著者
嶽本 新奈
出版者
ジェンダー史学会
雑誌
ジェンダー史学 (ISSN:18804357)
巻号頁・発行日
vol.5, pp.21-34, 2009 (Released:2010-11-02)
参考文献数
22

The opening of Japan in the mid 19th century encouraged Japanese women's emigration overseas.Because most of them engaged in prostitution abroad, the existence of these women, usually known as Karayuki, was the focal point of anti-prostitution criticisms in Japan from the early Meiji era. Moral advocates and anti-prostitution activists regarded their presence as a possible disgrace to the nation. However, their discursive circumstances changed in the Taisho era with the inflow and circulation of the ideas of eugenics, which were repeatedly featured in Kakusei, the official bulletin of Kakusei-kai, one of the most influential anti-prostitution organisations in Japan. In this paper I explore the way in which criticism of Karayuki by the anti-prostitution movement was incorporated into a narrative of eugenics, and how its discursive entity resulted in what can best be termed the alleged crisis of "blood purity" of the Japanese race in the Taisho era. The ideas of eugenics provided theoretical background and offered a highly effective remedy for the anti-prostitution movement as an antidote against both licensed prostitution in the body politic of Japan and "unlicensed" prostitution abroad. By evoking hygienic images, the narratives of eugenics diagnosed prostitution and prostitutes as social pathogen. That is, as the main source of "venereal diseases" threatening "domestic purity." This perspective of racial contamination shaped a crucial aspect of anti-Karayuki criticism, which had never before been in focus: Karayuki's ignorance of interracial intercourse as a representation of an encroachment on the nation's racial purity. The scientific guise of eugenics manipulatively transformed the ethical discourse of sex and the moral discourse of prostitution into the obscure but evocative discourses of "blood," "race," and "national purity." Karayuki's sexual economy began to be imagined as the dismal locus of racial contamination, which then provoked severe assaults on Karayuki.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (16 users, 33 posts, 9 favorites)

@bengo4topics 「出演することのマイナス影響に関する説明」の身バレに関しては完全に基督教婦人矯風会の責任だ! 他人事のようにいうな! 優生学と結びつく「からゆき」批判の検討03論 嶽本新奈 https://t.co/aQ5NrQAg5g
@JZR1bGhnQIadOI2 これを読んで、貴方の主張がどれだけ危険で子供の為にならないかを勉強して下さい 大正期の「母親による性教育モデル」の形成 https://t.co/p0Bu0hBKiZ 優生学と結びつく「からゆ… https://t.co/QcGGjCZMWH
農村処女会の組織及指導 https://t.co/7DMKxokTSx 処女会組織化の理念 https://t.co/BanwK04lMp 優生学と結びつく「からゆき」批判の検討 https://t.co/aQ5NrQAg5g
矯風会や処女会の思想が #性差別 だよ 農村処女会の組織及指導  https://t.co/pLgq3bcC8e 婦人新報の皇室関連記事  https://t.co/L97OclcOPs 優生学と結びつく「からゆき」批判の検討  https://t.co/aQ5NrQAg5g
「〈よりよい子孫〉を残すためには〈よりよい結婚相手〉を選択しなければならず、さらに国家のために〈よりよい子孫〉を残すうえで一夫一婦制が絶対条件として求められた」https://t.co/LxRSE4jem2
「日本に入ってきた優生思想は、まず遺伝という「科学」的視点を導入することにより、〈よりよ い子孫〉を残すための生殖への人為的操作という観点をもたらした。端的に述べると、結婚相手の選択である。」https://t.co/LxRSE4jem2
明治や大正時代の新聞や雑誌あるいは廃娼運動 家たちは売春を「醜業」と言い換え、「海外醜業婦」や「在外売淫婦」と呼び、時には「娘子軍」とも描されていた。この「からゆき」を「外国人に肉体を鬻いだ海外売春婦」と明確に定義づけたのは山崎であるhttps://t.co/LxRSE4jem2
今日のように、売春目的で海外渡航した日本人女性を指示する用 語として定着した背景には、「からゆき」を主題にした古典『サンダカン八番娼館』(山崎 1972) や『からゆきさん』(森崎 1976)の影響が大きい。https://t.co/LxRSE4jem2
「「からゆき」という呼称は、九州北西部の方言で〜本来は男女の区別を問わず海外へ出稼ぎに行く人々のことを指し、必ずしも売春を生業とする者に限定限定して使用されていたわけでは なかった*森崎和江 1976『からゆきさん』朝日新聞社」https://t.co/LxRSE4jem2
「廓清会の機関誌〜に取り上げられた「民族衛生論」〜廃娼運動に優生学が流入したとき、売春に従事する女性とは〜「優生学 的に劣等」な異質「種」であると〜「それまでの宗教的・倫理的な立場からの娼 婦への非難と排撃に加えて〜登場」したと指摘」https://t.co/LxRSE4jem2
@terrakei07 むしろ「下等賤劣の婦女子」と罵るかもですよ。 優生学と結びつく「からゆき」批判の検討 https://t.co/aQ5NrQAg5g
@iwao96 では「『一部』の信者が『実際に』行った非道行為により基督教は禁止」となってもいいのですね? 優生学と結びつく「からゆき」批判の検討 https://t.co/aQ5NrQAg5g 千の天使がバスケットボールする… https://t.co/VikXZ73KUo
逆なのでは… 優生学と結びつく「からゆき」批判の検討 https://t.co/aQ5NrQAg5g からゆきと婦人矯風会 https://t.co/DRZ5WevYMD 桜郷土史研究会 桜村処女会 なぜ「処女会」と名付けたのか… https://t.co/vAhGEhEqZu
@FP2Je3V6kg 婦人新報の皇室関連記事田中真人 https://t.co/L97OclcOPs からゆきと婦人矯風会 倉橋克人 https://t.co/DRZ5WevYMD 優生学と結びつく「からゆき」批判の検討 嶽本新奈 https://t.co/aQ5NrQAg5g
@ericca_u 優生学と結びつく「からゆき」批判の検討 https://t.co/aQ5NrQAg5g 松沢呉一の黒子の部屋 われ弱ければ人のせい——矢嶋楫子と矯風会 https://t.co/UgPVWJlkv7
1 1 https://t.co/Jj50QoxJ69
『障がいを持つ女性の意思に反する不妊手術』は優生学から来ています。 そしてその優生学を自説に取り入れたのが… 優生学と結びつく「からゆき」批判の検討 https://t.co/aQ5NrQAg5g #矯風会 #国連

収集済み URL リスト