著者
内藤 真理子 小森 万里
出版者
公益社団法人 日本語教育学会
雑誌
日本語教育 (ISSN:03894037)
巻号頁・発行日
vol.164, pp.1-16, 2016 (Released:2018-08-26)
参考文献数
22

学部留学生が書いたレポートの中に不要な語や表現の重複があることにより,読み手に稚拙な印象を与えることがある。重複を回避するためには,学生の気づきを促す指導を行うことが有効であると考える。しかし,作文教材を調査したところ,重複が十分には扱われていないことがわかった。このことから,アカデミック・ライティングの授業において重複が積極的に取り上げられていないことが推測される。そこで,重複回避を意識したライティングの指導ができるよう,その基礎研究として本研究を行うことにした。本稿では,まず,学部留学生のレポートから,複数の判定者によって重複と判定されたものを抽出し,次に,文レベル,談話レベル,およびその2つのレベルに関連する重複をみていくため,卓立性・結束性・論理性・一貫性の4つの観点を導入し,それぞれに関わる重複に分類し,分析・考察を行った。さらに,重複と判定されなかった文との比較も行った。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (1 users, 10 posts, 3 favorites)

【全文公開】内藤真理子他(2016)「アカデミック・ライティングにおける重複がもたらす冗長性を回避するための方策」『日本語教育』164号https://t.co/0M9WDcys8M日本語教育 #日本語教育論文
【全文公開】内藤真理子他(2016)「アカデミック・ライティングにおける重複がもたらす冗長性を回避するための方策」『日本語教育』164号https://t.co/0M9WDcys8M日本語教育 #日本語教育論文
【全文公開】内藤真理子他(2016)「アカデミック・ライティングにおける重複がもたらす冗長性を回避するための方策」『日本語教育』164号https://t.co/0M9WDcys8M日本語教育 #日本語教育論文
【全文公開】内藤真理子他(2016)「アカデミック・ライティングにおける重複がもたらす冗長性を回避するための方策」『日本語教育』164号https://t.co/ZxgWQ0P8Y1
【全文公開】内藤真理子他(2016)「アカデミック・ライティングにおける重複がもたらす冗長性を回避するための方策」『日本語教育』164号https://t.co/ZxgWQ0P8Y1
【全文公開】内藤真理子他(2016)「アカデミック・ライティングにおける重複がもたらす冗長性を回避するための方策」『日本語教育』164号https://t.co/ZxgWQ0P8Y1
【全文公開】内藤真理子他(2016)「アカデミック・ライティングにおける重複がもたらす冗長性を回避するための方策」『日本語教育』164号https://t.co/ZxgWQ0P8Y1
【全文公開】内藤真理子他(2016)「アカデミック・ライティングにおける重複がもたらす冗長性を回避するための方策」『日本語教育』164号https://t.co/ZxgWQ0P8Y1
【全文公開】内藤真理子他(2016)「アカデミック・ライティングにおける重複がもたらす冗長性を回避するための方策」『日本語教育』164号https://t.co/ZxgWQ0P8Y1
【全文公開】内藤真理子他(2016)「アカデミック・ライティングにおける重複がもたらす冗長性を回避するための方策」『日本語教育』164号https://t.co/ZxgWQ16JPz

収集済み URL リスト