著者
寺嶋 弘道
出版者
公益社団法人 日本語教育学会
雑誌
日本語教育 (ISSN:03894037)
巻号頁・発行日
vol.163, pp.79-94, 2016 (Released:2018-04-26)
参考文献数
13

本稿では,コロケーションテストにおいて日英バイリンガル辞書のみを用いる方法(以下:DIC法)と日英のバイリンガル辞書とレキシカルプロファイリングツールを併用する方法(以下:DIC-LP法)の比較を行った。 実験の結果,DIC-LP法の得点のほうが有意に高かった。DIC法においては①適切な訳語の表示不足,②解答となる表現や解答につながる表現の表示不足,③複数の訳語表示とその違いを理解するための情報の不足,④過剰な訳語表示,⑤学習者の類推の誤り,⑥複数の辞書による不確認が得点に負の影響を,DIC-LP法においては⑦共起表現リストからの意味の検討,⑧共起表現の有無やその数の確認ができたことが得点に正の影響を与え,2つの方法の間に有意差が生じたと考察した。また,DIC法では過剰な例文表示や想定した助詞の誤り,DIC-LP法では想定した助詞の誤りや辞書で動詞の候補が絞れないことがコロケーションテストの得点に負の影響を与えた原因だと考察した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 1 favorites)

【全文公開】寺嶋弘道(2016)「日本語学習者のコロケーションの選択とその考察」『日本語教育』163号https://t.co/GM25ggFpFO
【全文公開】寺嶋弘道(2016)「日本語学習者のコロケーションの選択とその考察」『日本語教育』163号https://t.co/GM25ggFpFO
【全文公開】寺嶋弘道(2016)「日本語学習者のコロケーションの選択とその考察」『日本語教育』163号https://t.co/GM25ggFpFO

収集済み URL リスト