rz733375 (@rz733375)

投稿一覧(最新100件)

見つかりました。科研費サイトの方にあった。 https://t.co/5JFHpbGRZV ここを強調 内部被ばくで100Gyです。おおごとです。 原爆入市被曝と同様のことが、フクシマでも起きていないか? https://t.co/P1fRxhnYrS https://t.co/iKhgwYhV5a
および点突然変異(※BRAF ならびに※RAS 遺伝子点突然変異)がよく知られている。 あと光武氏の論文 https://t.co/ppAXQMoqnQ PTC発生に関わるドライバー変異は,mitogen-activated protein kinase(MAPK)経路と呼ばれる細胞内シグナル伝達経路を恒常的に活性化する変異が主である[2]。
MAPキナーゼは甲状腺がんにも深い関係があって、あのサイエンス モートン論文でも出てきますが、とりあえすこちら https://t.co/Dgg72uT3QM MAPキナーゼカスケードは各種細胞において細胞増殖や分化に重要な役割を果たす。そこでヒト甲状腺腫瘍組織におけるMAPキナーゼ(MAPK),その上流に存在する
この研究は原子力村を意識していないかな https://t.co/9f8IIhQaLX 1320万ですかけっこうな額 コピーがだめっぽいのでが、欧米との違いは常に出てくるから、BRAFの点突然変異(BRAFV600E)がメインの比較だけで、被曝が原因であることの否定はできないはずだが。 https://t.co/eY2K11LlhU
鈴木真一さんが今年こんなのを書いておりました。 https://t.co/fYkFeB7oOV 表 1 . 福島での検診後発見された小児若年者甲状腺癌の遺伝子変異について ETV6/NTRK3 SQSTM1/NTRK3 TPR/NTRAK1 それぞれありますね。これくらいなら問題ないということか? 本文では触れてないですねえ。
https://t.co/BXcZSMPRr6 県立医大の報告 NTRK遺伝子のところ 散発性小児若年者甲状腺癌では8.5~25%と高率に認められる NTRK融合遺伝子はチェルノブイリ原発事故後の小児甲状腺癌で3.8~13.8%認められた なんかおかしいような気がするんだが
光武さん 日本語で出しているが https://t.co/5zZ1G8XPpc にMAPK経路けっこう出てきているが、気を付けて書いているのかな。
環境省のサイトなのですが、 2-7 不溶性セシウム粒子による生物影響の解明に向けた分野横断的共同研究 鈴木 正敏 これも気になるところです。 それと最初の 放射線誘発小児甲状腺がんの特異性に関する実証研究 これは金 小海氏 この方CLIP2で思い出した。 これ https://t.co/eWYdThRLCj
あれ 光武論文にも出てきてますね https://t.co/KeRJiWq9J5 DICER1は,一般的にはmiRNA(マイクロRNA,mRNAからタンパク質への翻訳を阻害する小分子)のプロセッシングを行う酵素で,その生成に影響を与えるとされる。 ドライバー変異候補か
RT @SciCom_hayashi: オープンアクセスとのこと。ご活用ください。 ● シンポジウム「放射線防護とは何か――ICRP勧告の歴史と福島原発事故の教訓」 藤岡毅・柿原泰・高橋博子・瀬川嘉之・濱岡豊・上田昌文 『科学史研究』第60巻298号(2021年7月)、150-…
RT @SciCom_hayashi: オープンアクセスとのこと。ご活用ください。 ● シンポジウム「放射線防護とは何か――ICRP勧告の歴史と福島原発事故の教訓」 藤岡毅・柿原泰・高橋博子・瀬川嘉之・濱岡豊・上田昌文 『科学史研究』第60巻298号(2021年7月)、150-…
ウィルケ論文の結果のところ hsa-miR-26b-5p 発現の増加は放射線被曝に関連している TRPS1タンパク質発現の減少は放射線被ばくと関連している このふたつでシンプルなのですが、どうも似たような手法で甲状腺癌の分析をしているのが、長崎大学の科研費研究 https://t.co/K7cU1wCrxE
先ほどの両方の論文の中で炭化水素が出てきたので、HOMO,LUMOは調べてみたのですが、比較するタンパク質 Masonら は蛋白質のエネルギー帯 具体的になにかがわからなかったので、永田論文を追うと第4回の量子生物学の記事に出てくると https://t.co/lpIlGpN54U
