rz733375 (@rz733375)

投稿一覧(最新100件)

@lisamayu0317 階層ベイズ難しいですねえ。 入門書でもMCMCの次に説明が来る。 ちょい昔なら”サルでもわかる”ナントカがけっこうあったが「サルでもわかる階層ベイズ」というのはそうそう見つからない。 この久保先生の説明はわかりやすいと評判ではありますが https://t.co/kM85sBLFMI 10ページもあるのか
ちょっとこの流れを https://t.co/Udf0USNlgk 原子炉ドシメトリーとは,原子炉の材料や機器に対する放射線(特に,中性子)照射効果を定量的に計測・評価する技術である。 ドシメトリーという言葉は目にしtいましたが、こういう意味だったんですねえ。一度目は通しましたが、難しい用語が多い。
断面積という表現ながらこれも確率の一種 https://t.co/QEff0Q7Qyw 中性子が核と反応する確率に相当する概念「断面積」を導入する。 あれ マルコフ連鎖出てきたぞ https://t.co/Udf0USNlgk 二か所ですが、4ページと8ページ MIEKEというコード
昨日は寒さに負けないように年越し大掃除で窓ふきをはじめたので、途中でやめてましたが、一昨日見つけた博士論文で放射線粒子輸送シミュレーションの研究の中でMCMCが出てきておりました。 https://t.co/pI7lloFOIy 37ページ Markov chain Monte Carlo (MCMC) 法を用いた Bayesian curve fitting に
ここですっきりまとめられてはいますが、数式部分はやっぱしんどい https://t.co/rJKqmq3Nfm モンテカルロ法の前線 拡張アンサンブル法によるタンパク質の折り畳みシミュレーション はここですね https://t.co/fysohuZHsj
地震学ではわりとベイズは使われていたのか。 https://t.co/x4vDJbvnwh ABIC は赤池ベイズ情報量基準のこと https://t.co/3g0reo8xI4 なんとか格闘できる長さだが、その前にこちら ムラには距離を置いている学者のみなさんの見解 https://t.co/s27wpdWwVR 神戸大石橋教授の論文 6ページからですが
地震学ではわりとベイズは使われていたのか。 https://t.co/x4vDJbvnwh ABIC は赤池ベイズ情報量基準のこと https://t.co/3g0reo8xI4 なんとか格闘できる長さだが、その前にこちら ムラには距離を置いている学者のみなさんの見解 https://t.co/s27wpdWwVR 神戸大石橋教授の論文 6ページからですが
ここにもMCMCが見つかったのですが https://t.co/xU4Vv7C1X7 MCMCによる震源断層モデル推定の不確実性リアルタイム評価手法の開発 https://t.co/ZlOz2nH6WK みごとにええごだ。
セシウムボール この佐藤志彦さんのは見てなかったかも https://t.co/iNtpPQtrHL 福島第一原発事故で放出した放射性粒子 図 3 無数の気泡を含む Type B の CT 像 あれは気泡だったのか
MCMCの山中論文難しいな。7人の秘書みながらCMの間にIPadで眺めたが、ひとつも頭に入らん。 MCMCの用語より先にP波、S波をちゃんと理解しないといけない。 もういちど山中論文 https://t.co/C8JNKsWzKH 原子炉物理で使われているモンテカルロシミュレーションとは違う手法によるチャレンジですね。
難解すぎてよーわからんが、かなりベイズやMCMCの知識は必要そうですね。 共通しそうなキーワードで熊本地震を見てみると 地震 表面波 位相速度 熊本地震 https://t.co/t7wQagEEBF こういうのが出てきて地盤モデルという語句が双方にそこそこ出てきました。 震度7が立て続けに起きた益城町のケース
いろいろググると地震とMCMCに関する論文が見つかった。 https://t.co/C8JNKsWzKH ”不確かさ”をキーワードに加える必要があるが。 おお伊庭さん いや伊庭先生の本が参考文献にある。 今度借りる本ではここまでわかるようにはならないだろうが。
とりあえず水素爆発説 ここにあるな https://t.co/xQp5uClRGS 4ページ 水蒸気は水素燃焼を不活性化する効果を持つ。逆に,水蒸気が凝縮するとその不活性化効果は失われる。
