著者
片平 理子 別府 道子
出版者
The Japan Society of Home Economics
雑誌
日本家政学会誌 (ISSN:09135227)
巻号頁・発行日
vol.42, no.4, pp.371-375, 1991-04-15 (Released:2010-03-10)
参考文献数
11
被引用文献数
1

トイレに関する意識調査を行った後, 公共トイレの洋式便座の一般生菌数を測定し, 分離菌を同定した.また, 市販便座クリーナー, カバーの効果を調べたところ, 以下の結果を得た.(1) 公共トイレの洋式便座には多くの人が「汚い, 不衛生」というイメージを抱いており, とくに何もせずに直接腰掛けて使用する人は10%弱であった.(2) 便座50cm2あたりの一般生菌数は4~1,400で, 場所によりばらつきがあったが, 夏期は冬期に比べ多い傾向を示した.(3) 大腸菌群が検出された頻度は検査した便座の10~60%で, 夏期のほうが高かったが, 検出された菌数は, 一般生菌数に比べると著しく少なかった.(4) 便座から分離された菌は, Aerecoccus, Microceccess, Staphylocoms, Bacillusが多く, 皮膚由来ではないかと推測された.以上 (2) ~ (4) の結果より, 便座からの感染の危険性は低いと予想された.(5) 市販便座クリーナー, カバーの使用による皮膚接触面の細菌汚染防止効果が認められた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 14 posts, 11 favorites)

@collegemenfess https://t.co/iGEDaBkiEW

収集済み URL リスト