著者
山本 俊幸 大槻 マミ太郎 佐野 栄紀 森田 明理 奥山 隆平 五十嵐 敦之 川田 暁
出版者
公益社団法人 日本皮膚科学会
雑誌
日本皮膚科学会雑誌 (ISSN:0021499X)
巻号頁・発行日
vol.128, no.13, pp.2835-2841, 2018-12-20 (Released:2018-12-20)
参考文献数
14

日本乾癬学会による,3年間の乾癬性関節炎疫学調査の結果をまとめた.本邦患者の臨床的特徴は,1)男性が女性の2倍弱多い,2)乾癬発症の平均年齢は30歳代後半,関節炎は40歳代後半,3)乾癬のタイプは尋常性(局面型)が9割以上,4)関節炎のタイプは,多関節炎型かDIP型が多い,5)乾癬の家族歴は5~7%程度,6)付着部炎は2割強,7)指趾炎は6割前後に認められる,などであった.生物学的製剤による治療は,約半数に導入されていたが,中止または他剤へのスイッチ例も15~20%強に認められた.爪病変,併存症,職業についても合わせて調査した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 4 favorites)

@karimero77 #乾癬性関節 患者の疫学調査 日本乾癬学会 3年間の集計結果 男性が女性の2倍弱多い #乾癬 発症 平均年齢は30歳代後半 関節炎は40歳代後半 乾癬タイプ 尋常性が9割以上 関節炎タイプは 多関節炎型かDIP型が多い 乾癬の家族歴は5~7%程度 付着部炎 2割強 指趾炎 6割前後 引用元 https://t.co/J4jaoiuUxc https://t.co/ksjMVP4s6D

収集済み URL リスト