爆轟に関しては水素爆発でもありうるという公式見解が出ておったと。 https://t.co/FBasUU8BTW ただ爆発の勢いだけで鉄骨がぐにゃりと曲がるかどうか? 鉄の融点は https://t.co/QVmh8cNHuj 1,538°C ここにけっこう爆轟を中心に分析したものがあります. https://t.co/BVuyNiNyGa 専門的なのでちょいむず
PHITSもある程度公開はされているのだが https://t.co/tUPhFJd1CC 統計の専門家からみてもわかりにくいものなんでしょうねえ。 ま 私にわかったら天変地異がおこるぞ なに 5ページのこれか 290 MeV/uの炭素線 こりゃ低線量は完全に無視だな。 https://t.co/qzjQOaNuGQ
ブラックボックス化されやすい部分ですが、さがすとさらに古い勧告に基づく論文がひっかかりました。 年 齢 群 別 外 部 被 曝 実 効 線 量 計 算 コ ー ドとのことであくまでも外部被曝ですが https://t.co/NMDQVDojQH 2. モ ンテカル ロ計算部(放 射線輸送計算) 今ならPHITSにあたるものでしょうね
立花章氏の最新の研究と見られるもの https://t.co/dhthCk4nhb トリチウムではなさそうだが いずれにせよ 福島原発の海洋放出はトリチウムだけではない。基準値越えのストロンチウムなども混在する”汚染水”であるということを”総合的、俯瞰的”考慮して結論を出すべき って言ったら、菅のやつは
もう一度URL https://t.co/5RMqXITnHE ベータ線はガンマ線やX線とは飛跡や電離密度が大きく異なるため、DNAなどの生体高分子に生じる損傷の種類や分布にも相違があると考えられる。このような分子レベルでの損傷の違いは、例えばDNA修復タンパク質の挙動に変化をもたらすなど、
不思議だなあ,事故前にはこういう研究があっていたのだが さきほどの茨城大の立花章氏 トリチウム生物影響研究の現状と細胞レベルの研究 https://t.co/5RMqXITnHE こちらは田内広氏 低線量率トリチウムβ線照射による体細胞突然変異誘発 https://t.co/zpeXmp9uRT よく似た内容と思ったら立花氏も共著者
不思議だなあ,事故前にはこういう研究があっていたのだが さきほどの茨城大の立花章氏 トリチウム生物影響研究の現状と細胞レベルの研究 https://t.co/5RMqXITnHE こちらは田内広氏 低線量率トリチウムβ線照射による体細胞突然変異誘発 https://t.co/zpeXmp9uRT よく似た内容と思ったら立花氏も共著者
ここに出てくる人は、あの人と同一人物なんだろうか? 西成教授の数学やりなおし本の影響で、渋滞学も借りたのだが、あとがきに名前が出てきて驚いた。 https://t.co/vy7iZuoupn
ということで分子シミュレーションに流れを戻すと、前に印刷していた https://t.co/cjqfMjOsnS 2ページ目の 様々な条件下で実験による実測が困難な時空間情報を得ることが可能となり,水の放射線化学やDNA損傷の全貌の理解を深めてきた のところの参照論文はモンテカルロばっかりです。
付録はどこぞと探してみたらここの最後にあったが https://t.co/iDZ8tc7QUp ノートブックファイルを使うのは、有料版なのでうちでは無理でした。 プログラムもちょー複雑 ほんの出だし部分で、あとかなり延々と続きます。 甘くはないねえ。 https://t.co/6QSbKXSXLj
あ エクセルでNVT でググると 同じ筆者の方々のこっちの論文がひっかかった。 ありがたいことにMathematicaではありませんか。 https://t.co/tUmCWdwbep がんばって挑戦してみましょう。
かなり時間がたってからのリプですが、なかなかこの https://t.co/adD0CMS8LE NVT, NPTに持っていくのがしんどくて、Gromacsもお留守になっていたのですが、エクセルで試せるものもあるのだけど https://t.co/eOuZymIeY0 ワークシートが複雑すぎてこれも断念
長々と続けましたが、安倍第一次政権時代の法改正の説明がありました。 https://t.co/vrJfw7Uv88 国際的なテロ防止のためとしか読めないのですが 「汚い爆弾」(ダーティボム:セシウム・コバルト等の放射線源を通常の爆弾に混ぜて爆発 これがまさしく政府 民主党政権だけでなくアベの国会答弁含め
探してみると、3号爆発にも関係のある https://t.co/4JcPGMVbFU 4ページ 中性子・光子輸送モンテカルロコード MCNP-4Cとか 放射線の分野でも https://t.co/8kOUT5bIWL 詳しいことがわかるわけはないのですが、いちおーアタックしてみる価値はあるのかと。