も前進してませんが、こういう応用事例が見つかりました。 https://t.co/uP81YNH8hE 1973 年けっこう古い あれ 不思議と永田、福井の名前が出てきませんね。 1. K領 域 とL領 域 あたりは量子化学入門の下巻にも出てきます。
使い方忘れてしまいそう。 それはさておきフロンティア軌道で発がんのメカニズムを考えるというのが究極の目的なのですが、何度も見ている永田博士のここ https://t.co/AQRzd8guNb 4㌻の そ の値 が3.04eVと3.43eVの 間にある ものに発 がん性がみられ これがほんと不思議と感心するばかりでひとつ
量子生物学的立場からみた金属酵素 https://t.co/cfi8C5IxKf 昭和51年といえば1976年ですか 永田博士の論文 本にも出てきてはおるけど、ちょっと難解 こちらも HOMO-LUMO の応用な感じですか https://t.co/7sgZfxwQSr 色素増感太陽電池研究 さらに難解
量子生物学的立場からみた金属酵素 https://t.co/cfi8C5IxKf 昭和51年といえば1976年ですか 永田博士の論文 本にも出てきてはおるけど、ちょっと難解 こちらも HOMO-LUMO の応用な感じですか https://t.co/7sgZfxwQSr 色素増感太陽電池研究 さらに難解
代表的なのはこれかな https://t.co/Iymo66ff2w 放射線発がんの主経路は染色体異数化を起源とする そう 放射線によって誘導される DNA 損傷を起源としない発がん経路で起きている現象は,自然発がん経路で起きている現象と区別することができない。 これで逃げ切れると思っていたのでしょう。
続きを何かかこうとしていたのだが 科研費の成果論文の中で https://t.co/i8SwNu0SiA 比較的新しものの中の https://t.co/aASdYS2Fxx 参照論文18番が 18.Unger K、Malisch E、Thomas G、Braselmann H、Walch A、他。(2008) アレイ CGH は、RET/PTC によって支配されるヒト甲状腺乳頭癌における特徴的
そうだとすれば、これまで山下氏らが述べてきた「健康被害はない」という立場と大きく異なるのではないか? この科研費でしょうが、みごとに政権をまたいでおります。 https://t.co/i8SwNu0SiA
こういうところがあったので、勉強してみます。 https://t.co/T20Ytkecww 密度汎関数法による水和したDNAの電子状態解析: DNA副溝内の水和水がHOMOに与える影響 密度汎関数の本はどれも高くて、なかなか手が出ないのですが、 https://t.co/g4cvyLTzSQ 全部が密度汎関数ではないけど、値段は手ごろか
基底関数の個数の3〜4乗に比例して計算時間が増大 これだったんですねえ。六角形が多すぎたか。 Facioのこの見え方に慣れたら、なかなかMoCalcにシフトしようと思っても二の足を踏む。 ただFacioも密度汎関数(DFT)に対応しているとなっているのですが、 https://t.co/rhhuJZr6mS https://t.co/elQsrvMsym

4 0 0 0 OA 中篇

お こういうわかり安いところが出てきた。 https://t.co/JdoPqSZlOU ”SNP 一塩基多型 放射線感受性”でググりましたが 放射線治療なので医療被曝側からの研究ですが。 これも印刷してみてみましょう。
先ほどの科研費はコピペができなかったので、おちら。 https://t.co/1YOT7wRaEI 化学物質のリスク評価方法は現在大きな転換を求められている。 放射線のリスク評価が広島・長崎の原爆生存者調査という膨大なヒトのデータに基づいているのに対し、化学物質のリスク評価の多くは動物実験に頼ってきた。
細胞の染色体異常試験に基づいたベンゼン誘発白血病のリスク評価 というのを見つけましたが、化学物質による白血病、発癌のリスク評価を放射線等価係数で計算するという試み。 結構前なので、今どうなっているか追ってませんが。 あのコンパートメントモデルはやめてほしい。 https://t.co/1pKq9FzNQO
先ほどの県立医大の論文 https://t.co/3A6gVoIN8w 3㌻の TERT(Telomerase reverse transcriptase) は 染 色 体のテロメアを伸長させるテロメラーゼを構成する分子である。TERTプロモーター変異の部位は主に2カ所あり,C228TとC250Tである。 TERTが重要なんでしょう。去年の論文なので、20年前の
