著者
服部 征雄
出版者
公益財団法人 腸内細菌学会
雑誌
腸内細菌学雑誌 (ISSN:13430882)
巻号頁・発行日
vol.26, no.3, pp.159-169, 2012 (Released:2012-08-11)
参考文献数
80
被引用文献数
3

漢方薬は経口的に用いられるため,ヒト消化管内で腸内嫌気性菌によって代謝を受ける.特に配糖体は消化管上部では吸収されにくく,大腸まで輸送され,そこで代謝され薬効を現す例が多い.本総説では最近の腸内細菌によるanthraquinone化合物の瀉下活性物質への変換,C-配糖体やO-配糖体の開裂に関する研究報告に焦点をあて,最後に腸内細菌による主な漢方薬成分の代謝に関する研究一覧を示す.

言及状況

外部データベース (DOI)

Facebook (2 users, 2 posts)

私たちの腸内細菌叢(腸内フローラ)と漢方薬を診たてる判断の「証」とは関係している。腸内細菌叢を整えることにより、選ぶ漢方薬でより一層、治癒する方向へ導くことが可能のようである。自分に棲み着いている菌を育てることであって、外より摂る菌のことではない。腸内細菌のもつ酵素はそれはそれは人が作れない酵素です。そんな微生物が作り出す酵素の働きがあるからこそ、人は元気でいられるのですね。あなた独特のオーダーメ ...

Twitter (14 users, 14 posts, 49 favorites)

漢方薬は腸内細菌で代謝されて初めて効くので、抗生物質を多用している方は効きにくい筈です。 何故効くか?善玉菌が居るから? https://t.co/cOZsy3mLRn https://t.co/7ZQUIdB4gH
腸脳相関と炎症、痛みの関連性は高いと思うんだよな。 漢方薬がたまに痛みに作用するのはそこしか考えられない。 「漢方薬の薬効には腸内細菌が関与する」 https://t.co/vhvNkLz8KI

収集済み URL リスト