モンテカルロ法にこだわるというか、こだわらずにいらねかった動機して、ここにちょうどいい説明があったので、お借りしますと https://t.co/dzoWiEZf1j 文字化けするので画像で マンハッタン計画にかかわったノイマンとウラムが編み出したシミュレーションで、これがゆくゆくは分子シミュレーションに https://t.co/Z81dB0vDa9
東大が科研費で2015年研究してますが https://t.co/kks6ZlCsnV あらコピーができない。しかたないキャプチャで 12万分の1 ほとんど失敗じゃないのか? https://t.co/0MzCyydC9g
RT @sivad: (甲状腺がん)ヨード摂取量が高いとBRAF遺伝子異常の頻度が高くなるという報告がなされ,ヨード摂取量が高いとされる我が国ではこれも注目される. #甲状腺がん https://t.co/kxgPRTUETV
こういう論文も出てきているが https://t.co/hbap8Rd91f BRAF遺伝子変異は欧米よりも日本,韓国などアジア諸国からの報告でより高率であることから,人種やヨードの摂取量との関係が示唆されている。 チェルノブイリと違うのは違う要素じゃないのかな
https://t.co/u6F5CzH3bX 本文の4ページ 「放射線被ばくによる微小細胞間環境の変化が,ET/PTC 変異を持つ細胞のリプログラミングを促進し,その結果テロメラーゼが再活性化し,テロメア短縮が回避される」 ET/PTCはどこかで見たな
このような相互作用は,GROMACS や AMBER などの既存ソフトの中に用意されていることが多い。 私ごときに使いこなせるわけがないのだが、テロメアをキーワードにすれば甲状腺がんの論文が出てきます。 https://t.co/u6F5CzH3bX これ誰が書いたかわからないのだが https://t.co/XN4y1pQN7X 石田 健二氏
このような相互作用は,GROMACS や AMBER などの既存ソフトの中に用意されていることが多い。 私ごときに使いこなせるわけがないのだが、テロメアをキーワードにすれば甲状腺がんの論文が出てきます。 https://t.co/u6F5CzH3bX これ誰が書いたかわからないのだが https://t.co/XN4y1pQN7X 石田 健二氏
もともと水素結合での結びつきが弱くなることで、DNAの構造が崩れやすくなる度合いを分子動力学法により、定量的に調べた。 このテロメアをキーワードにするとふたつの論文が出てきます。 こっちは何度か出したかな https://t.co/PAyuVGaljX 3ページ テロメア DNA とタンパク質の分子動力学
難しいのですが、児玉先生がオープンキャンパスの講演で話してますのでいくらかわかりやすいか https://t.co/DwQLSkZfSk パリンドロームはクリスパーで出てきていたような https://t.co/TE4N2bxR3W 6種類のリピート配列はパリンドローム構造を保有していて、ステムループ構造をとることが イミフだな
いったいどこに提出するものだったのか? 考えられるのは、獣医学部森川教授(元国立感染症研究所)が科研費申請するのに印刷したものを提出したか? https://t.co/qtkdVfOER6 マダニ媒介性のSFTSウイルス(SFTSV)による急性ウイルス感染症 これは実験するならBSL3が”不可能”では跳ねられるはず
@KM1smrfHhWVihc3 こっちは岡理単独 https://t.co/qtkdVfOER6 重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome; SFTS)は、フェニュイウイルス科フレボウイルス属に分類されるマダニ媒介性のSFTSウイルス(SFTSV)による急性ウイルス感染症 マダニはレベル3じゃなかったかな
@hikasu ほんと騒ぐとなにやらその気になってボロを出すかも。 ちょっと古い科研費ですが https://t.co/b2n3UIVpeC 吉川 泰弘 森川 茂 久和 茂 顔なじみ
これも https://t.co/mZ4ntGRol8 戦時下における京都帝國大学 荒勝文策教授の原子力研究
RT @tcv2catnap: 陸軍航空本部の二号研究の最近の知見だと、どうも仁科、竹内らは理論が間違っていたという話。海軍のF研はもっとお粗末でしょ。 「第二次大戦時の日本の原爆開発」山崎正勝(東工大) https://t.co/h3D5aWfrl0 https://t.co…