PDF https://t.co/3A6gVoIN8w テロメアは一か所だけかな。
甲状腺癌 テロメア 放射線 を探す。 一回は見たような https://t.co/BXcZSN6Ut6 鈴木 眞一さんもおります。 TERT(Telomerase reverse transcriptase)は染色体のテロメアを伸長させるテロメラーゼを構成する分子である。
へ 後継者がいたのか https://t.co/yhH8z7GYRA 動物X線CTによる頭部及び全身照射がマウス造血幹細胞の変異に与える経時変化の比較 もうマウスはいいので人間のケースを探すとありました。 https://t.co/uZeU696es6
で これか 全体がわかりませんが https://t.co/tT5jPhqa1m AMLを起こしたマウスの造血幹細胞では2番染色体の欠損およびその染色体に存在するSfpi1遺伝子の突然変異が確認されており、これらは骨髄の分化に重要な役割を持つPU.1の転写を抑制してAMLの発症に至ることが考えられている。
どうも解せないのがこの科研費 https://t.co/wKWD0rkTAq 実績の中にこのサイエンス論文がある。 https://t.co/exmMozhyEO 目ん玉ひんむいて、この科研費メンバーが著者にいるか見ているが、日本人の名前は馬淵氏のみ サエンコとかも出てこない。 データだけ提供したのか? https://t.co/k5tH7g3dwV
割と新しい科研費研究 これも長崎大学ですが https://t.co/wKWD0rkTAq 福島第一原発事故後,若年者の甲状腺スクリーニングは世界で初め実施され予想を越える甲状腺癌症例が発見された。その甲状腺癌の増加が放射線の影響かスクリーニング効果か結論は出ていない。
伴氏の論文がリンク切れしておりますが https://t.co/VcXpywgbMR 白血病ならこの時のでしょうね https://t.co/tT5jPhqa1m あの甲斐 倫明 大先生とごいっしょですね。 https://t.co/OCKSUoEi5S 1998年(平成10年)4月 大分県立看護科学大学看護学部講師 この時期
発現が相関することが 示唆された。 こっちにもありました。 https://t.co/verfHFsH5W
やはりSODは放射線感受性と関係がありましたね。 https://t.co/gz8WrU0ZVt superoxide dismutase(SOD)の局在からみた放射線感受性の検討 マウス培養細胞株のうち腺癌は扁平上皮癌に比しSODの発現が高く,また婦人科悪牲腫瘍のなかで も腺癌にSODの強い発現が観 察され ,組識の放射線感受性の 差とSODの
この韓国論文だと p53の過剰発現と訳されますので、癌になる前は、抑止機能としてp53は発現するのでしょう。 問題は遺伝子変異の場合 https://t.co/hbap8Rd91f 癌抑制遺伝子のp16,p53の欠失 TP53はp53をコードする癌抑制遺伝子で,その変異は通常の乳頭癌では稀であるが,低分化癌では30%に陽性
https://t.co/sIQkmiKmc5 こんな論文が出てきました。HOMO,LUMOも出てくるが、PDBファイルとかがわからんので試せるかどうか? まあ手掛かりにはなるかな
https://t.co/z1pgwOKwAV 日本の薬剤師は無理でもこれが 千葉科学大学薬学部薬学科では2008年に初めて韓国人留学生が入学した後,韓国人留学生の入学者が増加し,現在の在学人数は80人に達している.また,韓国で薬剤師になるためには、薬学系大学を卒業してから薬剤師国家試験に合格しなければならない。
なんどか見てきた永田博士の https://t.co/AQRzd8guNb 4ページの いくらかの例外はあるが,そ の値 が3.04eVと3.43eVの 間にある ものに発 がん性がみ られ,こ の条 件を充 たさない ものは発がん性をもたない とい う整理則 を見いだ した. これはけっこう低エネルギーによる発ガン
お https://t.co/fzpLnxPWT3 染色体分配における新規核蛋白質p35の機能解析 p53ではなかったけど、先ほどの記事に チェリノブイリの若年甲状腺がんの解析から、放射線による甲状腺がんに特異的な遺伝子マカー(CLIP2, PMS2L11, PMS2L3, STAG3L3)、フィンガープリントをドイツのグループが発見した。
2016年のこの論文では結構出てくる。 https://t.co/jDrpo9eM07 まあ未分化がんが対象なので必然的に多くなるのか?
