結果、呼気アセトン濃度が右心カテーテル検査における血行動態と関連していた。また、35名の心不全のある糖尿病患者と20名の心不全のない糖尿病患者の呼気アセトン濃度を比較したところ、糖尿病患者においても心不全で呼気アセトン濃度が上昇していることが分かった。 https://t.co/8pfrqcbiiO
口腔常在菌が嚥下により腸内細菌叢に影響を与えることで全身の健康状態に関与している可能性があり,また逆に,全身の健康状態が口腔常在菌叢を反映している可能性もあるからである. 常在菌叢 ~腸内細菌・口腔細菌と健康~ https://t.co/YpEIjS0Y6o
RT @CbJLsHYMszJhFnH: オキシトシン受容体遺伝子欠損マウスは熱産生能が低下。オキシトシン不足=ノルアドレナリン不足=アセチルコリン不足。なるほどだわ。 幼少期の愛情不足は解糖系優位になる。脳の設定が自律神経に強い影響を与える。脳の設定が栄養の生理的反応に影響を…
RT @mdotyuki: 表皮に樹状細胞が常駐していること、その名称がランゲルハンス細胞であること(ランゲルハンス島と紛らわしい)、さらにはそれが表皮のバリアを突破して外界の抗原情報を取得していることなど、初耳だらけ。下記はwikiの外部リンク先。最新情報を知りたい。 htt…
RT @4QuorumSensing: Mg 欠乏食投与により,肝臓中の Fe 濃度は増加した.Fe は Fenton もしくはHarber-Weiss 反応のような脂質過酸化の開始反応に重要であることから,この増加が Mg 欠乏による脂質過酸化の一因と 考えられた. http…
KAKEN — 研究課題をさがす | 敗血症患者のミトコンドリアDNAの検討:好中球細胞外トラップとエクソソームの解析 (KAKENHI-PROJECT-17K16078) https://t.co/4MO1dLMZht
KAKEN — 研究課題をさがす | 子宮内膜症の病態における抗菌性ペプチドと細菌性エンドトキシンの役割に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-24592474) https://t.co/uuIlso9ILL
RT @fdzaraf: 睡眠の質に深く関与するメラトニンは, 第一段階ではグルコーススパイクを緩和し, 第二段階では抗酸化を介するAGEsの生成を緩和し, AGEsの溶解を促進する作用がある。したがって, 睡眠の質が改善され, メラトニンの分泌が活発になれば, 糖化ストレスを…
キシロオリゴ糖のビフィズス菌増殖効果 https://t.co/h1LTTMPdaT
ドパミン受容体(D2 様受容体)阻害薬が,PGE2と同程度に強いTh2 アジュバント活性を有することが判明した(図 2).この結果から DC に発現するドパミン受容体からのシグナルがもたらす DC の性質の変化がTh1Th2 分化偏向に寄与していることが示唆された. https://t.co/bBp7WBhjEV
RT @4QuorumSensing: メラトニンはIL-1βが誘導したHPDLCのCXCL10およびMMP-1の産生を抑制することが明らかとなった。これらのことより、メラトニンは歯周炎病変局所でケモカインやMMP産生を抑制することにより、歯周炎の炎症を調整している可能性が示唆…
大腸伸展刺激に対す自覚的な痛み申告では、健常対象者群では見られないが、IBS群ではむしろアレキシサイミア傾向が強いほど内臓感覚を弱く申告する傾向にあり、このことはIBS疾患群においては脳活動、神経内分泌反応と自覚的内臓感覚の評価が乖離している可能性を示している https://t.co/crJOySE57X
RT @4QuorumSensing: 行動免疫システムとはまた面白い。 自分の行動は何が決めるのかなと考えた時、免疫かなと思って調べてる。 行動免疫システムと福島県近隣の汚染地域の推定との関連 https://t.co/QdEy0ohEhE
RT @4QuorumSensing: 最も過酸化脂質分解活性が高い株は、Lactobacillus plantarum Pan1-2株であった。この株は過酸化クメンを分解するが、親水性過酸化物の過酸化水素に対しての活性はその約半分であった。 KAKEN — 研究課題をさがす…
RT @4QuorumSensing: 酪酸菌を 1%の割で餌に混ぜて投与すると、エンドトキシン濃度が有意に低下し、脂質過酸化も著明に抑制された。また、肝の有意な線維化抑制と前癌病変である GST-P の産生低下がみられた。これらの変化は、腸内細菌叢の変化と、菌が産生する酪酸に…
RT @antiaging_cat: ユビキノールも口腔環境改善効果あるんだよね。 ユビキノール(還元型コエンザイムQ10)含有サプリメントによる歯周病患者の口腔環境改善効果 A Clinical Trial of Ubiquinol (Reduced Coenzyme Q1…
RT @Masaki_ponpoko: スパイスは香りがいいだけじゃなくて、温度感受性TRPチャネルを活性化させて実際に「温度を感じさせる」らしい。家にあるスパイスがどんな温度を感じさせてくれてるのか論文(https://t.co/Aohpb3D3At)を参考に並べてみたんだけ…
RT @yuki_matsu_blur: 人工乳で育った人にビフィズス菌がゼロというのはダウト。確かに母乳の方がビフィズス菌産生は多いが昨今の品種改良もあってモノを選べば人工乳でもビフィズス菌は産生される。https://t.co/rNnZ2jYdm4
KAKEN — 研究課題をさがす | 歯周病におけるメラトニンの役割解明および治療への応用 (KAKENHI-PROJECT-15K11392) https://t.co/FEPuEUpXTc
KAKEN — 研究課題をさがす | 視床下部・下垂体系の情動ストレス反応における上行性モノアミン系の生理的役割 (KAKENHI-PROJECT-05454675) https://t.co/sBdt2GIk4H
特にドパミン D1 様受容体アンタゴニストはEAE のみならず関節リウマチモデル, NOD,抗基底膜抗体腎炎,好中球性気管支喘息に対しても有効であることが明らかとなった。 https://t.co/ITynCUdJOk
