2 1 0 0 OA Douglas–Kroll法

著者
中嶋 隆人
出版者
日本コンピュータ化学会
雑誌
Journal of Computer Chemistry, Japan (ISSN:13471767)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.50-70, 2014-03-21 (Released:2014-03-21)
参考文献数
210
被引用文献数
1 2

Douglas–Kroll (DK) 法は,ユニタリ変換を繰り返すことで外場ポテンシャル存在下でのDiracスピノルの大成分と小成分を分離する方法である.DK変換はFoldy–Wouthuysen (FW) 変換 の拡張として捉えることができ,FW変換での展開パラメータである光速のかわりに外場ポテンシャルを展開パラメータとする.このレビューではDK法の理論面と実用面を中心に紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 6 posts, 1 favorites)

探してみるとこんなものが https://t.co/Nj2H2sDO7n なに理研 印刷して毎日拝ませてもらいますかね。 意味がわかるようになるとは到底思えないが。

収集済み URL リスト