渡邉氏の名前がでてきたのでこちらに https://t.co/xkvCarkboR 一回見てはいるのだが、鈴木啓司氏とは年齢差があるはずだが、長崎大薬学部の頃の論文ですね。 p53が良く出てくる論文です。 低線量が0.1Gy 100mGyですか。 そうやって既成事実を積み上げて、100mSv以下は心配ないと言ってきたのかな
ベータ線ならトリチウムでも二本鎖切断がある。 https://t.co/0MplYnula4 トリチウムからのβ線による DNA 二重鎖切断の定量的評価 こっちもあったか https://t.co/pazP56HlXS 核融合研究の方が進んでいる
ベータ線ならトリチウムでも二本鎖切断がある。 https://t.co/0MplYnula4 トリチウムからのβ線による DNA 二重鎖切断の定量的評価 こっちもあったか https://t.co/pazP56HlXS 核融合研究の方が進んでいる
突然変異と形質転換を引き起こす放射線誘導長命ラジカル」 これはよく見ていた表現でしたので https://t.co/7dfqNxgFJS 室温で20時間程度の寿命を持つ超寿命ラジカル 渡邉 正己 に間違いないでしょう。
https://t.co/fhUWB87b7z これが元で 6㌻目の右 Although we have not yet evaluated the gene abnormalities in these thyroid cancer tissues, a high prevalence of RET rearrangement and mutations in the p53 tumor suppressor gene in thyroid tumors of children from Belarus after the
先ほどの日本医科大 3.甲状腺未分化癌 ( anaplastic thyroid carcinoma) 甲状腺未分化癌が診断されると,現在のところいかなる治療にも抵抗し,診断から平均 6 ヵ月で死亡する これは重篤だ。福島では低分化がんの人はひとりいるようですが https://t.co/hzYcbDeUb4 いや3人か 3例が低分化癌
これも追加だ https://t.co/fbo2m6orjz 加藤 良平 https://t.co/KPs2zucFFT 伊藤病院の加藤良平病理診断科長 あれ 論文は山梨大学大学院総合研究部医学域 同姓同名? 遺伝子検査はコストの面がクリアーすることができれば,診断面では有用な情報を得ることができる。
おっとあと一つが光武氏 https://t.co/jDrpo9eM07 2016年にも書いておりました。 未分化癌で頻度が上昇している遺伝子変異は,TP53とTERTプロモーター変異が約70%で最も多く という感じでp53が結構出てくる この研究だけ全エクソンに対するシークエンスを行っているため,
時期的には県立医大のこれとあまり変わってないのだが https://t.co/BXcZSN6Ut6 福島原発事故後の小児若年者甲状腺癌では,20代以上が多く含まれているため全体としてBRAFV600E変異は69.6%であった。 BRAFV600Eに拘ってますねえ
昨日見つけた関連論文 https://t.co/BXcZSN6Ut6 https://t.co/jDrpo9eM07 https://t.co/tGRLHa4LTN 最後の これに対して小児PTCsは成人例に比べて遠隔転移が高頻度に認められるにもかかわらず,予後が比較的良好であることが特徴である. そこで小児PTCsにおけるBRAF遺伝子異常の頻度を検討した. https://t.co/w1gmC36sCb
昨日見つけた関連論文 https://t.co/BXcZSN6Ut6 https://t.co/jDrpo9eM07 https://t.co/tGRLHa4LTN 最後の これに対して小児PTCsは成人例に比べて遠隔転移が高頻度に認められるにもかかわらず,予後が比較的良好であることが特徴である. そこで小児PTCsにおけるBRAF遺伝子異常の頻度を検討した. https://t.co/w1gmC36sCb
https://t.co/wTwyr7JaTo 研究期間 (年度)1996 – 1997 放射線照射後に、p53タンパクが細胞内で増加することを認め、p53依存性アポトーシスが誘導されない理由を解明するために、p53下流で転写活性の調節を受けている遺伝子群(Bcl-2,Fas,Bax,GADD45,Wafl)について、その発現を調べた。
時期的に大差ないので長崎大学が科研費でこんな研究するのも頷ける https://t.co/fza9bp8e31
https://t.co/fhUWB87b7z 山下じいさん 論文 引用先はこれのようです。 https://t.co/vKUWGlOX09 https://t.co/X6f9Va7dEJ
RT @rz733375: はい これですね。 https://t.co/fhUWB7Q85z 英語でした。Deeplにやってもらいましたが 概要の一部ですが ベラルーシでは全例が乳頭癌であり、日本では33例が乳頭癌、4例が濾胞癌であったが、ベラルーシでは全例が乳頭癌であった…
げげ 事故前は長崎大学も科研費でこんな研究していました。 https://t.co/RMp1jA6dZb いくつかの突然変異したp53遺伝子を人工的に作成し、Saos-2細胞(p53遺伝子が欠失している骨肉腫細胞)に導入した。また、コントロールとして正常p53遺伝子をLacSwitchの系を用いて細胞に導入した。
絶対ハードネスとは、あの最大ハードネスとは違うのか? こんなのが出てきた。 https://t.co/nxlkemaQdS 半経験的分子軌道法(PM3 法)により HOMO エネルギー,LUMO エネルギー,イオン化ポテンシャル(IP),絶対ハードネス(η),絶対電気陰性度(chemical potential,χ),
この論文の続きはここか https://t.co/9g23Da27X3 黒田玲子氏けっこう有名な教授でした。 https://t.co/BKyYvYLhIC それはさておき中身 1) DNAの 塩 基 と共 有 結 合 を 作 る. 2) DNAの 塩 基 対 の 間 に イ ンタ ー カ レー トする. 3) DNAのgrooveに 入 る. 4) DNA鎖 を 切 断 す る.