@Paris________41 これどこまで続けていたのかわすれつつありますが、集団免疫がらみでいろいろ追っております。 たまたまドーキンスさんの名前と”集団免疫”で検索するとちょいとした論文 https://t.co/urUsvIOX2w ドーキンスさんの引用部分は4ページの 病原体がかかえるトレードオフのところ 利己イデではなく
ここのでいくか さっそく利己イデを借りてきました。おととしDNAにこだわっていたころに借りたがこれはどうも分子生物学とは別物で、参考にならんなとすぐ返したのですが、返した後に気になって、たまたまヴェブレンで検索すると https://t.co/na41cdbCZa とか https://t.co/xk3jPCNOTG が出てきた。 https://t.co/w0dPb3OiUL
@k1k2m3r4 論文ではないが簡単な説明 https://t.co/zF0Mkd6u33 大熊町の住家内(福島第一原発から直線距離 5.17 km)において 2016 年 9 月に着用したマスクのうち1枚から、直径 2.1 μm の球形のセシウムボール 1 個が発見された 今思えば、プルトニウムにウランもストロンチウムもある。コロナにかき消された
不均一な内部被ばくのほうが発がん性が弱いことが皮膚がんの発生率データにより示された。 ほんまけ? こちら五十嵐康人氏は気象研でセシウムボールの第一発見者ともいえる人。今京大でしたか https://t.co/1SWDAgju1h Pu をはじめα放射体の含有量に関した情報が少なく,廃炉作業に係るリスク評価が
おっと比放射能でした。 うーんこの人の言うことは https://t.co/KeJmiPYLPH 不溶性セシウムの影響として,比放射能が大きいことによる局所的な組織の暴露(不均一被ばく)があるが,外部被ばくとの比較から,平均線量が同じであれば,線量分布が均一な外部被ばくよりも
現役取締役の本薗幸広氏は研究畑か https://t.co/ERYy50GsrH この人はあんまり違反とは関係なさそう。
福島事故時のテルルは 127mTe,129mTe あたりですね。 https://t.co/VMrYOXKtGk ということで二重崩壊はとりあえず先送りしましょう。
Q値同様ベータ崩壊の重要な数値にft値なるものがあって私なんかに説明できるしろものではないのだが、 これまた科研費ですが https://t.co/gn4R6L0rDo セシウム137の短命化というのは現実に考えられていたんですねえ。 あれ こんな制約があるとは知らなかった。 https://t.co/uGSpCMzAvT
やっと見つけたセシウム137のQ値 https://t.co/Vm29657gWM 3ページ しかと読んでみましょう。 https://t.co/tMsNjlXuGp
前にも見たここだと https://t.co/MTLJn3EvSq 4ページ 田崎氏はこういうところは見向きもしない https://t.co/uy8zGtOSj6
ることを見いだした。 こちらの研究は22年まで続くので成果報告を注目していきたいところです。 https://t.co/iZUaW6duU9
ここを見張っておくといいようですね。 https://t.co/G5Y4tVJpMV これはセシウムの筋肉蓄積 https://t.co/sZBK3cokHk
これかと思いましたが、平成30年度に完了したものの報告ですね。 https://t.co/rwOTqaKeFV
再び図書館が閉まって借りられなくなったが、仕方ないので「強い力と弱い力」の二回目をふとんの中で読むとします。 https://t.co/reSYJbhomH この1973年の論文では、弱い相互作用という言葉ででてきますが、基本半減期が大きく変化することはないというのがわかります。 あの博士の虚言に飛びつく
つい後回しになるので、今のうちに モンテカルロまだ入ってくるとわけわからなくなるので、 こっちの方を先に読み始めました。 粘土鉱物とゼオライトにおけるセシウムの吸着挙動: 第一原理計算から見るその微視的機構 https://t.co/jnAF4Z8R5J
結局おととい大分市の書店に1冊在庫があることを確認し、用事もあったのでゲットしてきました。 セシウムに関する記載も二か所 そこそこ詳しく書いてくれていました。 以前 カリウムとセシウム比較で https://t.co/RJ1ONsfl8z これをもう少し、素粒子論から考えてみるかと。 https://t.co/Q9H2Qxnwot
おおこれがいいわ。 https://t.co/RJ1ONsfl8z https://t.co/87ok3crmEv
