著者
藤倉 恵一
出版者
一般社団法人 情報科学技術協会
雑誌
情報の科学と技術 (ISSN:09133801)
巻号頁・発行日
vol.62, no.8, pp.342-347, 2012-08-01 (Released:2017-04-18)
参考文献数
18

図書館においては,個人情報保護法の施行後も個人情報の流出・漏洩や紛失に関する事件・事故は後を絶たず,相当件数が発生している。個人情報の盗難や紛失だけでなく,図書館システムの不備に起因する情報流出事故も発生した。また,名簿などの個人情報を含む資料の扱いは図書館によって大きくゆれており,事件や報道の影響を受けて提供制限や受入停止をするなど図書館の根本的役割を自ら否定するような運用も少なくない。本稿では,図書館業務実務における個人情報保護のあり方について,図書館の基本理念である「図書館の自由に関する宣言」の視点を含めて検討する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

@aiko33151709 @gachaga66150604 https://t.co/gY2PonGRDQ 「図書館における個 人情報保護理念と実際」
意外と調べてみるとなんでも面白い。 これはちゃんと読んでないけどざっくり行けば事例まとめただけなのでまあそういう感じなのねって。 図書館における個人情報保護 : 理念と実際(<特集>情報セキュリティ) https://t.co/XrbFcb7FJr

収集済み URL リスト