著者
高田 秀重
出版者
一般社団法人 廃棄物資源循環学会
雑誌
廃棄物資源循環学会誌 (ISSN:18835864)
巻号頁・発行日
vol.29, no.4, pp.261-269, 2018-07-31 (Released:2019-07-31)
参考文献数
42
被引用文献数
2

プラスチックによる海洋汚染は21世紀に入り,マイクロプラスチック問題として新局面を迎えた。汚染は海洋表層水だけでなく,海底堆積物,海洋生態系全体に広がっている。プラスチックに含まれる有害化学物質はプラスチックを摂食した生物に移行していることも確認されている。リモートな海域ではその寄与が大きい可能性が示唆された。海洋環境中でプラスチックが長期間残留し,マイクロ化すると取りのぞくこともできないことから,国際的には予防原則的な対応がとられている。海洋プラスチックの主な汚染源は陸上で大量に消費される使い捨てプラスチックである。エネルギー回収も含めたプラスチックごみの焼却やリサイクルよりも,使い捨てプラスチックの削減が優先的に進めらている。解決策は,持続的で循環型の社会形成の中に位置づけ,温暖化等の環境問題全体の解決と調和させ,物質循環の視点から考える必要がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 2 favorites)

マイクロプラスチック問題の論文 https://t.co/NCwgvpRe3E
https://t.co/5czdVyoFvB
講談社ブルーバックスの日本環境化学学会 編著 『地球をめぐる不都合な物質』でした。この本の2章を書かれた東京農工大の高田先生の論文(https://t.co/y7oqEMcyjK)がまとまっていて現状を把握しやすいかも。余談だけど、今から大学受験生に戻れるなら農工大のこの先生の研究室に入りたいわ。

収集済み URL リスト