ドパミン D1/D2 受容体アゴニストであるアポモルフィン(Apo)は酸化ストレスに対する細胞保護作用を有していることが報告されているが,46) 最近,筆者らは,Apo のこの保護作用にNrf2-ARE 経路が関与していることを明らかにした https://t.co/69KaaLd7vd
抑圧された敵意は冠動脈疾患の重大な危険因子等である. さらに,怒り表出と睡眠の質の関係やストレス刺激で早朝コルチゾールが上昇するなど免疫反応との関連も深いことが伺える. 怒り刺激に対する血液循環応答と心拍変動解析 https://t.co/Xx3DElN5xc
RT @ToshiyukiHorie: リノール酸摂りすぎによる炎症性疾患としての癌 https://t.co/Wn50W24m2r
あるいは油脂の加熱などにおいても生成される環境汚染物質の1つでもある. https://t.co/vsh7uSeYOr
アクロレインは,喫煙や有機物の燃焼時に発生するだけでなく,がんやアルツハイマー,脳梗塞など酸化ストレスが原因の疾患においても,脂質などの代謝産物として生産される https://t.co/2zvzylgMla
RT @lukesashiya: #アレキシサイミア (#失感情症)と #IBS 。IBSは代表的な #心身症 として知られているが、その特徴として想像力に乏しく情動体験を言語化するのが苦手な事が多く、葛藤を身体化しやすい。#バウムテスト や #風景構成法 はその傾向を知る手…
ベ ン ゾ ジ アゼ ピ ン系 薬 物 に よ る薬 疹 と して は光 線 過 敏型 薬 疹1),固 定 薬 疹2),多 形 紅 斑 型 薬 疹3),ス チ ィ ブ ンス ・ジ ョン ソ ン型 薬 疹4)な どの報 告 が あ る 。 https://t.co/FPup9DtnpV
本研究課題において、歯周病と関連する口腔細菌を多量、かつ継続的に嚥下することで腸内細菌が乱れることを実際の患者においてはじめて示した。 KAKEN — 研究課題をさがす | 歯周炎患者口腔細菌叢-腸内細菌叢連関を基盤とした全身疾患リスク因子の同定 https://t.co/MckOfoIyk7
糖尿病患者は歯周病の合併によりさらに酸化ストレスを受けているが、歯周病治療により酸化ストレスが改善されることが示唆された。 糖尿病患者における歯周病治療の過酸化脂質改善効果 https://t.co/A75MX2d0rH
免疫応答に大きな変動をもたらす性ホルモンがエストロゲンであることが明らかになった。この事実はエストロゲンが蓄増する第二次性徴の発現以後に発症が増加することや、環境ホルモンが免疫系に作用して自己免疫疾患発症のリスクを高めているとの、提唱に合致する所見である。 https://t.co/QXkQzd3Ebu
AGEs 蓄積を統合失調症で報告している 13)。統合失調症に特異的なカルボニルストレスマーカー(ペントシジン,ビタミン B6)は,症例の階層化と病因,病態研究のツールとなることが期待される。 1.カルボニルストレス代謝障害と統合失調症 https://t.co/zAjMPBysAC https://t.co/fEa16fuqV0
RT @yasu0804: ラムノサスさんが3割引なんで買っちゃった✨ ラムノサスはリーキーガットを防いで腸の炎症を鎮めたり、免疫を調整したり、子どものアトピー発症率を低下させたり、呼吸器の感染症を防いだり、肌の角質の水分保持力を上げたりする効果が報告されている。 http…
漢方薬の薬効には腸内細菌が関与する https://t.co/lcbPAoIii7
RT @yasu0804: 酪酸菌は腸内で短鎖脂肪酸をつくる。 この短鎖脂肪酸(酪酸)が腸内を弱酸性にすることでカルシウムやマグネシウムなどの重要なミネラルが水溶性に変化し、より体内に吸収しやすくなり、ミネラル不足を補うことができるといわれている。 https://t.co…
酪酸菌を 1%の割で餌に混ぜて投与すると、エンドトキシン濃度が有意に低下し、脂質過酸化も著明に抑制された。また、肝の有意な線維化抑制と前癌病変である GST-P の産生低下がみられた。これらの変化は、腸内細菌叢の変化と、菌が産生する酪酸によることが示唆された。 https://t.co/CB6sRjKcEB
KAKEN — 研究課題をさがす | エストロジェンの心血管機能調節作用の解明:オキシトシンとビタミンDの関与の検証 (KAKENHI-PROJECT-15K08203) https://t.co/ZfhbdpSmkg
生命体の諸機能が安定し心身が健康であるためには,必要なときに柔軟に働 く動的平衡というシステムが必要なのだ. 「不寛容社会」の中での臨床雑感 https://t.co/0Y91a1IYS9
RT @yasu0804: 豆は発酵させてから食え 古代中国からいわれてる 発酵食材にするには手間と暇が必要だけど、それを補って余りあるからこそ現代にまで伝わっている。 菌の助けで今日も元気✨ https://t.co/cOvL2Yxowu
RT @yuki_matsu_blur: フィチン酸によるミネラル吸収阻害については、近年では栄養摂取に問題がなければ害になりにくいという評価(https://t.co/uifP85tzUz)もあって、フィターゼの多い植物由来の乳酸菌が豊富な発酵食品の摂取により破骨細胞の増殖を…
RT @4QuorumSensing: キ レー ト鉄 による脂質 の過酸化 https://t.co/oarga5FMB1
これからのプロバイオティクスとして最も有望視されている乳酸菌の一種である。 Lactobacillus reuteri の腸管付着因子と受容体様分子を介した腸上皮細胞への付着 https://t.co/HaYPPzy2WB
腸内細菌と疾患 -宿主を制御する常在細菌叢のバイオロジー- https://t.co/V89zX9Z0o5
RT @4QuorumSensing: エンドトキシンで惹起される酸化ストレス→過酸化脂質。 肝臓、腎臓、肺にダメージ。 そしてエンドトキシン血症で亜鉛欠乏。 メタロチオネイン気になる。この3分の1がシステインだもんなぁ。 敗血症性ショックモデルとしてのエンドトキシンの病態生…
RT @lukesashiya: 「この第六感とも呼ぶべき内臓知覚は,生後の身体情報と して前頭前野に記憶され,意志決定の際に重要な役割 を果たすと考えられている(ソマティック・マーカー 仮説)」この内臓知覚を産み出すのが「#腸内細菌」。やはり彼らは #セルフ に近いところにい…
