著者
池嶋 健一
出版者
一般社団法人 日本肝臓学会
雑誌
肝臓 (ISSN:04514203)
巻号頁・発行日
vol.59, no.7, pp.342-350, 2018-07-20 (Released:2018-07-27)
参考文献数
48

アルコール性肝障害はその初期像としての脂肪肝からアルコール性肝炎を繰り返して肝硬変へと進行するが,近年増加傾向が注目されている非ウイルス性肝硬変の成因の約半数を占めており,非ウイルス性肝癌の発生母地としても重要である.アルコール代謝酵素の遺伝子多型は飲酒習慣や依存形成に関与する一方,patatin-like phospholipase encoding 3(PNPLA3)などの遺伝子多型が脂肪肝形成から肝病態の進展に関わるリスク因子であることが明らかになっている.アルコール性肝障害の発症・進展には,アルコール代謝過程で生じる活性酸素種(ROS)などによる細胞障害に加えて,腸内細菌叢の変化(dysbiosis)とそれに対する自然免疫系の反応が主軸的な役割を演じていることが明らかにされつつある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

@takiuchi この発表のことかな?これ単に「非アルコール性でも脂肪肝になる機序を見つけたよ」と言う話ですよねぇ。 アルコール性は別機序ありという論文を善逸さんが提示してますよね。その治療の柱は断酒であり、断酒なし治療可能という提唱は皆無ではと。 https://t.co/nIRRxzAH13 https://t.co/oUGcTUQBfw
@shirouzu @takiuchi @kazuho 過栄養によるオートファジー低下が脂肪肝の原因という論文をリツイートされていますね。 私の調べた限りでは、アルコールでCYP2E1という酵素が誘導され、活性酸素ができ、脂肪のベータ酸化が低下し脂肪的ができる、オートファジーが低下するという2つの回路が関係しています https://t.co/LZ4z84ewPX

収集済み URL リスト