著者
吉村 玲児
出版者
日本生物学的精神医学会
雑誌
日本生物学的精神医学会誌 (ISSN:21866619)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.83-87, 2011 (Released:2017-02-16)
参考文献数
26

うつ病の脳由来神経栄養因子(BDNF)の血中動態について概説した。うつ病・うつ状態では,脳でのBDNF産生および血小板からのBDNF分泌が低下しており,これが血中(血清および血漿) BDNF低下として反映されると考えられる。血清BDNF濃度の低下とうつ病重症度(ハミルトンうつ病評価尺度17項目得点)とは相関していた。血中BDNF動態はうつ病・うつ状態のバイオマーカ ーとして有用であるが,特異度に問題がある。Long-term depression やアポトーシスとの関連が指摘されているproBDNFも合わせて測定することで,BDNFのバイオマーカーとしての有用性が高まる可能性がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

・心理的ストレスが高い者ほど血中BDNF濃度が低いという興味深い結果が得られた. うつ病・うつ状態では血中(血清中・血漿中)BDNF濃度が健常者より有意に低下.うつ状態の重症度にも有意な相関がある.さらに治療によるうつ状態の改善… https://t.co/dbtIwQcjd8

収集済み URL リスト