rz733375 (@rz733375)

投稿一覧(最新100件)

こちらは東大 アイソトープ総合センターなので、児玉先生ところではないか https://t.co/oUi7JRASM8 2015年の科研費 BRAF調べるならCLIP2もやってよといいたい。 コピペもさせてくれない。 いずれにせよPCRの出番は多いです。

121 121 2 0 OA 骨格筋と炎症

RT @koichi_kawakami: 接種後1日。 注射部位周辺の筋肉の軽い張りと痛み。 S蛋白質を生産する筋細胞近辺にマクロファージが集まりサイトカインを放出しているのでしょう
セシウムボールにもストロンチウムが含まれていますが https://t.co/N5siOzp4i8 今回分析対象としたHPのSr-90の含有量は低く、Sr-90による人体への被ばく影響はCs-137に比べて無視できると言える。 さて安心できる量なのか https://t.co/qtaxWGt5HF
ヒドロキシクロロキンでうっすらと記憶にあったのが ラット甲状腺の放射線感受性と発がんにおけるオートファジーの影響 https://t.co/yhB5dEnNSy 長崎大学だったのか 中身は見てなかったのですが https://t.co/I4umyVLUP9
おおこれは https://t.co/fr5KecX7Q0 原爆由来の 56Mn、24Na、Cs などの放射性微粒子が付着したエアロゾル吸引による内部被曝で説明できることがわかってきている。一般に、内部被曝は低線量被曝と思われているが、放射性微粒子の吸飲が絡んでいる場合には、局所的に超高線量率被曝の状態になっている
ヘビ真菌 科研費出てますね。 https://t.co/q8HIFeVVsw 第3の新興真菌症は在来ヘビへの脅威となるか? 4,160千円 (直接経費: 3,200千円、間接経費: 960千円)
宇根先生はかつて科研費でこういう研究してました。 https://t.co/hgojTW8GcR 「ヒョウモントカゲモドキ由来のクリプトスポリジウムのヘビへの感染性と病原性」 それはお鉢が回ってくるはずだ。麻布の時か
こちら発表された奥村大河氏の論文 https://t.co/AmJZjIbu9u 福島第一原発事故により放出された放射性セシウム含有微粒子の内部構造と物理化学的性質
低線量域の線量効果関係を解析とは関係ありませんが、ベイズセミパラメトリックモデルの数学的な解説 みてもわからんが 一方で MCMC法を用い た ベイズ推定法は,周辺 尤度を用いた正確なモデル選択法が利用できるという大きな特長を持つ https://t.co/7KkwcE6zhc とMCMCの出番はあったようです。
RT @eigenkino: 退職されたとなると、こういうのはどうなっちゃうんだろう。 https://t.co/7R1vmKl32v
セシウムボールの方向に行ってしまったが、バイスタンダーに集中するのに これ https://t.co/tETtFI99Qh とこれ https://t.co/AZTYVVFvRD をしかと読んでみます。 X線だったり重粒子線だったりでずばりというわけにいきませんが、セラミド、スフィンゴミエリンも出てきますので、参考になるでしょう。
スフィンゴミエリンとスフィンゴミエリナーゼは別物と気が付いてここらを見ております。 https://t.co/cLKOZlTdwC 読むもの増えるばかりだが。 これもコピペができないので スフィンゴミエリナーゼは分解酵素ですかね。 プロテアーゼのような感じ https://t.co/bSPGwqHxbA https://t.co/xBK86k8XhG
広島大のサイトに https://t.co/Pv0yHK72mn 放射線災害・医科学研究拠点 広島大学原爆放射線医科学研究所 長崎大学原爆後障害医療研究所 福島県立医科大学ふくしま国際医療科学センター ですからねえ。 理研が https://t.co/RQiqvj2D3D のんびりコレストロールの研究するとは思えませんが