と まあこの辺はじっくりやっていくとしますか。フラグメント分子軌道でこのあたりを追いかけきれたらいいのでしょうが、まあ、夢物語か? 共有結合のイメージがえきにくいのでしょうが、 黒田玲子 著 · 1987 でそれほど新しくはないが https://t.co/9g23Da27X3 1. DNAと 共 有 結 合 の形 成
さてこの論文によると https://t.co/Z6maHKLi7B DNAと共有結合した物質がN-OH-2-ANであるというのが、3㌻に出てきます。 hydroxy-2-aminonaphthaleneが正式名称 こういうデータベースがあった。 https://t.co/VQ14PxQ6bR この論文が引用論文のような https://t.co/D3gegelS57
トリチウムもこれがありましたね。 https://t.co/FVuw9YPnB9 低レベル・トリチウムの遺伝的効果について 特に 染色体異常を中心に こちら詳しく書かれています。 https://t.co/S244KDIoP0
今のところベンツピレンにこだわっておりますが、ベンツピレンから生成されたフリーラジカルが、DNAと共有結合して固く結びつくということが、永田博士のブルーバックスに書かれているからです。 ”ベンツピレン フリーラジカル DNA共有結合”でググるとあるもんですねえ。 https://t.co/Z6maHKLi7B
https://t.co/m81AqSh4zA そのうちフロンティア軌道[2]と呼ばれる 2 つの MO と、その軌道エネルギーの解析が、さまざま な化学反応のメカニズムを理論的に解明する際に重要となる。
まあ気にしても仕方ないかと思ったが、こんなのが出てきたので読むとしますか https://t.co/fJu06MNnqr CNDO/2というのはCNDO/Sの前のバージョンか
ここに科研費の報告 https://t.co/3zlUsYYtk0 放射線誘発甲状腺がん感受性遺伝子の同定 方向性はまちがってないと思います。 昨日のウィキペディア https://t.co/2wCRy7XQaP 個人差の典型例で
ファンコニ貧血A(FancA)がCLIP2のような感じか? こんなのが https://t.co/nB16D7oRpA
もひとつ https://t.co/l8fFUTieX1 どちらも2020年 これに22q欠失を組み合わせてチェルノブイリ被曝と断定したのかな?
モートン論文のキモは MAPK経路かな https://t.co/0iqX9Lq1Ru 癌原遺伝子であるc-Raf-1の下流に位置することから想像されるように、古典的MAPKカスケードの持続的な活性化は細胞のがん化へと繋がる。 こんな論文も https://t.co/hbap8QW5Zf
この科研費の成果論文に上がっていました、 https://t.co/wKWD0rD2Oy フクシマ甲状腺がん原発事故被ばく原因否定論文でしょう。 https://t.co/k571tTPYFA https://t.co/AieZ2qnyDv
RT @YuriHiranuma: 鈴木眞一氏も、「一生取らなくていい可能性のあるラテント癌の大半が5mm以下である」ことから、「5mm以下の結節は二次検査にならない」ようにし、「過剰診断にならないように,検診の基準を設定した」と書かれている。 https://t.co/wha…
さて 元に戻して、Hürthle cell cancerでググると意外と古い日本語論文がヒットします。 https://t.co/vKhqpw2ojA 甲状腺好酸性細胞腫と邦訳したのかな 発症頻度 は甲状腺腫瘍初回手術症例の2.4%に みられ,全 例女性であ った.年 齢 は38歳 か ら66歳 の平均53.8歳 であった. 福島の原告の皆さんは
ほう 見てみるもんだ。 科研費の研究成果の論文の中に https://t.co/xG1VUevDIJ WHOの組織学的分類と甲状腺細胞診のベセスダシステムの違いに特に焦点を当てた、甲状腺がんの説明に関する日本の一般規則の組織学的分類と細胞診報告形式の紹介 があります。過剰診断論者の皆さん しかと見てください
ちょっと横道それ気味になりますが、こちらの科研費に https://t.co/wKWD0rD2Oy 研究成果の中に出てくるのです。画像にしましょうか。著者の中にだれかいたのですかねえ。 研究機関独立行政法人国立病院機構(長崎医療センター臨床研究センター) やっぱ長崎大学なんですねえ https://t.co/TK7bVyc11A
ちょっと長いので読み切れていませんが https://t.co/4jFfidPD8I 2μmのAタイプが単体で捕捉されたのかどうか? https://t.co/ws9v0kNCOv
@SciCom_hayashi @namiekuwabara @gun_koma_nsr @nnago @junmurot 思い出したときに書いておかないと https://t.co/GQwaTx2n32 本多論文の187㌻ 12枚目の右下あたり ”2011年3月11日時点の各放射性微粒子中の131I量は43.6‒82.6 Bqと見積もられた。” Miyake et al., 2015からでしょうか 1粒子あたりということになると、2兆個ではかなりな数字になります。
