著者
李 志炯 崔 庭瑞 小山 慎一 日比野 治雄
出版者
一般社団法人 日本デザイン学会
雑誌
デザイン学研究 (ISSN:09108173)
巻号頁・発行日
vol.63, no.5, pp.5_101-5_108, 2017-01-31 (Released:2017-03-10)
参考文献数
18

文字の太さは人間の感情や態度などと関係がある。たとえば,文字を読む際に太さが変化しても文字の意味が伝わるのは同様であるが,受ける印象には差が生じる。そのため,正確なコミュニケーションの実現のためには文字の太さと印象の関係について検討する必要がある。そこで,本研究では明朝体,ゴシック体の2書体それぞれのひらがなとカタカナを対象に文字の太さ(レギュラー,セミ・ボールド,エクストラ・ボールド)による印象の変化についての検討を加えた。その結果,明朝体のひらがなの場合,レギュラーでは柔和性・高級感・女性的な印象などが,他の太さでは柔和性・重厚性・男性的な印象などが抽出された。一方,明朝体のカタカナ・ゴシック体のひらがなおよびカタカナの場合,レギュラーでは先鋭性・高級感・女性的な印象などが,他の太さでは先鋭性・重厚性・男性的な印象などが抽出された。これらの結果により,文字の太さごとの印象の特徴および文字の太さによる印象の変化が明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

明朝体(書体)が人に与える影響について書かれた資料は?

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (12 users, 12 posts, 21 favorites)

“_pdf” https://t.co/Bo6e2ugWJF
フォントによる日本語のひらがな、カタカナの印象変化の論文おもしろい.... https://t.co/2yFSungpZC
@ysmemoirs こんばんは。フォントや文字の太さについて研究した論文、ネットで探すと見つかります。ささっと検索しただけですが、この辺り面白いのではないかと思いました。 文字の太さによる印象の変化… https://t.co/J7zX35yWvc

収集済み URL リスト