右側の研究費の訳 研究費 理化学研究所の統合脂質学プログラム。助成番号:23790115、23590251、24770135、22390018 文部科学省 内藤財団 なんでしょうね 科研費これ https://t.co/sRyjip2IqV
これはマウス実験ですが、犬とかでなく人間の大腸がんでも出てくる。 https://t.co/jLG1mPLHbG 都立病院の内科医長の科研費ですねえ。 アポトーシスとマクロファージはセットで考えればいいので、スフィンゴミエリナーゼは被ばくと発ガンに大いに関係ありと見ていいのでしょう。
スケジュールに少しだけ余裕ができたので、今のうちにスフィンゴミエリンを追いかけてみると 元々は犬の大腸がんとかで研究されていたみたいです。 https://t.co/qODxXU5ALy 2005年か アポ トー シスが出てくるんだな。これより前の2003年あたりに文科省のサイト https://t.co/1lVjHuJIQr
児玉先生のこの論文ならけっこう詳しいはずだが、要旨が見つからない フォーラム 逆システム学の窓(41)チェルノブイリ膀胱癌--長期のセシウム137低線量被曝の危険性 https://t.co/FKOwo5OQ6f
https://t.co/qhVYfBnYiT こっちだと大腸とガレクチンの関係が見えてこない。 3ページ 拡大しないと色が見えませんが、手法はFISH でヘス論文とかと同じです。 https://t.co/vIuLm8vfm9
ああやはり科研費でしたね。 https://t.co/y4NV324nCy お 2003年にネイチャー論文が https://t.co/xtYp17yxi6 20グレイ未満の放射線線量には当てはまるが、20グレイ以上の線量を照射するとasmase-/-マウスで代わりの腫瘍応答 が活性化されたことだ。 こっちのは線量多めですね。
土壌の時のこれをしかと読んでいなかった。 https://t.co/d3DW0F5s4T 今晩読んでみるか。 8ページ 浮遊粒子状物質測定用のテープろ紙等のデータが用いられた。事故初期における土壌の汚染実態を調べるために,131Iの放射能測定や長半減期129I の濃度を用いて131I濃度の推定が行われた。
@Anti_Jigokudama サルが甲状腺がんにかかることがあるのかという私の疑問に,日獣大は答えてくれた. 聞いたわけではありませんが https://t.co/nlpj3419kD ダイオキシンのケースですが 野生ニホンザルは自然環境からダイオキシン類に暴露されてはいたが,検出されたレベルでは甲状腺の機能や形態に影響を及ぼさなかったと
@Anti_Jigokudama https://t.co/0NcrRLeh0J 詳細はわかかりませんが 年齢差のみ有意差が得られた。 J-STAGE公開日: 2017/10/12 のものなので、その後の研究成果が気になりますが、相変わらず高線量地域のサルの研究はさせてもらってないみたいですねえ。
@Anti_Jigokudama 昨日これを見つけていたのを思い出した。 https://t.co/1ku1AjU3WF 日獣大発表のものですが 福島第一原子力発電所事故後の福島県福島市のニホンザル(Macaca fuscata)における甲状腺の組織形態学的変化について 福島サルと下北サルの各年齢区分どうしを比較したところ,
@Anti_Jigokudama 福本氏 これは別枠だ。 https://t.co/FxrSbo33Ij 4,290千円 3か年ですか あ 429万ですね。 特に甲状腺、水晶体と造血系の変化に留意する。内部被ばく線量率に応じて被災ウシで酸化ストレスが増加しているなど、今までに報告した結果を被災サルで検証し、
RT @rz733375: @Anti_Jigokudama 福本教授 科研費 https://t.co/rwOTqaKeFV 令和元年ですが 2700万円 期間は4か年か 年度は違うのですが、弘前大の方はこちらから https://t.co/rSEhTekzMI 放射線影響…
