著者
武村 政春
出版者
日本ウイルス学会
雑誌
ウイルス (ISSN:00426857)
巻号頁・発行日
vol.66, no.2, pp.135-146, 2016-12-25 (Released:2017-10-27)
参考文献数
69

ミミウイルスは,その粒子径やゲノムサイズが巨大なだけでなく,複数の翻訳関連遺伝子が発見されたこと,細菌がもつファージ耐性機構であるCRISPER Cas システムと同様のシステムをヴァイロファージ耐性機構として保有することで注目された.ミミウイルスは,ファゴサイトーシスによりアカントアメーバ細胞内に侵入すると,スターゲート構造を開け,ゲノムDNA をアカントアメーバ細胞質中に放出し,巨大なウイルス工場を形成する.ウイルス工場ではミミウイルスDNA が複製され,その周辺部に集積したカプシドタンパク質,小胞体に由来する脂質二重膜成分をウイルス粒子として取り込みながら,大量に増殖する.マルセイユウイルスは巨大ウイルスの中では小型で,ファゴサイトーシスあるいはエンドサイトーシスによってアカントアメーバ細胞内に入ると,ミミウイルスよりも大きなウイルス工場をアカントアメーバ細胞質に形成し,大量に増殖する.飛びぬけて大きな粒子径,ゲノムサイズを持つパンドラウイルスは,ファゴサイトーシスによりアカントアメーバ細胞内に侵入し,ゲノムDNA を開口部を通じてアカントアメーバ細胞質中に放出する.そして細胞核を壊し,核膜成分を自身の脂質二重膜として取り込みながら,細胞核の“跡地”周辺で増殖する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 6 favorites)

@uCeratops 貴兄の最初の予想で合っています。 以下は、アカントアメーバにミミウイルスが感染するときに、アメーバ内の粗面小胞体がウイルスDNAを包み込むのと同じ過程で、細胞核と真核生物のDNAが形成されていったという仮説です。 https://t.co/MEH1su2Tx2
@Tall_WHITE1 @max358japan @gomamama4 @abunaihou すみません 知らないウイルスだったので調べましたが ミミウイルスが共通感染するかは読めませんでしたがアメーバには感染しますね 謎が多いウイルスみたいですしこれから研究が進んで行きそうなので興味がありますね https://t.co/YRxSifIgXI
年の瀬なので、ダラダラとネットサーフィンしてる 巨大ウイルスの細胞侵入・増殖機構 https://t.co/XTqsfU2rUr

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 2 contributors)

編集者: Crion
2019-03-06 17:32:33 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 240D:0:DF0D:3A00:7D45:2909:BD1F:71DC
2019-06-21 17:16:34 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト