著者
建部 謙治
出版者
人間・環境学会
雑誌
人間・環境学会誌 (ISSN:1341500X)
巻号頁・発行日
vol.3, no.2, pp.23-29, 1997-01-20 (Released:2018-10-01)

本研究は、歩行者を取りまく物的環境が歩行行動に与える影響を明らかにするために、障害物を避ける一般歩行者の行動をビデオにより撮影し、画像処理技術を応用してその歩行軌跡を解析したものである。本論では、特に歩行者の人数と性別による歩行行動への影響を定量的に明らかにすることを目的としている。解析は、直進する歩行者が障害物を避けるために進路を変更する地点を回避行動の代表的な指標と考え、歩行者ごとに回避行動の開始点と障害物との距離(以下、前方回避距離と呼ぶ)を実測した。この結果、男性の場合、単独と2人グループ歩行とはほとんど差はみられない。前方回避距離に限って言えば、女性は男性に比べて前方回避距離が小さい。しかし、女性の場合個人差が大きく、この特徴は2人グループ歩行よりも単独歩行に顕著である。一方、前方回避距離による分析に対して歩行軌跡の分析では、女性は男性と比べて障害物からの影響を受けやすいと判断された。また、前方回避距離は、歩行者の属性に関わらず、障害物が「物体」より「前向きの静止した人」の方が大きいことが明らかとなった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

建部謙治「歩行者の属性による回避行動特性」 https://t.co/AV4ezp7ks2
@gasu_y 似たような話はもう何年も前にされてる気が https://t.co/Iqi0cdQMZl
歩行者 の 属性 によ る回避行動特性 https://t.co/pazBw0cV5g

収集済み URL リスト