著者
周防 一平
出版者
一般社団法人 日本東洋医学会
雑誌
日本東洋医学雑誌 (ISSN:02874857)
巻号頁・発行日
vol.66, no.2, pp.147-154, 2015 (Released:2015-08-12)
参考文献数
41

岡部素道は昭和の日本鍼灸界における第一人者であった。その功績は,経絡治療の樹立,GHQ 旋風時のGHQ との直接交渉,北里研究所東洋医学総合研究所設立への貢献など数知れない。そこで筆者は昭和鍼灸史の見直しを目的とし,戦前における岡部の治療方法とその成立過程についての調査を行うこととした。岡部晩年の内弟子であった相澤良氏に対する岡部本人の談話の聞き取り調査,岡部最初の論文「古典に於ける補瀉論に就て」を中心とした岡部の著作,論文等の調査を行ったところ以下のことが判明した。戦前の岡部の治療は,晩年の比較脈診による69難本治法とは異なり,六部定位による脈位脈状診に基づき診断を行い,単刺による一経補瀉を行っていた。現在一般にいわれている昭和14年(1939)3月3日の新人弥生会結成が経絡治療の始まりではなく,昭和11年(1936)の段階で経絡治療の理論・臨床体系が出来上がっていた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 7 posts, 1 favorites)

@taka0901ue 岡部素道が八木下勝之助に最初に出会い、彼の施術を参考に経絡治療の下地を作ったそうです。 以下の資料にその経緯を詳しく書かれています。ご参考までにm(_ _)m https://t.co/JeOK1xBcdo
新人弥 生会結成は,経絡治療の始まりというよりも,経絡 治療普及の契機であったといえよう。』 このレポートは面白いな。 岡部素道の鍼灸治療 ―戦前期 経絡治療における理論の体系化と臨床の具体化― 周防 一平 https://t.co/JeOK1xBcdo
#鍼灸技術史 #近代鍼灸史 「岡部素道の鍼灸治療 -戦前期経絡治療における理論の体系化と臨床の具体化」 周防 一平 日本東洋医学雑誌 2015年 ℹ️ J-STAGE ⬇️ 文献情報ページを開く https://t.co/RfVe85yFQY

収集済み URL リスト