@Anti_Jigokudama 福本教授 科研費 https://t.co/rwOTqaKeFV 令和元年ですが 2700万円 期間は4か年か 年度は違うのですが、弘前大の方はこちらから https://t.co/rSEhTekzMI 放射線影響モデル動物を利用した生物影響解明のための多元的アプローチ 戦略的原子力共同研究プログラム どうみてもムラサイド
@Anti_Jigokudama ヨウ素131逆推定の計算式はえらいややこしそうな感じだったが、 https://t.co/d3DW0F5s4T 土壌のケースはあったみたいだが 6頁 これらのことから,129Iを測定することにより,事故で放出された131Iを推定できることが示された。 マップはこれか https://t.co/bkQHrCCHCi
もうひとつ2015年のが出てきた。 https://t.co/33DDpOE563 この二つを今晩あたりから読むとしまよう。 あ 被曝の森の録画も見なければ このうち,2 番目の発がん機構に関する研究は,筆者と山田 裕主任研究官(現発達期被ばく影響研究グループチームリーダー)が担い と出てくるので、山田氏が
ラドンの場合には付着成分と非付着成分それぞれの寄与等、まだ検討されるべき課題は多いと思われる」とされている。 ここに飛んで https://t.co/nRxIw2YpEs この論文 放射性粒子吸入による生体影響 - プルトニウム微粒子の発癌性 - https://t.co/dPRWl1uIRk 昨日のとほぼ同じような感じか
山田氏はあの小木曽洋一氏といっしょに研究していたのか https://t.co/lwZkLzOCu1 プルトニウムホットパーティクルは十分やばいのです。
再放送  明日です。というか水曜に入ってからですが https://t.co/Bwd3zv3lKJ この獣医学部の教授は出なかったのだろうか? https://t.co/HX8i1N3IZq https://t.co/tp8o1bg6Ek
そしてこの古い論文 https://t.co/cOIYZ7BTFL 著明 な胸腺腫瘤形成 を伴 った リンパ性白血病 あながちないとは言えない。
”リー 放射線生物物理学”でググると出てきた論文 https://t.co/QVYCkUV6wB 日本の放射線生物学の先駆けともいえる近藤宗平氏の論文 ただかなり変遷があったようでウィキペディアでは https://t.co/IVW1HhQ0cU 弟子と見られる皆さんの考え方を知る上では参考になります。
こちらはページ数も少なくわかりやすいか https://t.co/3ZfMf6d6db 数式はけっこうありますが 残念ながら,マラーの実験以来,LNT のインパクトが強く,突然変異率(変異発生頻度)は「総線量に依存して決まる」という考え方に定着してしまい,総線量のみが重要であると考えられていた ようだ。
科研費DBによると https://t.co/18wLIIKap7 予備実験では兄妹交配蓄積のためマルコフ過程に基づく変異率推定値しか得られなかったが、親子間で直接大規模検出することも可能となったため高精度な変異解析が実現する。 マルコフさん出てきた。
https://t.co/gIVhjoo7Qa こちらからこの説明を求めようとしたが、私の読解力が足りないので、HPの方から 彼らは放射線を急照射(1分あたり700mGyの放射線を雄マウスに長期間照射)した場合と、緩照射(1分あたり7mGyの放射線を雄マウスに長期間照射)した場合を比較してみました。
これも連休の課題だったか X線の突然変異 けっこう昔の論文 https://t.co/XGwshMO6OS P4 1927年マラーはクダモノバエにX線を当てて,突然変異の起る率が対照の150倍以上にも達することを発見 した。その後カ ビ・バクテリアその他いろいろな生物が種々の放射線(X線・r線・紫外線 ・中性子な ど)により https://t.co/ygwJG2bSQt
もうひとつ低線量での発ガン 前にちょろっと出しましたが https://t.co/AQRzd8guNb 永田親義さんの連載論文の4ページ 放射性物質というわけではありませんが その値が3.04eVと3.43eVの間にあるものに発がん性がみ られ,この条 件を充 たさない ものは発がん性をもたないという整理則を見いだした.