自然の下降を妨げ、メラトニンの分泌量を抑制し、さらには免疫系に1種である免疫グロブリンAに分泌量を抑制することが明らかになった。 KAKEN — 研究課題をさがす | 電磁波がヒトの健康に与える影響の研究 (KAKENHI-PROJECT-09680061) https://t.co/QwdsZ16wb7
メラトニンはIL-1βが誘導したHPDLCのCXCL10およびMMP-1の産生を抑制することが明らかとなった。これらのことより、メラトニンは歯周炎病変局所でケモカインやMMP産生を抑制することにより、歯周炎の炎症を調整している可能性が示唆された。 https://t.co/FEPuEUpXTc
RT @4QuorumSensing: インフルエンザ感染症に合併した急性虫垂炎の 2 小児例 https://t.co/9n5iK7rxrF
RT @thirokazu_uc: EBウイルスの活性化機構を検討した結果、EBウイルス感染細胞においてもHIV同様,酪酸により転写が促進される結果が得られた。それによりウイルス感染細胞の炎症性サイトカイン産生が強く誘導されていることを見出した。C. difficileも酪酸産…
自閉症児の頻尿軽減を目的としたアプローチ https://t.co/dpSoX6OleL
@yasu0804 そうなんです。 物質=粒子=波 なんですよね。 そう、ぽんさんが仰るように細胞にもゆらぎがあります。 詳しい計算などは分かりませんが、これもイオンチャンネルやクオラムセンシングが関係してるのかなと。 細胞はゆらぎに満ちている: 反応ノイズの生成,増幅と伝搬 https://t.co/uM9fkajYb8
RT @4QuorumSensing: 驚くべきことに,ストレスが腸内菌叢の構成を変化させることは古くより報告されている.1940年に PorterとRettger(17)は,数日間絶食させたラットの胃および小腸内には通常食のラットより Lactobacillusが減少していた…
@haru85903532 haruさんも最高です! 私もテンション上がっております✨ これですよね↓ KAKEN — 研究課題をさがす | オキシトシンによる扁桃体機能のモジュレーションと情動の制御 (KAKENHI-PROJECT-17300127) https://t.co/cGNEOreSmT
蜂蜜投与によるLL/2腫瘍移植マウスの末梢血白血球のDot Plot は、FSC値200~600、SSC値400~960に正常マウスには認められない細胞集団が出現し、Gr‒1陽性細胞比率の増加から、この細胞集団は好中球であることが認められた。 蜂蜜による好中球の抗腫瘍作用と貪食機能への影響 https://t.co/LXnpOFsZyr
炎症は,生体侵襲が加わった際に恒常性を維持するための,防御反応である. 一方,痛みはさらなる侵襲を回避し治癒のために安静を促す,警告的な感覚である 炎症性仏痛―炎症は抑えたほうがよいのか― https://t.co/RcU89iokgv
D2受容体欠損マウス及び D2L 受容体欠損マウスでは野生型マウスに比べて、セロトニン神経系関連遺伝子の有意な増加が見られた。 ドパミン D2L 受容体欠損マウスにおける精神ストレス脆弱性のメカニズム https://t.co/GvVqYgwgQf
大気中微小粒子状物質(PM2.5)から生じる酸化ストレスと脳神経障害:第 2 部 https://t.co/iDQI0o4Jk5
元来胎児期から子宮内膜に遺伝子変異を有していると推定された女性が、生後に繰り返す出血により広範囲な遺伝子変異が発生し、鉄による酸化ストレスの影響を受けて子宮内膜症から発がんする機序を検討した。 https://t.co/Gev8lDzf4c
つまり鉄は ROS(・OH)の生成を介してDNA の突然変異を惹起することになる. 鉄代謝異常と発癌 https://t.co/0sZeluebAX
自己評価質問票における喜び感情の伝染得点の高さと、幸福感の伝染の程度との間に正の相関が見られるとともに、下頭頂葉ミラーニューロン活動との間にも正の相関が見られることが示された。 KAKEN — 研究課題をさがす | 幸福感に関連する共感性の分子・神経基盤の解明 https://t.co/1Ix3fwWhqt
相互作用による双方向的な情動反応の変化 https://t.co/SLAMPp84Dv https://t.co/oIq3w0Mx1R
ここではとりあえず共感性を情動伝染,感情的共感,認知的共感の集合体を指すものとして論を進める。 共感性研究の意義と課題 https://t.co/dgPOT6zaUt
驚くべきことに,ストレスが腸内菌叢の構成を変化させることは古くより報告されている.1940年に PorterとRettger(17)は,数日間絶食させたラットの胃および小腸内には通常食のラットより Lactobacillusが減少していたことを報告している. ストレスと腸内フローラ https://t.co/FrU4AqwA7T
過去に感染症が蔓延した地域ほど,人々の外向性と開放性が低いことを明らかにした。 行動免疫からみた特定集団への否定的態度1 https://t.co/sirDKROUvQ
RT @NobuMifune: 行動免疫と内外集団の話に関してすごくよくまとまっている論文が2019年に出ていた。これは参考論文リストとしてもとても参考になった。J-STAGE Articles - 行動免疫からみた特定集団への否定的態度 https://t.co/OcCYoR…

3 0 0 0 OA 脳と心

統合失調症患者50例のドーパミンD2 受容体の遺伝子配列を解析し,11例から遺伝子配列の変化を発見した ドーパミンD2受容体は,443個のアミノ酸が連なっている.11例では遺伝子配列が変化した結果,311番目のアミノ酸(セリン)が別のアミノ酸(システイン)に置換していた https://t.co/vangbeWKdV
統合失調症のキヌレン酸仮説 https://t.co/lEECDvwVll https://t.co/5EjNg4JxuC
まず, 生体内にある各種Mφ様細胞はエンドトキシンなどの刺激でヒスタミンを生成した. エンドトキシンで刺激された骨髄由来Mφによるヒスタミン生成はとくにGM-CSFおよびIL-3によって促進された マクロファージ・T リンパ球で作られるヒスタミン : 新しい刺激伝達因子 https://t.co/NLf5hC1WSK
