出版者
地方独立行政法人 大阪健康安全基盤研究所
雑誌
大阪府立公衆衛生研究所 研究報告 (ISSN:21854076)
巻号頁・発行日
vol.47, pp.47-52, 2009 (Released:2019-07-31)

合成界面活性剤は家庭内では多くの場面に使用されている化学物質である一方、合成洗剤、洗浄剤による皮膚障害が問題となっている。これは界面活性剤によって皮膚のバリアが破壊されることが、原因のひとつと考えられる。また界面活性剤の抗菌作用による皮膚常在菌への影響が一因ではないかと考え今回、市販の基剤も含めて検討を行った。その結果、抗菌性を有する陽イオン系以外に陰イオン系や非イオン系の一部に皮膚常在菌等に対する生育抑制が見られ、皮膚常在菌への影響が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[スキンケア] 界面活性剤が皮膚常在菌(美肌菌)を減らす

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

論文紹介 化粧水とか乳液とかクソどうでもいいから家の洗剤を見直せという話 https://t.co/UzXttDRS6g

収集済み URL リスト