英語の論文があったと思うけど https://t.co/36SH5Hdizs TPC-1は、RET/PTC1をドライバー変異として有することが既にわかっており、本検出系が十分な検出感度を有していることが示された。そこで次に、甲状腺初期化細胞から回収したRNAからcDNAを作成し、
こういう使い方はまさに放射線生物学ではあるが https://t.co/1fqMdNKWzX 電離放射線が誘発するDNA損傷およびミトコンドリア損傷に起因する、ATP加水分解の亢進と、ミトコンドリア脱共役による温度およびpHの経時変化、そしてその生物学的意義の解明を目指すものである。
名古屋大学のは違う計算シミュレーションのようにありますが これは学会発表用の日本語情報のものhttps://t.co/fj8FMlqDli 図bのようにヒトのDNAのテロメア構造を取り上げ,灰色の粒子が3Heを表す.16 個の 3He に置換した構造を初期構造として,DNA の二重らせん構造への影響を,NAMDを使ってシミュレート
RT @rz733375: トリチウムの場合は、先日から言っている量子力学サイドの研究でDNA影響はわかりやすいはうなのですが、日本では、なんとこの密度汎関数を使ったものがあったのです。 んが、安全とかいう結論を出してますますがね。 科研費だからですかねえ https://t.…
メンテナンス終わってました。 https://t.co/gIVhjoo7Qa 今度の連休にでも読んでみましょう。 放射線の生体影響は様々なデータが蓄積している。しかしながらそれらの定量的,体系的な理 解が不足している。
先ほどのネイチャー論文のダイジェスト的なものが、こちらの科研費の報告で見ることができます。 https://t.co/dXVzQFQUTi 日本語はありがたいが、難解そうですねえ。
うう悔しい 真鍋教授の 放射線の生体影響を理解するための数理モデルの重要性 ... というのを見たいのだが、やっぱメンテ中 https://t.co/Vi4ADSAgfx 5) シュレディンガー(岡小天,鎮目恭夫 訳),. 生命とは ここが気になる
昭和36年と、えらい古い論文が見つかりましたがhttps://t.co/50pBeF6Oog 3Hによる体内放射線の線量を推定することがお こなわれなかったが,障害を生ずるに十分な線量 であった。 トリチウムがDNAにとってよろしゅうにというのは早くからわかっていたのだ。 麻生はマンガしか読まないから知らんのだろう
広田鉄磨様のブログのリンク https://t.co/bSZRT73xlR こちらも追加しておきます おわりにの 現在,ICRPは電子線の放射線荷重係数をすべて1と勧告している.一方,これまでの研究から明らかに,突然変異や発がんといった確率的影響に関する生物指標で得られたトリチウムのRBEは,およそ2が妥当である.
以前取り上げた二つの論文に出てきますが 核 融合 開発 と トリチ ウム人体 影響 https://t.co/sydQAkNPO8 と 細胞・分子レベルでのトリチウム影響研究 https://t.co/8RwUoxv8Mj 小松論文はどっちかといえばトリチウムは安全、立花論文は要注意 という内容でしたが、小松論文の4ページにご注目
鈴木,光武,山下トリオですか.光武,山下が”ほか”なんだな. ま それはいいとして,もいちどこのリンク https://t.co/aV6giZyBf5 国際放射線防護委員会(ICRP)が 2015年12月,放射線発がん研究の新しい展開を期待して刊行した「放射線防護の発がんの側面に関連する幹細胞生物学 “ICRP Publication 131”」が
出てきたついでに、この論文を再浮上 https://t.co/aV6giZyBf5 甲状腺がんですが、2018年にしては、7q11, CLIP2は完全無視 RET/PTCやBRAF にこだわっていましたね。ウンガーさんグループではすでに終わったテーマだったはずだが。 それはともかく 4ページのテロメアの部分
で、前に見ていたこちらの英語論文 https://t.co/r3Qv8hglni Figure 4ですが 310Kにおけるヒトのテロメア配列の一部のスナップショット(a)はN=0の場合、(b)はN=8の場合。なお、わかりやすくするために水分子は表示していない。 Deepl訳です。
放水を推進する側もこの https://t.co/gDXXgGN3fV 3ページのDNAの図をじっくり見て考えてみたらどうよ。 これはトリチウムだけの問題。 汚染水には炭素14、ストロンチウムもある。 2年でこれらも基準値内に納めることができるのかどうか? https://t.co/yFIFOqNdF6