RT @4QuorumSensing: NASHとSIBOの関連はツイート済みだったけど、エンドトキシンがNASHに関与してたのか。 読みは外れてなさそう。 エンドトキシン出すのはグラム陰性菌。 でも、その裏にいるのはウイルスななずなんだ。 急に暴走と増殖は考えずらい。 腸内…
ストレス刺激がコントロール不能な場合に免疫系のストレス反応はより強くなることが示唆された。さらに、先行研究とは異なり、こうした反応はコントロール可能性が必ずしも知覚されなくとも、無意識的・自動的に生起することが示された。 https://t.co/pevppuqd07
08-005 アレキシサイミアにおける自己と他者の区別の障害 : 特にミラーニューロンシステムとの関連から(精神生理,脳生理,神経科学1,一般演題(ポスター発表),近未来医療を担う心身医学,第1回日本心身医学5学会合同集会) https://t.co/8csQM0iP1d https://t.co/aplPvFNCok
RT @abbb_h: https://t.co/np8bI3NnFB ここら辺は全く触れてないんだけど、コロナのアジア人差別が進むんでいる現象を少し聞いて、そういうシステムがあるんだろうなと。情動感染。
エンドトキシンとリンパ網 https://t.co/9qikrRj298
過敏性腸症候群の背景に社会不安障害が明らかとなった1症例 (精神医学 50巻12号) | 医書.jp https://t.co/fcwA3jhaXK
心身症における不安の精神病理* https://t.co/c63wuGfsNd
近年,心的外傷後ストレス障害(post-traumatic stress disorder: PTSD)と過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome: IBS)の関連性が指摘されており,一方で精神疾患と腸内細菌との関連性が指摘されている。 心的外傷後ストレス障害における腸内細菌叢の変化 https://t.co/wO6YZtVtaS
発達障害とトラウマ** https://t.co/3ZV7KZ2vCc
D2L 受容体欠損は縫線核セロトニン神経の活動を亢進させ、精神的ストレスに対する脆弱性、不安様行動の増強を引き起こすことを示している。 ドパミン D2L 受容体欠損マウスにおける精神ストレス脆弱性のメカニズム https://t.co/GvVqYgwgQf
右脳は、「感覚の脳」とも言われており、音や声、触感、におい、それらが喚起する情動の記憶を保存する。 トラウマは、右半球を活性化させ左半球を不活発にさせるという。 外傷後成長 ― 生物学的視点からの理解の試み ― https://t.co/5CJPE6N4VZ
喘息に対する心理的因子の関与については古くより記載があり,すでに 2000 年余りも前にヒポクラテスは,喘息発作の出現に怒りや敵意などの感情が関与しうることを指摘していた. アレルギー疾患の心理的側面の評価と治療 https://t.co/LVccOuxKDX

686 2 0 0 OA ジャムシード王

RT @fushunia: この論文凄いな。これが無ければ、弥生文化を象徴する「鹿」の神話は、ユーラシア大陸において「牛」の神話にあたり、弥生時代に牛が渡来しなかった(考古学で確認)ことから、中央ユーラシア神話の「牛」は、日本列島では「鹿」として受容されたってことまでたどり着け…
RT @ToshiyukiHorie: #コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa4…
RT @psychama: 【論文】樋口他(2016, 実社心研) 行動免疫システムと福島県近隣の汚染地域の推定との関連/プライミングによって行動免疫システムを活性化させると、感染嫌悪傾向が高い人では汚染地域を広く推定する傾向がみられたという研究。「風評被害」や「差別・偏見」と…

お気に入り一覧(最新100件)

J-STAGE Articles - 種々の症状を呈する難治性疾患における中枢神経感作の役割の解明とそれによる患者ケアの向上 https://t.co/Xn5bBZ4xJA
難治性慢性偏頭痛、過敏性腸症候群もお仲間だったとは。 私、すごい頭痛持ちでした。 https://t.co/HWCoguohTz https://t.co/OXnWtIpLuq
@4QuorumSensing わたしも二次胆汁酸に対して抗炎症作用と記憶していたのですが、数種ある胆汁酸の中でデオキシコール酸(DCA)とリトコール酸(LCA)に強い発癌性があるという報告があるみたいですね。 https://t.co/Xh2B1TMvnW
オキシトシン受容体遺伝子欠損マウスは熱産生能が低下。オキシトシン不足=ノルアドレナリン不足=アセチルコリン不足。なるほどだわ。 幼少期の愛情不足は解糖系優位になる。脳の設定が自律神経に強い影響を与える。脳の設定が栄養の生理的反応に影響を及ぼす。 EZ健康道場 https://t.co/EcljTM8jyg
血管が老化している人はリンパも同じように老化 ⬇ 炎症物質や老廃物の漏出や蓄積 Tie2は血管と同様にリンパ管機能や成熟化にも寄与。Tie2の活性化が血管・リンパ管の安定化に重要 これだとケイヒエキスつまりシナモンがいいと。 https://t.co/wmgndf9262
資生堂の研究だと、 カルボニル化が多い女性の肌は透明感が低いらしい。 この研究だとLリジンが角層タンパク質のカルボニル化を防ぐらしい。 https://t.co/YZWrvtd3gD
表皮に樹状細胞が常駐していること、その名称がランゲルハンス細胞であること(ランゲルハンス島と紛らわしい)、さらにはそれが表皮のバリアを突破して外界の抗原情報を取得していることなど、初耳だらけ。下記はwikiの外部リンク先。最新情報を知りたい。 https://t.co/jTRzc0zhM4 #クラブサイエンス
睡眠の質に深く関与するメラトニンは, 第一段階ではグルコーススパイクを緩和し, 第二段階では抗酸化を介するAGEsの生成を緩和し, AGEsの溶解を促進する作用がある。したがって, 睡眠の質が改善され, メラトニンの分泌が活発になれば, 糖化ストレスを抑制する方向に働きます。 https://t.co/1wpYBvqHU1
