著者
佐々木 豪
出版者
日本臨床皮膚科医会
雑誌
日本臨床皮膚科医会雑誌 (ISSN:13497758)
巻号頁・発行日
vol.37, no.3, pp.417-423, 2020 (Released:2020-09-30)
参考文献数
12

当院を受診中の慢性特発性蕁麻疹患者で,既存の第2世代抗ヒスタミン薬効果不十分 [重症度レベル3以上かつ蕁麻疹活動性スコア(Urticaria Activity Score:UAS)3以上]であった50例について,ビラスチン(ビラノアⓇ)への切り替えによる臨床的検討を行った.UASはビラスチン切り替え後2週間で有意な低下が認められ,その低下は8週後まで継続した.さらに前治療の薬剤が,ピペリジン/ピペラジン系および三環系のいずれであっても,ビラスチンへの切り替え後2週間で有意なスコアの低下が認められた.薬剤別に解析すると,フェキソフェナジン,オロパタジン,レボセチリジン,ベポタスチン,ロラタジンからビラスチンへ切り替えた場合のUASの低下は2週以降も継続したが,エピナスチンからの切り替えによるUASの低下は2週以降継続しなかった.以上の後方視的検討から,ビラスチンはほとんどの第2世代抗ヒスタミン薬からの切り替えで有効であることが示唆されたが,薬剤別のさらなる検討が求められる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 32 favorites)

【抗ヒスタミン薬のインバースアゴニスト作用】 メモ:三環系の中でオロパタジン,ロラタジンはインバースアゴニストとしては弱く,ビラスチンと同等の効果を示したエピナスチンはインバースアゴニスト作用を有する。 #インバースアゴニスト #メモ https://t.co/FosUe8e8ET
抗ヒスタミン薬の分類の仕方は「官能基」or「環構造」の2通りありますね。 "慢性特発性蕁麻疹"での他抗ヒスタミン薬からの切り替えにおいては、ビラノアがどの切り替えに対しても有益な可能性があるようです(nは少ない印象ですが)。 https://t.co/wI3UF2unAP https://t.co/NTW2Tf9zd9 https://t.co/g4Sbx2AL0l

収集済み URL リスト