著者
生田 安司
出版者
特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会
雑誌
日本呼吸器外科学会雑誌 (ISSN:09190945)
巻号頁・発行日
vol.34, no.5, pp.370-374, 2020-07-15 (Released:2020-07-15)
参考文献数
9

気管支切開により摘出した気管支異物の2例を報告する.症例1は84歳男性で,歯科治療中に義歯を誤嚥し,摘出目的で当院へ紹介となった.手術は左底区気管支を横軸方向に切開し義歯を摘出した.症例2は精神発達遅滞のある60歳男性で,胸部レントゲン検査で気管支内異物を指摘され,摘出目的で当院へ紹介となった.手術は左主気管支を長軸方向に切開し異物を摘出した.手術による気管支異物摘出を行う場合,異物の材質や形状,異物の存在部位や介在期間,周囲の気管支肺の状態を考慮し,術式や気管支切開における切開方向を選択すべきである.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 8 favorites)

J-STAGE Articles - 気管支切開により摘出した気管支異物の2例 https://t.co/WiQuy84Etn ・84 歳男性  歯科治療中に義歯を誤嚥した  無症状であり排便時に排出されると考え放置していたが,誤嚥後7 日目に咳嗽が出現してきたため前医を受診  義歯誤嚥後10 日目に手術による摘出 注意します・・ https://t.co/KrHEoXVWfX

収集済み URL リスト