クローン病患者の腸内細菌叢変化に影響を及ぼす因子の解析 生物学的製剤がクローン病患者の腸内細菌叢に影響を及ぼすことが示唆された。 #クローン病 #IBD https://t.co/BrFeWP5tcX https://t.co/Qp9d5VNfYZ
これが気になっている。嗅覚に特異的に存在するグリア細胞、OEC(Olfactory ensheathing cell)。末梢のシュワン細胞に相当するもの。鼻だけが特別。 ↓鼻からの毒物に対して、脳の損傷の記述。ご参考に。 https://t.co/MmF4IQrmob
ユビキノールも口腔環境改善効果あるんだよね。 ユビキノール(還元型コエンザイムQ10)含有サプリメントによる歯周病患者の口腔環境改善効果 A Clinical Trial of Ubiquinol (Reduced Coenzyme Q10) Supplementation in Patients with Periodontitis https://t.co/aH7El9vfnm https://t.co/6Zasky5Kjz
そういえば、ケトン体それ自体が危ないのはケトアシドーシスを起こすんだから当然だった。 この症例報告にも低炭水化物食でケトアシになって搬送された経緯が報告されてる。 京都の糖質制限やってる病院から搬送ってまさかあの有名な本の筆者の? https://t.co/73B1KQI8lg
スパイスは香りがいいだけじゃなくて、温度感受性TRPチャネルを活性化させて実際に「温度を感じさせる」らしい。家にあるスパイスがどんな温度を感じさせてくれてるのか論文(https://t.co/Aohpb3D3At)を参考に並べてみたんだけど、中華系のスパイスは熱さを感じさせるものが多くて左側に寄るの面白い! https://t.co/8scVd7gezL
人工乳で育った人にビフィズス菌がゼロというのはダウト。確かに母乳の方がビフィズス菌産生は多いが昨今の品種改良もあってモノを選べば人工乳でもビフィズス菌は産生される。https://t.co/rNnZ2jYdm4
腸内細菌叢―腸―脳軸に着目したストレス惹起性消化管機能異常の解析 https://t.co/Vesz1zGbOF
そういえば明治のヨーグルトR1(Lactobacillus delbruecki subsp. bulgaricus OLL1073R-1)のEPSは免疫細胞の活性化作用が有意に強いって報告があったな。 細胞レベルでのメカニズムが明らかにされつつあるんだねー。 ソース https://t.co/8PtJehtGYJ https://t.co/EEoP4ndPFt
抗菌ペプチドLL-37(カテリシジン)の自然免疫における役割と自己免疫疾患および炎症性疾患への関与 https://t.co/o44FAYcLzx
J-STAGE Articles - 3.腸内細菌叢と肥満症 https://t.co/nu2zYCf1EU
ファスティング(プチ断食)によるアトピーの改善についての実験とかも一応されてるんですね
J-STAGE Articles - ホエイパウダーおよび各種オリゴ糖が<i>in vitro</i>において腸内発酵に与える影響について https://t.co/DC9g7b2Phs
酢酸の生理機能性 https://t.co/rym2BKYNTS
”ω-6系のリノール酸を主成分とするサラダ油が、アルツハイマー病や2型糖尿病、NASHなどの生活習慣病の原因物質である” #PUFAフリー https://t.co/wAT9KGcANT
リノール酸摂りすぎによる炎症性疾患としての癌 https://t.co/Wn50W24m2r
#アレキシサイミア (#失感情症)と #IBS 。IBSは代表的な #心身症 として知られているが、その特徴として想像力に乏しく情動体験を言語化するのが苦手な事が多く、葛藤を身体化しやすい。#バウムテスト や #風景構成法 はその傾向を知る手掛かりになる。 https://t.co/6zdtGgkR18
と思ったら研究あった! エストロゲンによる痒み調節機構の解明 https://t.co/lx5Qdla4Os
筋肉の量とSAFに負の相関あり。 SAF の値が高いほど上下肢の筋力が低下 してるとの報告あり。 筋トレが皮膚の老化を防いでる事が示唆されてる。 https://t.co/XAwN0aQ2X0
ハチミツの科学 https://t.co/OS6gnmK6a7
で、まあ内容を見ると自閉症者のVLDL分画の低下に関連するのはオメガ6。ここから低脂血症だからケトン食にせよというのはあまりに短絡的であることがわかる。https://t.co/j1P5gkTwL3
ラムノサスさんが3割引なんで買っちゃった✨ ラムノサスはリーキーガットを防いで腸の炎症を鎮めたり、免疫を調整したり、子どものアトピー発症率を低下させたり、呼吸器の感染症を防いだり、肌の角質の水分保持力を上げたりする効果が報告されている。 https://t.co/JSBxfEHf9P https://t.co/WC5sguXqro
酪酸菌は腸内で短鎖脂肪酸をつくる。 この短鎖脂肪酸(酪酸)が腸内を弱酸性にすることでカルシウムやマグネシウムなどの重要なミネラルが水溶性に変化し、より体内に吸収しやすくなり、ミネラル不足を補うことができるといわれている。 https://t.co/szzuIn3EOc
ちょっと気になって軽く調べたら、カフェインは天然の抗菌剤、カフェインを除去するとカビが繁殖しやすいっていってる人いるね。 生豆だとクロロゲン酸がカフェインの抗菌作用を不活性化するみたいなのもあるみたい。https://t.co/rbGT8xxeyt https://t.co/rLY3Sqpcdu
豆は発酵させてから食え 古代中国からいわれてる 発酵食材にするには手間と暇が必要だけど、それを補って余りあるからこそ現代にまで伝わっている。 菌の助けで今日も元気✨ https://t.co/cOvL2Yxowu
EAAとNEAAの分類や起源、その命名法について指摘された論文では、NEAAは人体に必須であるがゆえに生体での産生機能を持つよう進化したのではないかと推測される文献が参照されている。つまり、EAAは重要ではあるがNEAAを軽視していいということにはならない。https://t.co/2EfmoqPZmZ
