著者
永田 高志 長谷川 学 石井 正三 橋爪 誠
出版者
一般社団法人 日本外傷学会
雑誌
日本外傷学会雑誌 (ISSN:13406264)
巻号頁・発行日
vol.31, no.1, pp.47-51, 2017-01-20 (Released:2017-01-20)
参考文献数
11

アトランタオリンピックは,1996年7月19日から8月4日までアメリカのアトランタで行われた第26回夏季オリンピックであり,近代オリンピック開催100周年記念大会であった.爆弾テロ事件の概要は,大会7日目の7月27日午前1時20分頃にセンテニアル公園の屋外コンサート会場でパイプ爆弾による爆破事件が発生し,死者2名,負傷者111名の多数傷病者事案となった.死者2名のうち1名は爆発物の釘による頭部外傷によるものであり,もう1名は心不全であった.111名の傷病者のうち96名は事件発生後30分以内に爆発地点から半径5km以内の4つの病院に搬送された.外傷センターに搬送された35名中10名に対して緊急手術が行われ,市中病院に搬送された61名のうち4名に対して手術が実施され,すべて救命することができた.2020年東京オリンピックを控える日本にとってアトランタオリンピック爆弾テロから3つの教訓,事前の医療公衆衛生体制の構築,多数傷病者対応のための医療機関の準備,緊急時における情報伝達・コミュニケーションの難しさ,があげられる.2020年東京オリンピックでは爆弾テロを含めた様々な事案が起こるという最悪の想定のもとで,限られた時間と予算,資源の中で準備を進める必要がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 0 favorites)

>2020年東京オリンピックでは(中略)災害や緊急事態など最悪の想定に対する危機管理体制の構築も必須である.オリンピック=災害として考えるべきである. 日外傷会誌 31巻 1 号(2017) アトランタオリンピック爆弾テロ https://t.co/87yPjIft8s
というわけで小池都知事がアトランタ五輪関係者と会談することは東京五輪の準備を進める上で至極合理的だと思うのです。ご興味あればどうぞご一読ください。 #小池百合子 #tokyo2020 #テロ対策 アトランタオリンピック爆弾テロ https://t.co/87yPjIft8s
@BalladeOfChopin @lautrea ▼ミュンヘンオリンピック「お前は何を言っているんだ」 https://t.co/nHXGAtNHbW アトランタオリンピック「まったくだ」 https://t.co/uurPDa307t (@∀@)
アトランタ五輪はテロの悲劇に見舞われましたが111名の傷病者のうち96名が30分以内に病院に搬送されています。果たして東京でもこういうレポートが残せるのか、という話です。→[PDF]アトランタオリンピック爆弾テロ https://t.co/jLefWAxcev #新国立競技場問題
“アトランタオリンピック爆弾テロ” https://t.co/7gdwaYGUp2

収集済み URL リスト