これは反対するのには使えんなと思っていた論文だが https://t.co/f8blcgPRol 細胞内に存在するDNA修復機構によりDNA損傷の大部分が修復されるために, DNA結合型トリチウムによるリスクの増加は体外被曝γ線のわずか2倍程度と見なされること,また実験室内モデルエコシステム実験によれば,
あんまり張り切るわけにいかんのだが この論文はあの名古屋大学のものとメンバーが被ってますが、全文がPDFで読めるので参考になると思います。もっともええごですが https://t.co/nHpezAHAvO https://t.co/r3Qv8hglni 部分的にDeeplで ここでは、ヒトのテロメア配列の一部をDNAとみなします。
あんまり張り切るわけにいかんのだが この論文はあの名古屋大学のものとメンバーが被ってますが、全文がPDFで読めるので参考になると思います。もっともええごですが https://t.co/nHpezAHAvO https://t.co/r3Qv8hglni 部分的にDeeplで ここでは、ヒトのテロメア配列の一部をDNAとみなします。
J-STAGE Articles - Computational strategy for studying structural change of tritium-substituted macromolecules by a beta decay to helium-3 https://t.co/GzAUBn5uml
もちろんトリチウム自体の危険性も冷静に分析した論文も多数 古い順に 低レベル・トリチ ムの遺伝的効果について https://t.co/phv920nOVb ヒトリンパ球および骨髄細胞の染色体に対するトリチウム水の相対的な生物学的有効性および線量率の影響(グーグル訳) https://t.co/Ni2Mvotbxu
英語論文かと思ったら日本語だった。 https://t.co/dNK0nndbmG 21世紀に入ってからはこの手の論文はないかと思ったら、2013年にこんな発表が https://t.co/8P9CjikJEk 長岡氏の論文も参照されてますね。 まだ続いておったか。 どっちかといえば量子化学の方になるのかな。
こっちはビタミンEのトンネル効果 https://t.co/xiLhJ99sV3 なんだかわからんが これらの結果は、トンネル効果が様々な組織やミトコンドリアの再生反応に重要な役割を果たしていることを示唆しています。 のだと。
ちょっともう一度 https://t.co/J7xA9OlXIc 重水素化ビタミンCを用いて長寿命ラジカルとビタミンCとの反応を研究した。大きな同位体効果(≧20〜50)を発見し、この反応がトンネル反応であることを見出した。生体内でもトンネル反応が重要であることを示している。 もっともらしいのだが
期待を裏切られそうな時は、まずは日本語情報から どうやらこの方のようです。 https://t.co/E5bMLdzQGP 時期的にはこの研究が近いが https://t.co/xDCzBq9ndJ 生体中の長寿命ラジカルによるガン誘発機構の解明研究課題
このトリチウム論文もそれほど時期はずれていない。 https://t.co/FVuw9YPnB9 低 レ ベ ル ・ ト リチ ウ ムの 遺 伝 的 効 果 に つ い て 1976年1月30日 受理
つながってきそうな感じですね。 これはいつのだろうか? https://t.co/2fkjfZ1kZ0 これが連載の最初のような。 1973 年 11 巻 6 号 p. 396-398 11回目のようだから、1974年か
もう一度永田癌論文 https://t.co/T7dTFquaE8 炭化水素の励起エネル ギー(図1のΔE1,ΔE2など)を算出した結果,いくかの例外はあるが,その値が3.04eVと3.43eVの間にあるものに発がん性がみられ,この条件を充たさないものは発がん性をもたないという整理則を見いだした. 放射性は関係ないのかもしれないが
どっちも大変なのでいつかそのうちですが、とりあえず永田博士の日本語のここ https://t.co/T7dTFquaE8 発がん性物質 その作用機構と電子 5ページ DNA内でのプロトンのトンネル効果による誤複製と突然変異ひいては発がんを結びつける考えなども出 されている 注18が アルキル化後 の論文
