著者
柏浦 正広 齋藤 一之 横山 太郎 小林 未央子 阿部 裕之 神尾 学 田邉 孝大 杉山 和宏 明石 曉子 濱邊 祐一
出版者
一般社団法人 日本臨床救急医学会
雑誌
日本臨床救急医学会雑誌 (ISSN:13450581)
巻号頁・発行日
vol.17, no.6, pp.794-799, 2014-12-31 (Released:2015-01-24)
参考文献数
10

症例は70歳代男性。気分障害にて入院加療中であったが,一時外出中に自宅のメッキ工場でメッキ加工に使用する無水クロム酸を服毒し,その3時間後に当院救命救急センターに搬送された。来院時,口腔内はびらんが強く,一部粘膜は剝離しており,上部消化管内視鏡検査では食道や胃の粘膜表層が剝離していた。血清クロム濃度は842.6μg/dLであった。ジメルカプロールとアスコルビン酸を投与したが,ショック状態となった。集学的管理を行うも,入院36時間後には肝不全,播種性血管内凝固症候群も併発し52時間後に死亡した。剖検では口腔から食道まで粘膜は剝離しており,凝固壊死がみられた。六価クロムは強い酸化剤であり,容易に吸収され腐食性の損傷を生じる。またその細胞毒性から肝・腎障害を生じることが知られている。本症例でも高度の腐食性の化学損傷を起こし,肝・腎不全の悪化から多臓器不全を生じたものと考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 11 posts, 12 favorites)

@tommy_airline 六価クロム中毒による多臓器不全の症例報告 https://t.co/NMMDjGZmR3 https://t.co/eFoIwczdkq
@tommy_airline 六価クロム 六価クロムは毒性で0.5~1グラムが致死量 皮膚や粘膜に付着すると皮膚炎や腫瘍に 粉塵を吸い込むと鼻中隔穿孔を引き起こす。 発癌性物質でもあり、肺癌などになる。 地下水汚染を引き起こす。 https://t.co/87c5f2kbOv https://t.co/NMMDjGZmR3
急性六価クロム中毒の一例 https://t.co/rooC0LxtGy

収集済み URL リスト