著者
佐藤 たまき
出版者
一般社団法人 日本生物教育学会
雑誌
生物教育 (ISSN:0287119X)
巻号頁・発行日
vol.58, no.3, pp.130-137, 2017 (Released:2018-10-29)
参考文献数
15

本稿では古生物学という学問と,絶滅した中生代の化石海生爬虫類である首長竜について解説した.化石の研究は古生物学と呼ばれ,考古学と間違われやすいが,地学と生物学の境界に位置しており,博物館との関わりも深い.古生物学に関連するトピックは小学校から高等学校までの様々な学年の理科教科書に登場し,高校教科書では地学と生物学の両方にまたがっている.首長竜は恐竜であると思われがちであるが,系統学的な定義でも骨の形態でも異なる別個の分類群である.また,福島県で発見された首長竜フタバスズキリュウを用いて,学名や記載論文の意義についても解説した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 8 favorites)

学名は、「フタバサウルス・スズキイ」というんだ。 鈴木さんの発見は1968年で、意外にも、正式に新種と認められたのは2006年の話なんだな。 以下のリンクにある論文からそのエピソードを読むことができるぞ。 日本語だし比較的や… https://t.co/WglKQU8H4s

収集済み URL リスト