PDF 英文ですが アルキル化後のデオキシリボ核酸のπ電子分布の変化とそれらの生物学的効果との可能な関係 https://t.co/PrBmFEAgpI 4-ニトロキノリン1-オキシドおよびいくつかの芳香族炭化水素の電荷移動および発がん性の量 https://t.co/nWX4BV1Mi8
PDF 英文ですが アルキル化後のデオキシリボ核酸のπ電子分布の変化とそれらの生物学的効果との可能な関係 https://t.co/PrBmFEAgpI 4-ニトロキノリン1-オキシドおよびいくつかの芳香族炭化水素の電荷移動および発がん性の量 https://t.co/nWX4BV1Mi8
過去ツイを見ていて、永田、福井両名が入っていいる論文二つ https://t.co/WNkCq5WniJ 特にデオキシリボ核酸(DNA)との相互作用に関する量子生物学的研究の結果が示され、化学発がんが電荷移動現象に関連して説明されています https://t.co/QeMtPLqFTK グアニン-シトシンペアの互変異性変化が生じ、
過去ツイを見ていて、永田、福井両名が入っていいる論文二つ https://t.co/WNkCq5WniJ 特にデオキシリボ核酸(DNA)との相互作用に関する量子生物学的研究の結果が示され、化学発がんが電荷移動現象に関連して説明されています https://t.co/QeMtPLqFTK グアニン-シトシンペアの互変異性変化が生じ、
ここを探しておりました。 https://t.co/S244KDIoP0 論文もまだありました。 https://t.co/FVuw9YPnB9 一度は見たような気がしないでもない。
セシウムボール 2015年にこんな発表があっていた。 https://t.co/sKwmIp0Yiq 22ページ P-2 「セシウムボールと肺クリーニング」 聖隷クリストファー大学* 多羅尾 範 日本バイオレオロジー学会 これも一回は見ていたような気はするが
まだ潜る前だな、トリチウムに戻ると https://t.co/fj8FMlqDli この時のでしょうが、これが18年 今度のは https://t.co/m1alTu37bE 2019年11月29日に公開された あ ちょっと進んだ形ですね。本文を読めないのが残念
あれ 甲状腺がんにもつながっていたな。 https://t.co/u6F5CzH3bX 日本原子力学会誌か見てもいっしょでしたね。
トリチウムの場合は、先日から言っている量子力学サイドの研究でDNA影響はわかりやすいはうなのですが、日本では、なんとこの密度汎関数を使ったものがあったのです。 んが、安全とかいう結論を出してますますがね。 科研費だからですかねえ https://t.co/xo7wFEti2C 原理的な部分は参考になるのですが
これですが https://t.co/Tdpbx0dlBx H ラジカルは、G-C塩基対のCのNH2基、A-T 塩基対のTの酸素原子と反応することが明らかになった。これは、G-C、A-T 塩基対の NH2 基から水素原子を引き抜く OH ラジカルの反応とは大きく異なる。 https://t.co/KbSiPBRuB7
RT @rz733375: 書評には出てこないDNAの部分に密度汎関数理論というのが出てきて、元々いくつかトンネル効果とかプロトン移動で出てきた論文ではこの理論を使ったものはあったのですが、改めて検索してみると ラジカルによる DNA 塩基対の異性化反応の解析 https:/…
RT @rz733375: ちと台風が気になりだしたので、ここの続きはまたいつか。 トリチウムに関しては https://t.co/8RwUoxv8Mj DNA損傷はこちらがおすすめです。 https://t.co/i8jXlRwePx さっきリツイした副読本問題のトリチウムの…
ものすごく技術的色彩の強い論文がでてきましたが、2014年とわりと新しいが https://t.co/RqjQPlsucX DNA 塩基対に紫外光や X 線が照射されてプロトン移動が起こると,DNA塩基対の複製に誤りが生じる.これが,突然変異変化を引き起こし,癌化の引き金となることが量子化学計算から示唆されている 1–3
日本でもけっこう前に類似の研究はされていまいた。 https://t.co/jneQ6n8VJ7 生体 内における電子 移動 とプ ロ トン移動 (永田 親義,国 立がんセ ンター研究所) がんになりますとは言ってくれなかったが 4ページ この考 えとプ ロ トン移動に よる異性体変化を結びつけた のはLowdinで ある(8
あれ エレクトロンボルトで出てきませんね 分子動力学でやってのですが。 ここに科研費のがありますね。 https://t.co/paJDEm2bzC ありゃコピペさせてくれんな。 たったの10eV https://t.co/nm31QGvwcD