フィチン酸によるミネラル吸収阻害については、近年では栄養摂取に問題がなければ害になりにくいという評価(https://t.co/uifP85tzUz)もあって、フィターゼの多い植物由来の乳酸菌が豊富な発酵食品の摂取により破骨細胞の増殖を抑制できることが研究されつつある(https://t.co/ciNyTkeKmP )。
鉄を巡るヒトと微生物のたたかい シデロフォアの鉄に対する結合力は著しく強いため、哺乳類などの宿主の体内に存在するトランスフェリン、フェリチン、ヘムなどの鉄結合性分子から鉄を引き剝がして,細菌に鉄を供給できる https://t.co/H1rll0syng
IBDでは体重減少及び腸管組織の異常が確認されるが、PGの経口摂取によりこれらの臨床症状が緩和することが確認された。 CiNii 論文 -  サケ鼻軟骨プロテオグリカンによる抗炎症作用の特徴 https://t.co/cq4dP20ihx #CiNii #IBD #クローン病 #潰瘍性大腸炎
味噌汁は赤味噌、鰹一番だし、ナスの組み合わせが一番抗酸化能が高くなった。 鰹一番だし→混合だし→昆布だし→鰹二番だし→煮干しだしの順で抗酸化能は下がる。 ナスは基準の味噌汁の二倍に。ナスに含まれるアントシアニン、クロロゲン酸が抗酸化能を高めたと推測。 https://t.co/hhAXQimPjW https://t.co/8V6RNOSI6f
EBウイルスの活性化機構を検討した結果、EBウイルス感染細胞においてもHIV同様,酪酸により転写が促進される結果が得られた。それによりウイルス感染細胞の炎症性サイトカイン産生が強く誘導されていることを見出した。C. difficileも酪酸産生菌...。 https://t.co/i9iS2Wr41F
Epstein-Barr virus再活性化による潰瘍性大腸炎難治化の機序の解明 #潰瘍性大腸炎 #UC #IBD https://t.co/o5SOYp0BT2
食物アレルギーはビタミンDだよなぁと思ってぐぐったらこんなの見つけた。 B6欠乏と免疫の関係。 1993年。昔からわかってるのか。 ギフはB6欠乏しやすい→アレルギー多いなんだろうな。 https://t.co/Y76TiMUxyj
一応貼っておきますが、アセトアルデヒドとヒスタミンの連関について私が発見できた資料。 https://t.co/PAcuaUbVtG https://t.co/dDQZ2GZDpj 花粉症のアレルギーとの作用機序について直接述べた文献は発見できませんでしたがアルコールフラッシングからも色々辿れそうです。 https://t.co/8bbHfMPXBo
一応貼っておきますが、アセトアルデヒドとヒスタミンの連関について私が発見できた資料。 https://t.co/PAcuaUbVtG https://t.co/dDQZ2GZDpj 花粉症のアレルギーとの作用機序について直接述べた文献は発見できませんでしたがアルコールフラッシングからも色々辿れそうです。 https://t.co/8bbHfMPXBo
アレルギー性疾患患者において、統計学的に有意に血中セレン濃度が低下していることが報告されている。また、最近、我が国において母親と幼児を対象に行われたコホート研究からもセレンの不足がアトピー性皮膚炎のリスクを増加させることが報告されている。 https://t.co/b2Xdn14CZi
#コロナウィルス #COVID19 の入り口はACE2受容体。ACE2を阻害するペプチド(短いアミノ酸の鎖)は大豆が味噌として発酵が進むにつれ多くなるという。味噌は感染防止に有効と思われる。阻害力も高い。https://t.co/MUa479awfL https://t.co/L3QOikwwS7

4 0 0 0 OA 6. 貧血領域

2,606名の維持透析(HD)患者の血清フェリチン値による死亡リスクやCVD入院リスクの比較。 フェリチン値50〜99の群はどちらも優秀。 これが健常者ならもっと下がるとして、フェリチン値だけで考えるならやはり中村先生の言われてた30とかで十分な気はする。 https://t.co/3V0BjtrU9Y https://t.co/99utxONmS6
慢性炎症では、血清鉄の低下とヘモグロビンの低下という鉄欠乏性貧血と共通の検査値異常を呈する。 その改善には基礎疾患の治療による炎症除去が必要であり,鉄剤の投与は基本的に効果がなく、むしろ鉄過剰をもたらす可能性もある。 https://t.co/SAYRrnHOd7
【論文】樋口他(2016, 実社心研) 行動免疫システムと福島県近隣の汚染地域の推定との関連/プライミングによって行動免疫システムを活性化させると、感染嫌悪傾向が高い人では汚染地域を広く推定する傾向がみられたという研究。「風評被害」や「差別・偏見」とも関連する知見。https://t.co/SjE6DH1nLE https://t.co/1YL3zvpKPM
plant-base食が昨今注目されていますが、人類の変遷を見て頂きたいところ。現状の適正食というのは認めますが、動物性タンパク質という出会いは人類にとって大きなメリットがあったと考えています。 https://t.co/Qb6fgR59oE
狼から枝分かれした種がバセンジー、シャーペイ、チャウチャウ、シベリアンハスキー、アラスカンマラミュート、 アフガンハウンド、サルーキ、秋田犬、柴犬。 昔に見た論文だとシャーペイが1位で衝撃だったけど覆ったのかな? シバの誇り高い性格なら納得。 https://t.co/Z4LCPozMdh https://t.co/3HmduzAYKB
1日1個のりんごは医者を遠ざける。 アップルフェノンパワー。 ⚠️食材は一品に拘らず多種多様に摂ろう! https://t.co/Dcw9Vsme0y
クエン酸ナトリウムと乳化剤(界面活性剤)でエンドトキシンを分解できるという論文見つけた…! ソイジョイ食べるとやや楽になるのはそういうこと?! https://t.co/Ey7LMpyNrp
日本微生物生態学会誌に、「微生物生態学にとってバイオインフォマティクスとは何か?」と題した随筆を寄稿させていただきました。 https://t.co/pFioSY34TP
低マグネシウム血症の回避に向けた革新的創薬基盤の構築 ※TNF-αによるMg2+流入の増加 TRPM6発現量と細胞内へのMg流入の低下は、TNF-αによって回復することが示唆された⁈ https://t.co/ebD8hGzo4d