@SciCom_hayashi @namiekuwabara @gun_koma_nsr @nnago @junmurot 大野論文はまだ読めてなかったのですが https://t.co/SJTYHix44L 謝 辞 村松研究室の助教として着任し,先生から大学教員・研究者としての振る舞い方について,多くのことを学ぶ機会を頂きました。 なのでこの学習院の大野 剛氏のを読めばいろいろわかってくるのかもしれません。
@SciCom_hayashi @namiekuwabara @gun_koma_nsr @nnago @junmurot 学習院大学の大野教授による総説が同誌に寄稿されたので,そちらもご一読いただきたい(大野,2020) これも重要そうな感じです。 https://t.co/8sAotEJyBl
@SciCom_hayashi @namiekuwabara @gun_koma_nsr @nnago @junmurot それで Cesium-containing particulates Iodine-129 で英語で検索すると出てきたのが https://t.co/GQwaTx2n32 福島第一原子力発電所事故後10年間の陸域における129Iの研究成果まとめ 本多真紀さん 同位体・環境動態研究センターと訳される、どこだこれは。 ちょっとまだ読めていませんので、後程
さてチミン二量体の線で続けますと、なんと近藤宗平御大の70年代の論文が出てきた。 https://t.co/vcqXlDBX31 おさらいですが、この方 https://t.co/IVW1Hi89r2 長いけど 線形非閾値モデル(LNTモデル)を採用している国際放射線防護委員会(ICRP)を批判し[7]、放射線は少しであれば、
割と早く終わったか。 SOMOがよくわかっておりませんが、見た感じ大きな違いはなさそう。 https://t.co/PUIcQh1wYp 3㌻です。 https://t.co/YNzoTpRj8g
おっとPDF https://t.co/PUIcQh1wYp 最初から作った方が早そうな感じですね。
RT @rz733375: @Anti_Jigokudama こういうタイトルの科研費研究もあるのだが https://t.co/puExTrj1iK 被ばく被害の国際比較研究:セミパラチンスク、チェルノブイリ、広島・長崎、福島 福島も入る。内容的には社会科学的考察のようです…
@Anti_Jigokudama こういうタイトルの科研費研究もあるのだが https://t.co/puExTrj1iK 被ばく被害の国際比較研究:セミパラチンスク、チェルノブイリ、広島・長崎、福島 福島も入る。内容的には社会科学的考察のようですが2019年の [雑誌論文] 福島原発事故による放射能汚染の健康影響はほんとうに軽微なのか?
七條さんではないが、マンガンの微粒子 https://t.co/5JFHpbpOXV 内部被ばくの肺の場合、外部被曝の20倍影響が大きい
はいこの中のメンバーにおります。 https://t.co/aMDqqE5NWt 七條 和子 さんの詳しいのがあったと思います。 https://t.co/Ds28qdQZ1C
レーディン説の検討もsておりました。 https://t.co/QeMtPLIP7S グアニン-シトシンペアの互変異性変化が生じ、アデニン-チミンペアの水素結合強度を弱めると考えられています。
永田氏は、何度か出してきたここで https://t.co/T7dTFqMjSg そ の値 が3.04eVと3.43eVの 間にある ものに発 がん性がみ られ,この条 件を充 たさない ものは発がん性を もたない とい う整理則 を見いだ した. これはエネルギーバンド説で、レーディンさんの説とは違いますが、
日本でも果敢に挑んでいた人たちもいたのですがね https://t.co/QeMtPLIP7S https://t.co/WNkCq5FkgJ これ同じ号の違う㌻だったんですねえ。 メンバーも 永田 親義, 今村 詮, 斉藤 肇, 福井 謙一 ただこの時 純粋に量子力学的に解明しようとしていたら、福井教授のノーベル化学賞受賞はなかったかも
日本でも果敢に挑んでいた人たちもいたのですがね https://t.co/QeMtPLIP7S https://t.co/WNkCq5FkgJ これ同じ号の違う㌻だったんですねえ。 メンバーも 永田 親義, 今村 詮, 斉藤 肇, 福井 謙一 ただこの時 純粋に量子力学的に解明しようとしていたら、福井教授のノーベル化学賞受賞はなかったかも
どうでもいい話ながら、ATPとフロンティア軌道でググって出てきた、おそらく最古のものと思われますが https://t.co/GvEZZcADCn 内容は古本を買った”量子力学入門 下”の最後の章に出てくるものとかぶるのですが、この方著者のメンバーには入っていない。 9㌻に とくに福井 らはフロンティア電子理論を