RT @rz733375: @Anti_Jigokudama この論文の主がかなり詳しいようです。 https://t.co/XYqtRHCFHz DSBは、LETの増加に伴って増加または減少しますか?(1)「増加」からのステートメント。 DSBの収量は120keV / µm…
@Anti_Jigokudama この論文の主がかなり詳しいようです。 https://t.co/XYqtRHCFHz DSBは、LETの増加に伴って増加または減少しますか?(1)「増加」からのステートメント。 DSBの収量は120keV / µmに向かって急激に増加し、その後LET値を超えると再び減少します 低線量のDNAクラスター損傷を専門にしてるのではないか
J-STAGE Articles - Does DSB increase or decrease with increasing LET? (1) A statement from the ‘increase’. https://t.co/6PYWEfFv7R
こちら科研費の報告書 忖度なんぞせずにありのままに書いてくれているようにあります。 https://t.co/HX8i1N3IZq ニホンザル400体の死体を回収 よくぞやっていただいた。筋肉中に1キロあたり1000ベクレルですよ。 ページ丸ごと画像にします。 https://t.co/CuGXrMEzZH
RT @rz733375: @Anti_Jigokudama うへ やっぱり難しいですね。児玉龍彦先生の 東大で行った講演ですかね。事故の翌年のものです。 https://t.co/DwQLSkZfSk こちらに応援を頼みましょう。8ページに出てきます。 放射線がDNAを切断す…
@Anti_Jigokudama うへ やっぱり難しいですね。児玉龍彦先生の 東大で行った講演ですかね。事故の翌年のものです。 https://t.co/DwQLSkZfSk こちらに応援を頼みましょう。8ページに出てきます。 放射線がDNAを切断するのは有名ですが、ウランやプルトニウムのような強いアルファ線に限らず、かなり弱い極低エネルギー
@Anti_Jigokudama 現在では被ばく以外の地理的条件,食生活(ヨード摂取量など)が影響すると考えられている20)。 RET/PTC 遺伝子変異説撃沈しました。 えっと引用先 https://t.co/El4jgh8mvX 4ページ右上
@Anti_Jigokudama この論文にムラの学者がちょっとCLIP2を取り上げてますが、引用情報が元さんのものでした。 https://t.co/El4jgh8mvX 原子力安全推進協会 岩井 敏,他 UNSCEAR2017 白書では,ドイツの研究グループが CLIP2 遺伝子*の過剰な発現+が未成年で発生する放射線に関連する甲状腺がんにおいて
@Anti_Jigokudama この人も去年 特集があったのですかね 2020 年 37 巻 2 号 p. 68-77 https://t.co/hbap8Rd91f RAF遺伝子変異は欧米よりも日本,韓国などアジア諸国からの報告でより高率であることから,人種やヨードの摂取量との関係が示唆されている。しかしながら,詳しいことは明らかでは無い。
@Anti_Jigokudama https://t.co/l8fFUT05IT V600Eの遺伝子変異は,甲状腺外浸潤,リンパ節転移,Tステージ進行,再発,ヨード取り込み低下,予後と関与しており,さらに,臨床的に悪性度の高い組織型,PTC由来のATCに認められる。欧米では約50%程度の頻度であるが,我が国含めた東アジアでは約70%とする報告もある。
RT @rz733375: @Anti_Jigokudama これが https://t.co/5e0p3F5pK3 1963 年 3 巻 3 号 p. 130-140 福井博士のノーベル賞が https://t.co/CSW2oPOUse 1981年10月19日のノーベル化学…
@Anti_Jigokudama これが https://t.co/5e0p3F5pK3 1963 年 3 巻 3 号 p. 130-140 福井博士のノーベル賞が https://t.co/CSW2oPOUse 1981年10月19日のノーベル化学賞発表 先ほどの論文中 福井と出てくるのがこの人です。 意外と印象が薄い。 フロンティア分子軌道法は量子化学の本とか読まない限りほとんど知られてない