マグネシウム欠乏ラットはマンガン欠乏、鉄欠乏が誘発されることが解明された。また、高リン食ラットでは副甲状腺ホルモンの分泌が増加し、腎臓カルシウムの沈着、活性型ビタミンD3の減少が起こるが、食餌中マグネシウム量を増加させると異常が改善することを明らかにした。 https://t.co/G3vLhn2a4r
大腸がんにおけるマグネシウム恒常性制御の役割の解明 Cnnm4遺伝子の欠損が大腸での発がんや腸管に形成される腫瘍の悪性化を促進することが明らかとなり、CNNM4は細胞内Mg2+量の恒常性を維持することで腸での発がんやがんの悪性化を抑制していることが示唆される。https://t.co/dU5G3nbx12
腸管でのMg 吸収を司る主たるトランスポーターであるtransientreceptor potential melastatin type 6(TRPM6)の活性は腸管内局所のpH に依存しており,PPI 使用による腸管内pH の上昇がTRPM6 を介したMg 吸収を減弱させると考えられている。 https://t.co/ALxXslxOsE
亜鉛吸収を向上させる食品因子の探索 スクリーニングの結果、複数の「味噌」に亜鉛吸収を促進するトランスポーターZIP4の発現量を増加させる効果が認められた。 味噌汁が良さそうですね...。 https://t.co/2D8mwya3kD
赤ちゃんの気道は羊水で満たされていて、羊水中には,ブドウ糖や果糖,酪酸,ピルビン酸,クエン酸,脂肪酸,リン脂質,クレアチニン酸,尿素,尿酸,種々のアミノ酸,蛋白質,ミネラルなどの物質が含まれる(Liley, 1972) ケトンはなんで羊水にない? https://t.co/pFqDUSVnYs
ラクトフェリン 鉄吸収促進 抗炎症 脂質代謝改善 腸内環境改善 とても良さそうなこと書いてあるけど、論文ではちゃんと腸まで届けないと効果薄いともありますね 初乳でも良いんでしょうか… https://t.co/mKMY23eoV5 https://t.co/y6v8zMdPUF
高濃度ビタミンCの抗がん作用は、 鉄と反応して活性酸素発生(フェントン反応)→ビタミンC再生経路が破綻→細胞死を起こすからという仮説。 崎谷先生の著書では、 細胞内にビタミンCのような還元物質が豊富にある場合、鉄と反応して強力な活性酸素を持続的に形成→ 続く https://t.co/UXfd5tq0ZO https://t.co/tVXf1AunNI
バナナを勧めない理由はセロトニンとオリゴ糖かな? https://t.co/pnzy0I2Olu https://t.co/7Dv9DZrJ2e
大腸アルカリフォスファターゼ及びβ-グルコシダーゼの新規生理的意義と食品因子による制御作用の解明 https://t.co/zdTblrUxhF
体重70kgの人で一日に必要な最低糖質量がおよそ160g。脳はそのうち120g必要。 他の情報も探した限りでは1日の最低必要量は120〜160gの範囲で収まってる。 それプラスその人の活動量によって、必要な糖質量も変わってくるんだと今は思ってます

13 0 0 0 OA 中篇

「クオラムセンシング」という言葉を聞きました。腸内環境を考えるときに、お腹の中で善玉菌、悪玉菌、日和見菌がそれぞれ会話をしていると思うと、おもしろい! バクテリアも「会話」をしている https://t.co/Ey9lb7vSiZ 腸内環境とバイオフィルム https://t.co/BwFvS3QI5H
赤ちゃんがハチミツ食べるとボツリヌス菌で大変な事になるけど、大人でも野生のハチミツで中毒症状を出した事例。
アルカリフォスファターゼ(ALP)は亜鉛酵素ともよばれる。活性中心にZn2+を結合しており、Zn2+を失うと失活するとされていた。一方で、高濃度のZn2+がALP活性を阻害することも知られており、ALP活性測定はマグネシウム(Mg2+)を添加して行うことが多い。 https://t.co/czJ2D2oHFU
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1mdviKdI ビタミンK https://t.co/inzivzgsP6 オメガ-3 https://t.co/vzuBqff89p クルクミン https://t.co/gj1hM2PgC7
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1mdviKdI ビタミンK https://t.co/inzivzgsP6 オメガ-3 https://t.co/vzuBqff89p クルクミン https://t.co/gj1hM2PgC7
腸アルカリフォスファターゼ(IAP)活性化 亜鉛、マグネシウム、カルシウム、コバルト、マンガン https://t.co/loEHtPe1be https://t.co/GBRVZ4HTon ビタミンD https://t.co/8Y1mdviKdI ビタミンK https://t.co/inzivzgsP6 オメガ-3 https://t.co/vzuBqff89p クルクミン https://t.co/gj1hM2PgC7
日本栄養・食糧学会 「必須アミノ酸,非必須アミノ酸という命名法の問題点は古くから指摘されてきた」 https://t.co/1JcWMhwlyr
Mg,Ca及びZnのヒトアルカリ性ホスファターゼ活性に対する作用 Mg,Ca及びZnは独立してALP活性を促進することが可能である。 https://t.co/loEHtPe1be
ビタミンKの核内受容体を介する新しい 作用機構 https://t.co/b7KPc9EVSI https://t.co/1dFrcHvG1W
P-糖タンパク質(MDR1)の小腸特異的な誘導機構の解明 小腸P-糖タンパク(MDR1)の誘導には、核内受容体であるpregnane X receptor (PXR)が重要な役割を果たしており、小腸には他の臓器と比較してPXRが多く発現していることが知られている。 https://t.co/zD9moBCJkc
近年,主に肝臓や小腸で発現している核内受容体である PXR/SXR がビタミンKのリガンドとして働き,標的遺伝子の調節を行うというメカニズムが報告されている。 https://t.co/inzivyYRXy ビタミンKがPXRのリガンドとして機能。そしてアルカリフォスファターゼも活性化!!