ちとこれ忘れないために https://t.co/aoEZsDbn7o https://t.co/C6SN2S2Jfl https://t.co/iHSqLEINTT これを見ていかないといかんが連休ですね。 https://t.co/aqXhMbfsKr
ちょっとセシウムボールの情報ですが,2015年の第38 回日本バイオレオロジー学会年会での発表です。 https://t.co/sKwmIp0Yiq 74ページ 肺胞や呼吸気管支終末気管支での界面活性剤肺サーファクタントの濃度勾配による表面張力の違いでの浄化に大別される 肺サーファクタント https://t.co/4tbWumXVmO https://t.co/Nrgh6XMK4D
@togetter_jp 私が昔見たのはこっちかもしれない。 昔と言っても事故後でブログをはじめたころかな。 https://t.co/dPRWl1uIRk 原発はいますぐ廃止せよさんがが取り上げています。 https://t.co/C4qyYcGgE6 借り物ばかりですんません。 今日は加計に関してとっても重要なしらせをもらいました。 そう あの番頭さん
そういえば、この説がツイッターで議論になったことがありました。 https://t.co/I1emsk32Nx ちゃんと論文で発表されていたものなのですが https://t.co/FI60VoDf55
アスベスト小体は、人体内で肺などの組織に密着しているため、ラジウムから放射された放射線は、細胞に直接的に照射されて、細胞のガン化を著しく促進させる恐れがある。 これに関係しますが https://t.co/KigMBw9YUY ラジウムを含む微量元素を最終解析中である。 この結果が発表されないままでした
@Hiro84571305sky クマムシみたいに放射線耐性が進化したなんて原子力村は信じているのですかね。 この人 昔はけっこういいこと言ってた。 https://t.co/hKv0Rb1pTd 1997年当時長崎大学薬学部放射線生命科学教室の渡邉正巳氏 あ テロメア出てくるではないか。 放射線 は,遺伝子 の欠失 や増量 の原因 とな る損傷 を
RT @rz733375: このいささか古い論文でもミスマッチの部分はできると書いてます。 https://t.co/gDXXgGN3fV 3ページ DNA切断やミスマ ッチ修復は活性酸素のような細胞内有害 物質だけなく,細胞自身の複製エラーによ っても発生する生 命機能維持…
RT @makomelo: 「福島県の一般市民が着用したマスクから採取した 不溶性セシウム粒子」 これが今年のご発表でした。 あと、除染時の作業員のマスクに付着していた不溶性セシウム粒子についての調査発表。 https://t.co/7g1vyNyI4X
量放射阻止能は、β線のエネルギーが約1MeVまでは無視できる。 が気になってますが、これは測定上の問題なのか? 人体に対してはどうなのか? と悩んでいたら、一つ出てきた。 https://t.co/V9ttWmijZM ICRU Report 56"放 射 線 防 護 の た め の 外 部 べ 一 タ線 のドジ メ ト リー"の 解 説
さてホットパーティクルですが、ウィキペディアに出てくる https://t.co/NwPSosL9r7 参考文献のうち松岡 理 氏のふたつがネットで読めました。 https://t.co/retqtEQePl https://t.co/gDwdrJaP6d 当時の議論がよくわかってきます。 放射線医学総合研究所にいたころですが、ICRPに染まってないような
さてホットパーティクルですが、ウィキペディアに出てくる https://t.co/NwPSosL9r7 参考文献のうち松岡 理 氏のふたつがネットで読めました。 https://t.co/retqtEQePl https://t.co/gDwdrJaP6d 当時の議論がよくわかってきます。 放射線医学総合研究所にいたころですが、ICRPに染まってないような
https://t.co/WVnmCARJLc これはノーエラーでトラジェクトリーまで行きました。 うまくいっても大体どこかいじって成功するのですが。 この論文は分子動力学の勉強になりますね。 https://t.co/3LoJsYfFXq 適度に数式もある。 https://t.co/06ksc6yrjH
ATPの問題はエントロピーの例題でよくあつかわれるようです。 ATPのエネルギーとはなにか? https://t.co/AWIJGnw5LG 放射線の影響も受けるはずですが。 エントロピー学会も事故直後はよく情報発信していたみたいですが、最近は音沙汰なしか https://t.co/teqgIK0HeJ