RT @rz733375: @Anti_Jigokudama ノーベル化学賞をとった福井謙一博士も量子化学の分野で活躍された方ですが、生物学の方にもかかわっていたと言われています。 今でも永田博士の古い論文がけっこう出てきます。 https://t.co/Kxx0R7w5i7
@Anti_Jigokudama ノーベル化学賞をとった福井謙一博士も量子化学の分野で活躍された方ですが、生物学の方にもかかわっていたと言われています。 今でも永田博士の古い論文がけっこう出てきます。 https://t.co/Kxx0R7w5i7
おかしな話だ。科研費使ってチェルノブイリは研究してるのに、なぜ福島をやらない。 https://t.co/10Mfa9Qz72 国際共同研究による甲状腺がん分子疫学調査研究 研究代表者 山下 俊一 長崎大学, 原爆後障害医療研究所, 学長特別補佐 (30200679) 完了 (2019年度) の話です。
#甲状腺がん 山下、光武コンビが事故の前年に出した論文で7番染色体を気にしておりました。 2.放射線被曝と甲状腺発癌 https://t.co/puSdKbuZqe 5ページ さらにNikiforovらは,被曝後早期に発症した症例において,7 番染色体内の再配列であるAKAP9BRAF再配列を同定した6) https://t.co/jYJ8lWxVaE
@Anti_Jigokudama 一回名前の出てきた長崎大 鈴木啓司氏 https://t.co/QSwxTJxSsK 『放射線誘発の発がん変異は被ばく特有のゲノム・エピゲノムシグニチャーを留める』との仮説を証明することを立案した。 方向転換してるような。
@Anti_Jigokudama 光武論文が https://t.co/EPsow3ZlkV 2016年ですか、こっちの方が前だな。 BRAF,RAS変異の頻度が高く,それらの重複はなかった。RET/PTCなどの融合遺伝子は全く検出されなかった。 こっちがサイエンスリポート https://t.co/pM3x8gqtEb
BORAXにこだわり続けていたが https://t.co/yNFLH7ujwo 15ページの左 BORAX実 験 では,冷 却 材の沸騰 によるボイ ドの生成 が大 きな負 の反応度 印加 を もた らし,十 分 に大 きな 自己制御性が ある ことを明 らか にし,さ らに,全炉 心を破壊す る実験 を行 な って安全性の限界 を確認 して

お気に入り一覧(最新100件)

121 121 2 0 OA 骨格筋と炎症

接種後1日。 注射部位周辺の筋肉の軽い張りと痛み。 S蛋白質を生産する筋細胞近辺にマクロファージが集まりサイトカインを放出しているのでしょう
退職されたとなると、こういうのはどうなっちゃうんだろう。 https://t.co/7R1vmKl32v
(甲状腺がん)RET/PTCが放射線照射に特異的とは言えず,RET/PTCは単に若年発症と関連がある可能性が高い https://t.co/kxgPRTUETV
低線量被曝ではDNAが修復されるから影響がない、というのは基本的な誤りです。DNA修復にはエラーがあり、これによってできた変異は元には戻りません。ですから閾値なしが妥当なのです。 https://t.co/oQPPE16dDU
(甲状腺がん)ヨード摂取量が高いとBRAF遺伝子異常の頻度が高くなるという報告がなされ,ヨード摂取量が高いとされる我が国ではこれも注目される. #甲状腺がん https://t.co/kxgPRTUETV
陸軍航空本部の二号研究の最近の知見だと、どうも仁科、竹内らは理論が間違っていたという話。海軍のF研はもっとお粗末でしょ。 「第二次大戦時の日本の原爆開発」山崎正勝(東工大) https://t.co/h3D5aWfrl0 https://t.co/LlFh6ODItO
「福島県の一般市民が着用したマスクから採取した 不溶性セシウム粒子」 これが今年のご発表でした。 あと、除染時の作業員のマスクに付着していた不溶性セシウム粒子についての調査発表。 https://t.co/7g1vyNyI4X
低線量被曝ではDNAが修復されるから影響がない、というのは基本的な誤りです。DNA修復にはエラーがあり、これによってできた変異は元には戻りません。ですから閾値なしが妥当なのです。 https://t.co/oQPPE16dDU

フォロー(584ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(551ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)