著者
小塩 真司
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.46, no.3, pp.280-290, 1998-09-30 (Released:2013-02-19)
参考文献数
29
被引用文献数
24 13

本研究の目的は, 自己愛傾向と自尊感情との関わりを検討すること, そしてその両者が, 青年期における友人関係とどのように関連しているのかを検討することであった。自己愛人格目録 (NPI), 自尊感情尺度 (SE-1), 友人関係尺度が265名 (男子146名, 女子119名) に実施された。NPIの因子分析結果から, 「優越感. 有能感」「注目・賞賛欲求」「自己主張性」の3つの下位尺度が得られた。NPIとSE-1との相関から, 自己愛は全体として自尊感情と正の相関関係にあるが, 特に「注目・賞賛欲求」はSE-1と無相関であり, SE-1の下位尺度との関係から, 高い自己価値を持つ一方, 他者の評価に敏感であり, 社会的な不安を示すといった特徴を有していることが明らかとなった。これらの結果は, NPIの妥当性を示す1っの結果であると考えられた。また, 友人関係尺度の因子分析結果から, 友人関係の広さの次元と浅さの次元が見出され, その2つの次元によって友人関係のあり方が四類型された。この友人関係のあり方と NPI, SE-1との関係が分析された。結果より, 広い友人関係を自己報告することと自己愛傾向が, 深い友人関係を自己報告することと自尊感情とが関連していることが明らかとなった。このことから, 青年期の心理的特徴と友人関係のあり方とが密接に関連していることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Google+ (1 users, 1 posts)

高齢者が(我が家の長)終末期に、たとえ認知を抱えられていたとしても、何をおこなうにもまず本人とそのご家族の意志決定を優先することが大切です。  しかし、職員の中には『長生きさせることが相手の幸せ』と、確かに単純に捉えて長生きして欲しいと思うけど、相手との意思疎通を基に何をおこなうかの取引で、職員本人の仕事に対する価値観(思惑(お金や魂胆))が表に出ていて、相手の意思に反する行動をしている人は、入 ...

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[Mind][Self-esteem][Education] 青年の自己愛傾向と自尊感情友人関係のあり方との関連

Twitter (9 users, 9 posts, 2 favorites)

ちょっと古い論文見かけた。 https://t.co/Uk1eePoZsY(タイトルでweb検索かけるとpdfで全文ダウンロードできるとこある…) 当時の若者の自己評価と友人関係の相関を調べたもので、興味深かった。
「結果から,「広い」友人関係 を自己報告する青年ほど 自己愛傾向が高 く,「深い」友人関係を自己報告する青 年ほど自尊感情 が高い傾 向に ある ことが分かった。」 https://t.co/jzR5PyvpbJ
青年の自己愛傾向と自尊感情, 友人関係のあり方との関連 - https://t.co/p12pCOy89U

収集済み URL リスト