密度汎関数法でのHOMO,LUMOこういうところがありましたが https://t.co/yUkEx4fHKG 4㌻にATPのサンプルがあるが、Facioでやったのと似てますね。 ま これはこれで参考になる。 2006年のものですが、Gaussian使っているのでしょうね。

10 0 0 0 OA 甲状腺と放射線

さてこっちの論文 https://t.co/KfvqDl9t1Y 元々 山下、長瀧御大も https://t.co/CEOPxPJXLD この論文で イオン化放射線によるDNA損傷は種々のフリーラジカル(水の励起反応とイオン化)によるが,結果と して塩基損傷,DNA1本鎖や2本鎖の切断,糖損傷な どが発生し,同時に種々の修復機構のエラーや損傷 が
こういう研究もされてますが、トリチウムですね。 富山大にもエキスパートがいましたね。 https://t.co/JAWMbtMG5J (3) DNA分子置換が生じた後に、DNA損傷に至る過程を分子動力学計算で評価を行なっている。
ちょっと古いがここでは https://t.co/3EXI0jm4IZ モンテカルロシミュレーション DNAのクラスター損傷についてはけっこう長く研究を続けてますね。
ここでは https://t.co/lGdwHliRTx 分子動力学計算 MDですね。
昨日こういうところを見つけておりました。 https://t.co/1GUlThrImM これらの分子について、ハートリーホック法及びSAC-CI法により量子化学計算を実施したところ、上述の分光実験結果から得られたエネルギー準位とは大きな違いを生じることが分かった。 これが分子軌道法なのですが,横谷さん技が多い
ここにありますね。 https://t.co/Y59xxM8kb8 PDFもダウンロードできます。 概要 を改めて ベラルーシでの小児甲状腺がんの発生率が高いのは、チェルノブイリ原子炉事故後の放射線被曝が原因であると考えられています。 https://t.co/jw8fhrnxCo
はい これですね。 https://t.co/fhUWB7Q85z 英語でした。Deeplにやってもらいましたが 概要の一部ですが ベラルーシでは全例が乳頭癌であり、日本では33例が乳頭癌、4例が濾胞癌であったが、ベラルーシでは全例が乳頭癌であった。濾胞癌であった。 https://t.co/3KvMCA4NTs

お気に入り一覧(最新100件)

オープンアクセスとのこと。ご活用ください。 ● シンポジウム「放射線防護とは何か――ICRP勧告の歴史と福島原発事故の教訓」 藤岡毅・柿原泰・高橋博子・瀬川嘉之・濱岡豊・上田昌文 『科学史研究』第60巻298号(2021年7月)、150-174頁。 https://t.co/zkXFvtPqUL https://t.co/6eakyLH0Dz
オープンアクセスとのこと。ご活用ください。 ● シンポジウム「放射線防護とは何か――ICRP勧告の歴史と福島原発事故の教訓」 藤岡毅・柿原泰・高橋博子・瀬川嘉之・濱岡豊・上田昌文 『科学史研究』第60巻298号(2021年7月)、150-174頁。 https://t.co/zkXFvtPqUL https://t.co/6eakyLH0Dz
#チョルノービリ(小児)甲状腺腫瘍 驚くほど早く短い潜伏期間で発症(山下俊一氏他) https://t.co/Z3tPwdCOW2 2021年 事故時0歳と2歳が甲状腺がん https://t.co/0dOBKPF1Ut 2020年 福島小児甲状腺がん180症例報告 「過剰診断」否定 https://t.co/RxRpmiKZI4 大人の”自然な”甲状腺がんを早期発見? #脱原発 https://t.co/dvM5Fu6ijg
@namiekuwabara 残念ですが出ないはずないです... リンク先が違ってました。すみません。 1998年日本とベラルーシ比較 #Childhood #Thyroid #Cancer:Comparison of #Japan& #Belarus https://t.co/Z3tPwdCOW2 P204 山下・長瀧氏ら「#チョルノービリ 小児甲状腺がん 驚くほど早く短い潜伏期間で発症」 #チェルノブイリ
低線量被曝ではDNAが修復されるから影響がない、というのは基本的な誤りです。DNA修復にはエラーがあり、これによってできた変異は元には戻りません。ですから閾値なしが妥当なのです。 https://t.co/oQPPE0PaBU
福島小児甲状腺がん問題について、きちんとした疫学専門家の見解はこちらで読むことができます。 福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 https://t.co/v80s3caW4K
(甲状腺がん)ヨード摂取量が高いとBRAF遺伝子異常の頻度が高くなるという報告がなされ,ヨード摂取量が高いとされる我が国ではこれも注目される. #甲状腺がん https://t.co/kxgPRUcO83
