著者
黒田 正和 張 欣 山上 利一
出版者
環境技術学会
雑誌
環境技術 (ISSN:03889459)
巻号頁・発行日
vol.36, no.1, pp.64-71, 2007-01-20 (Released:2008-12-25)
参考文献数
19
被引用文献数
1 1

赤錆 (ヘマタイト) のマグネタイト (黒錆) への変換における磁気の効果について, 流通系で実験的に検討した. また, ヘマタイトのマグネタイトへの変換過程を15日毎にX線回折法により分析し, 変換機構を検討した. 試料は錆鉄板, ヘマタイト及びマグネタイト試薬 (粉末) などを使用した. 磁気強度は約300mT, 使用した水はイオン交換蒸留水, 流速は2m/sとした. 液の温度は21℃→39℃, DOは7.5mg/l→5.2mg/l, pHは5.4→8.5と時間の経過につれ変化した. 錆鉄板に付着した赤錆は, 30~45日後に水和酸化鉄と黒錆の混合物に変化し, およそ90日後に完全に黒錆になった. 一方, ヘマタイト試薬 (粉末) スラリー, マグネタイト試薬 (粉末) スラリーでは, ヘマタイト及びマグネタイトの変化は全くなかった. 赤錆から黒錆へ至る反応には, Fe2++8FeOOH+2e-→3Fe3O4+4H2O, Fe2O3+6H++2e-→2Fe2++3H2O, Fe+2Fe3+→3Fe2+などの反応が関与すると考えられ, ローレンツ効果により生じる電流は, これらの反応の電子供給源となり, ヘマタイトのマグネタイトへの変換を促進すると考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

私が学生の頃(40年以上前)は、室温ではヘマタイト(Fe2O3)は、ウスタイト、マグネタイトよりも、安定な酸化物と理解していました(現在でも、正しい)。 しかし、最近(そう最近でもありませんが)、磁気の力を借りて、ヘマタイトをマグネタイトに変換する技術が開発されています。配管の赤錆防止技術です。このような技術を用いれば、室温に近い水温でヘマタイトがマグネタイトに変化します。 ① ...

Twitter (3 users, 4 posts, 1 favorites)

面白そう 磁気装置実験 https://t.co/8ADBs1qr7j
@tamo_robitama @nazomizusouti こんなの見つけました まだ読んでないのですが面白そうです https://t.co/8ADBs1qr7j
https://t.co/7NCu4xogD3 こんなんか

収集済み URL リスト