言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (11 users, 17 posts, 10 favorites)

女性ホルモン作用のあるフタル酸エステル類をばく露したマウスでは、オスの肛門と生殖突起の間の距離が短くなるあるいは、精子数の減少が確認されている。 このようなメス化現象が、人間にも起きている可能性が疑われているのである。 https://t.co/QDIZ22jtUJ
環境ホルモン問題は、『奪われし未来』を機に、大きな社会的関心を集めた。 しかし、因果関係が明らかにならなかったとして、環境省は「人間への明らかな影響は認められなかった」という報告を出し、2005年には環境ホルモンリストを廃止し、… https://t.co/xoADLfkrMf
環境ホルモンの影響は次世代にも  これまで遺伝病は、生殖細胞の DNA 変異が次世代に伝 わるものと考えられてきた。ところが DNA 変異がなくて も、エピジェネティックな変異が次世代に伝わり病気を起 こすことが、最近の研究で報告… https://t.co/rj3fPrByn3
近年の環境ホルモン研究で、子ども の脳神経の発達に影響していることを示す研究結果が出さ れている。https://t.co/uiibpnRjjI
環境ホルモンが野生動物や人間 の脳神経発達に影響を及ぼし、認知機能や IQ 低下などの 悪影響を及ぼすことが明らかになってきた。https://t.co/uiibpnRjjI
環境ホルモンは内分泌系だけでなく神経系や免疫系 にも影響するホルモンに関連したガンの増加  先進国では、ガンの中でもホルモン依存性である乳がん、 卵巣がん、前立腺がん、精巣がんなどが増加している。https://t.co/uiibpnRjjI

収集済み URL リスト