昨日はかあちゃんから仕事せえと怒られながらも、いくつもATPのPDBファイルを実験してしまいましたが、どうも力場に原因があたようで、さっきやっとこれを見つけました。 https://t.co/H2BVasmVYn 多リン酸分子力場の改良 多リン酸分子の力場パラメタをより高精度に改良した 私なんかの手には負えない
こっちも大事かな。 https://t.co/2MkZBD5DnB ATP分子の構造変化はガン細胞の放射線感受性に変化を生じさせている可能性を示唆する結果を得た。
ATPと放射線はこっちが関係が深そう https://t.co/V0CRoV9j56 アデノシン三リン酸(ATP)の放射線バイスタンダー効果への情報伝達分子
今読んでる本にATPとADPが出てきてなにやら重要そうなのだが、どこかで見たことがあると思ったら放射線と縁が深い。 https://t.co/WVzNxWmuJH 血管系における ATP を介したクロストーク こんなの読みながら進めていいましょう。
浪江のストロンチウムの論文と時期が同じころのような。 https://t.co/HKkmXT6RzI 放射性ストロンチウム(Sr)汚染地域を流れる請戸川の上流域の小河川において,環境試料(河川水,魚類,河川周辺の土壌等)の採集を行い,土壌,河川水,魚類(骨)に含まれる放射性Sr濃度の時間変化および移行
あ やっぱ研究してた。 https://t.co/Cy63tvQC2P Dsupがヒストンと協調してDNAに結合/高次構造を変化させることを明らかにした。 うう 図星だった。遺伝子治療とか考える前に、ちゃんと因果関係認めて補償しやがれ!!
放射線に関するアプリはだいたいこれと相場は決まっているのですが https://t.co/70OVBM1Hzm この論文で紹介されていたのが、SRIMコードでした。 https://t.co/u9pL7ueb2A イオンの阻止能と飛程をモンテカルロ計算により求めることができるフリーソフト 2ページ ホライゾンのToshihiroさんのいう
ヌクレオソームは拾い物したこのPDFの中に出てくるのですが https://t.co/PAyuVGaljX DNA とヒストン 8 量体(DNA と結合している 8 量体タンパク質)との複合体であるヌクレオソームコアのシミュレーションを行い,8 量体のうちの一つであるヒストン H3 にある突出領域(テール)の構造や運動を議論した
これが見つかった https://t.co/PwRx85hLmU 分子動力学シミュレーションを用いたテロメアDNAとタンパク質の親和性に関する研究 PDFは https://t.co/WrMmBGB2Cj 我々はGROMACSを使用してDNAとタンパク 質のサンプルをそれぞれ10ns聞水中でシミュレーションを行い熟平衡状態の構造を求めておいてから
これが見つかった https://t.co/PwRx85hLmU 分子動力学シミュレーションを用いたテロメアDNAとタンパク質の親和性に関する研究 PDFは https://t.co/WrMmBGB2Cj 我々はGROMACSを使用してDNAとタンパク 質のサンプルをそれぞれ10ns聞水中でシミュレーションを行い熟平衡状態の構造を求めておいてから
DNAのクラスター損傷で出てきたこの論文ですが https://t.co/PAyuVGaljX テロメアで出てきた143D.pdbが、いちおートラジェクトリーファイルまでできましたのでPyMolで読み込んでアニメGIFにしてみました。動きはびみょーですね。 https://t.co/aZqtTx4ymh
クマムシで思い出したが、こんな研究もしてますね。 https://t.co/7uuuda0ILU ほんとは治療ではなく、放射線耐性に強い人間の遺伝子操作で、廃炉要員を確保しようとしてるのではないか? それっぽいのがあるな。 https://t.co/zuelTGZtjJ
動物実験といえば東北大の鈴木グループが研究を続けているはずですが、この発表以後に成果物が出てきません。 https://t.co/ypVdKHS8sI 不溶性の言葉がでてきませんねえ。 こっちにはでるか https://t.co/aWSoCRzFJh 発表タイトルにはあるが中身が見れない。
今日はGromacsとか触ってないのですが、昨日調べてでてきたものを忘れないうちに。 https://t.co/q0GC0Qxd9T 放射線のDNA損傷修復メカニズムの計算機シミュレーション 2000年なのでけっこう古いのですが、ずばり分子動力学だけでやっている。Amberではありますが、参考になりそう。
これは東京農大 https://t.co/OhJic281Ba 独自に開発した動的モンテカルロシミュレーションコード なるほど。 甲斐健師 渡邊立子 ああ これですね。 https://t.co/cjqfMjOsnS
ううん どちらも英語論文でした。 https://t.co/KYet75sNRU https://t.co/SM13RIKtD7 深みにはまるまえにやめておくか。
PHITSも13000ほど払えば試せるらしいですが https://t.co/wMXIvVTrw0 そこまでしないで批判するのはけしからん、といいますかね。 それはいいとして 分子動力学 トラジェクトリー 放射線影響 でググるとあの埼玉大の研究成果が出てきました。 https://t.co/wbgRQulKfH
あれ https://t.co/JosGEX8JPQ 元のPDFはこれですね。 https://t.co/PAyuVGaljX
@Ag_smith うわこれ昨日のうちに GROMACS 放射線 DNA で検索したら出てきたものですが https://t.co/PAyuVGaljX 思わぬ拾い物かもしれません。 3ページ 電荷がある場合は,静電相互作用を用いる。このような相互作用は,GROMACS や AMBER などの既存ソフトの中に用意されていることが多い。
このいささか古い論文でもミスマッチの部分はできると書いてます。 https://t.co/gDXXgGN3fV 3ページ DNA切断やミスマ ッチ修復は活性酸素のような細胞内有害 物質だけなく,細胞自身の複製エラーによ っても発生する生 命機能維持のために避けることのできないジレ ンマである と認識されている。 https://t.co/p1d2ZuCEug
昨日IPadで探していたらたまたま見つかった名古屋大の研究 トリチウムのヘリウム3への壊変によるDNA構造変化のMDシミュレーション https://t.co/SkZYex0DC1 PDFはこちら https://t.co/fj8FMlqDli この画像でイメージしやすくなったか こちらからお借りしました。 https://t.co/ZyfZGZARXO https://t.co/evN6t4nko8
昨日IPadで探していたらたまたま見つかった名古屋大の研究 トリチウムのヘリウム3への壊変によるDNA構造変化のMDシミュレーション https://t.co/SkZYex0DC1 PDFはこちら https://t.co/fj8FMlqDli この画像でイメージしやすくなったか こちらからお借りしました。 https://t.co/ZyfZGZARXO https://t.co/evN6t4nko8
この東北大学の研究はOBTは想定してないみたい。 https://t.co/xo7wFEti2C 分析方法は参考にはなるのでしょうが。
ほっほう西尾先生が言う1974年から4年後に出た論文 https://t.co/TV4ZG89FLP ト リ チ ウ ム の 壊 変 に 伴 う 化 学 的 挙 動 これは分子軌道法で分析してますね。 実 際にポテンシャル・エネルギー曲線 を 計 算 するには分子軌道法を用いる。 分子軌道法には非経験 的方法 と経験的 ない し

お気に入り一覧(最新100件)

(甲状腺がん)RET/PTCが放射線照射に特異的とは言えず,RET/PTCは単に若年発症と関連がある可能性が高い https://t.co/kxgPRTUETV
低線量被曝ではDNAが修復されるから影響がない、というのは基本的な誤りです。DNA修復にはエラーがあり、これによってできた変異は元には戻りません。ですから閾値なしが妥当なのです。 https://t.co/oQPPE16dDU
陸軍航空本部の二号研究の最近の知見だと、どうも仁科、竹内らは理論が間違っていたという話。海軍のF研はもっとお粗末でしょ。 「第二次大戦時の日本の原爆開発」山崎正勝(東工大) https://t.co/h3D5aWfrl0 https://t.co/LlFh6ODItO
「福島県の一般市民が着用したマスクから採取した 不溶性セシウム粒子」 これが今年のご発表でした。 あと、除染時の作業員のマスクに付着していた不溶性セシウム粒子についての調査発表。 https://t.co/7g1vyNyI4X
低線量被曝ではDNAが修復されるから影響がない、というのは基本的な誤りです。DNA修復にはエラーがあり、これによってできた変異は元には戻りません。ですから閾値なしが妥当なのです。 https://t.co/oQPPE16dDU

フォロー(540ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(499ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)