魚の不飽和脂肪酸は体にいいが非常に酸化分解されやすい。加熱調理による青魚の脂質の変化を、煮る、蒸す、焼く、揚げるに分け比較実験した結果、焼くと脂質の損失が大きく、揚ると揚げ油と脂質の交代があった。魚は新鮮なものを選び、刺身か蒸すか煮て食べた方が良い。https://t.co/k1j9iCrSeO
ヒト小腸上皮様細胞株 Caco-2 におけるビタミンDによる小腸型アルカリホスファターゼ発現の増強作用 研究において、ヒト小腸上皮様細胞でのビタミンDによる小腸型アルカリフォスファターゼ発現の増強作用を示すことができた。 https://t.co/8Y1mdviKdI https://t.co/sPTauHErXK
腸管アルカリフォスファターゼが炎症性腸疾患の粘膜防御機構に果たす役割 潰瘍性大腸炎の患者腸粘膜において免疫組織化学染色を用いた症例で腸管アルカリフォスファターゼ(IAP)活性が低下していることが報告されている。 #潰瘍性大腸炎 #クローン病 #IBD https://t.co/47NM3Nf2XF
コリン(卵、乳製品など)、カルニチン(赤身肉)の一部は腸内細菌の酵素によってTMAに変換→肝臓でTMAOに変換されて血液へ。 TMAOが高くなる人は、BacteroidetesよりもFirmicutsを多く含み腸内細菌叢の多様性が低い傾向。腸内細菌によってガラリと変わるのが興味深いです
糖質制限中は卵を食べると胃痛が酷くて断念していたけど解除してからは症状がなくなった
ヒト小腸上皮様細胞株Caco-2におけるビタミンK2のアルカリホスファターゼ活性および遺伝子発現への影響 本研究において、ヒト小腸上皮様細胞を用いて、ビタミンK2がALP活性および小腸型ALP遺伝子発現を増強させることを初めて示すことができた。 https://t.co/inzivzgsP6
高脂肪食とビタミンD不足は、腸管型アルカリフォスファターゼ活性を低下させます。 https://t.co/1Vnaeo90Au 亜鉛不足もアルカリフォスファターゼ活性を低下させますね。
B2やナイアシンはグルタチオンの再生にも関与するのね♪ そして改めてアスタキサンチン強力すぎる
うつ病におけるP2X7受容体及び亜鉛を介したシグナリングの協調的連関の変動 https://t.co/gofDKbsPF3
亜鉛異常における小腸粘膜病変に対する漢方薬の作用 中国では亜鉛欠乏症の治療に漢方薬(董香, 紫蘇, 木香, 陳皮, 知母, 鶏内金)と硫酸亜鉛を併用すると硫酸亜鉛のみによる治療より安全で良い効果の得られる事を報告している。 https://t.co/TL0fPq7oHQ
ビタミンDによる小腸型アルカリホスファターゼ発現の増強作用 ヒトの小腸においてビタミンD3がALP 活性を増強することにより,脂質吸収の調節や,腸の恒常性の維持などに関与している可能性が推察された。 ビタミンDは腸のphをアルカリ側にするのかも...。 https://t.co/8Y1mdviKdI
メモ 脳画像法からみた自閉スペクトラム症の脳機能ネットワーク https://t.co/q3vupA4anK https://t.co/0aEy8VADVz
自分用メモ ストレスを感じる前頭前野 -ストレス適応破綻の脳内機構- https://t.co/jumQEF7Jyt https://t.co/Bj7b4xRSrB
過去の量子生物学に対する手厳しい批判は神戸大の田中成典教授の論文にも出てきます。 https://t.co/EQLbx0LaFk 4ページ このままでは 、「量子生物学」の名に真に値する量子生物 学は存在しないと言っても過言ではない 私なんかに理解できることではないのですが、単にコンピュータの進化だけでない
しかし日本にもしっかり量子生物学は早い時期にあったんですけどねえ。 この論文はけっこう前に見つけていたものですが 生体 内における電子 移動 とプ ロ トン移動 https://t.co/jneQ6n8VJ7 トンネル効果も出てくるイギリスサリー大学のお二人の本には全然出てこないのです。
全身振動刺激 に よる 胃粘膜病変の 発 生機序に 関する実験的研究 https://t.co/xNGNjtFlav 物理的に振動しすぎて胃潰瘍は考えたことがなかった。 胃酸足りてないのは迷走神経の振動数が足りてないのもあるのかな。菌たちとおさらばしたい
セロトニンとの関係が最も有名なのは IBSであるものの、IBDのように消化管粘膜に組織学的な炎症像を伴うケース や、腸内細菌に対する免疫学的な応答異常が存在する場合が認識されており、これにセロトニンの異常が関与している可能性を示唆する研究結果が報告されている。 https://t.co/8YDTgmhdYP https://t.co/DD9LyLhG9U
健康な人がてんかんの薬なんか飲むからいけないのか、てんかんの人でも飲んだらヤバイ薬なのか… 厳格なケトン食がてんかんに効果あるかもって研究もあるしまずは食事から見直すのもアリかも https://t.co/Zy6M3iMymq 腸内細菌でもてんかんを抑えれるかも https://t.co/2CJdq9vlml 脳のクスリこえー https://t.co/JO2aaCrTQv
ビタミンAはビタミンDに比べてあまり研究されていないため論文も少ないのですが、ホルモンとして働き、特に粘膜、免疫、視覚(網膜)と関係します 過剰症がありますので摂りすぎ注意 亜鉛とセットで摂りましょう VDはマグネシウムとセットで 腸管免疫におけるビタミンAの役割 https://t.co/kao6iLqR3z
ちょい前から風邪引いて、特に薬もサプリも飲まないで様子見してたけど、そういえばアメリカの子どもは風邪のとき亜鉛トローチ舐めてたの思い出して亜鉛サプリ飲んでみた。 効目スゴい。明らかに良くなった。 亜鉛と免疫 https://t.co/OA1LfEAxoO 自分に起きた事はN=1なんでやる場合は自己責任で

フォロー(156ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(6138ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)