著者
佐直 信彦 中村 隆一 細川 徹
出版者
The Japanese Association of Rehabilitation Medicine
雑誌
リハビリテーション医学 (ISSN:0034351X)
巻号頁・発行日
vol.28, no.7, pp.541-548, 1991-07-18 (Released:2009-10-28)
参考文献数
16
被引用文献数
21 7

退院後1年以上経った歩行可能な在宅脳卒中患者54例を対象として,10m最大歩行速度(MWS)と75項目の日常生活活動遂行の関係を検討した.性別,年齢,麻痺側,罹病期間,家庭内地位,MWSを説明変数とし,各項目の遂行頻度を目的変数として,数量化I類を用いて分析した.MWSが第一義の決定因として選出された活動は27項目であった.身辺処理や新聞を読むなどの静的活動はMWSの速度とは無関係であった.20m/分以上で掃除,買物などの家事,趣味や旅行などの余暇活動,40m/分以上で政治,文化講演会参加,80m/分以上では老人などの世話を行っていた.MWSは在宅脳卒中患者の日常生活活動の予知に有用である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

MWSが20m /分以上の患者は,掃除、買い物、趣味、旅行など,いくつかの家庭活動やレジャー活動を行った.40m /分以上の人は政治集会への出席などの社会活動を行い,80m /分以上の人は家族の宿題を手伝った.MWSは,携帯型脳卒中患者の日常生活活動の信頼できる予測因子であると示唆 https://t.co/Ow3S8N4A1j
https://t.co/90lSs0NlXe 歩行速度と生活 1991

収集済み URL リスト