(甲状腺がん)BRAF遺伝子異常は臨床上も悪性度と相関があるとする報告があり,特に甲状腺外浸潤,リンパ節転移,進行度,再発率との関連が報告されている  #甲状腺がん https://t.co/kxgPRUcO83
(甲状腺がん)RET/PTCが放射線照射に特異的とは言えず,RET/PTCは単に若年発症と関連がある可能性が高い https://t.co/kxgPRUcO83
一次検査の判定基準,二次検査の精査基準 さらに手術適応基準から,超音波検診による不利益は極めて少ない。以上より,放射線被曝という特殊状況下で検診を余儀なくされたにも関わらず,厳格な基準を設定し これを遵守しながら実施することで,過剰診断の不利益を極力回避。 https://t.co/ydaSy7Rt9D
以下はこの道の専門家(前東大教授・TVにも出演)に教えてもらいました。『関東にも到達したいわゆる「セシウムボール」とは別のタイプのものです。かなり早い段階で、2つのタイプの高セシウム濃度粒子があることは知られており、それらを整理した代表的な論文が以下』 https://t.co/XHoeOQoWKN https://t.co/dgbg7uBTHG
『過剰診断(overdiagnosis)の定義と過剰手術(oversurgery)/過剰治療(overtreatment)の用法:病理医と疫学者の見解の差異』 https://t.co/f3nfdXYct3 過剰診断とは状態に介入する行為の合理性を定義したものなんで行為を正当化するだけじゃダメなんです。余命に収束する状態の変化を論じないと
https://t.co/TzlEFSckNh 「沈黙を余儀なくされてきた」東電甲状腺がん訴訟で弁護団が会見 27日に提訴へ--この問題についての私の主張は「学術の動向」に書いた https://t.co/EWchsspQV0「ただちに健康に影響はありません」から「放射線被ばくの間の関連は認められない」まで ──被曝評価と科学
[記事1]ほか 日立とGE、カナダで小型原子炉を受注 「脱炭素」の利点強調 2021年12月3日(金) 朝日新聞 豊崎博光 棄てられる日本と世界のヒバクシャ 2006年 https://t.co/HNUM4QbOR8 川根眞也 facebook https://t.co/tNM8e2fHAr https://t.co/GERqHztaVL
「#チェルノブイリ の甲状腺腫瘍は驚くほど早く短い潜伏期間で発症」(山下俊一氏ら)https://t.co/Ar5DA3KEGF p204 原発事故時0歳と2歳が甲状腺がん〜福島健康調査 https://t.co/0dOBKPW4Wt 大人の”自然な”甲状腺がんを早期発見した過剰診断、なわけないでしょう? #衆院選 #脱原発 #脱棄民 #子供

123 0 0 0 OA 骨格筋と炎症

接種後1日。 注射部位周辺の筋肉の軽い張りと痛み。 S蛋白質を生産する筋細胞近辺にマクロファージが集まりサイトカインを放出しているのでしょう
退職されたとなると、こういうのはどうなっちゃうんだろう。 https://t.co/7R1vmKl32v
鈴木眞一氏も、「一生取らなくていい可能性のあるラテント癌の大半が5mm以下である」ことから、「5mm以下の結節は二次検査にならない」ようにし、「過剰診断にならないように,検診の基準を設定した」と書かれている。 https://t.co/whastrAQLR
(甲状腺がん)RET/PTCが放射線照射に特異的とは言えず,RET/PTCは単に若年発症と関連がある可能性が高い https://t.co/kxgPRTUETV
低線量被曝ではDNAが修復されるから影響がない、というのは基本的な誤りです。DNA修復にはエラーがあり、これによってできた変異は元には戻りません。ですから閾値なしが妥当なのです。 https://t.co/oQPPE16dDU
(甲状腺がん)ヨード摂取量が高いとBRAF遺伝子異常の頻度が高くなるという報告がなされ,ヨード摂取量が高いとされる我が国ではこれも注目される. #甲状腺がん https://t.co/kxgPRTUETV
陸軍航空本部の二号研究の最近の知見だと、どうも仁科、竹内らは理論が間違っていたという話。海軍のF研はもっとお粗末でしょ。 「第二次大戦時の日本の原爆開発」山崎正勝(東工大) https://t.co/h3D5aWfrl0 https://t.co/LlFh6ODItO
「福島県の一般市民が着用したマスクから採取した 不溶性セシウム粒子」 これが今年のご発表でした。 あと、除染時の作業員のマスクに付着していた不溶性セシウム粒子についての調査発表。 https://t.co/7g1vyNyI4X
低線量被曝ではDNAが修復されるから影響がない、というのは基本的な誤りです。DNA修復にはエラーがあり、これによってできた変異は元には戻りません。ですから閾値なしが妥当なのです。 https://t.co/oQPPE16dDU

フォロー(620ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(601ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)