著者
安藤 朗
出版者
一般財団法人 日本消化器病学会
雑誌
日本消化器病学会雑誌 (ISSN:04466586)
巻号頁・発行日
vol.112, no.11, pp.1939-1946, 2015-11-05 (Released:2015-11-05)
参考文献数
26

ヒトは進化の段階で4つの門に属する細菌を選択し,腸内細菌として備えている.腸内細菌はヒトには備わっていない機能を通してヒトの生命維持に重要な役割をはたしている.われわれは,腸内細菌が食物繊維を分解して生じる短鎖脂肪酸(酢酸,プロピオン酸,酪酸)を利用してエネルギーホメオスタシスを維持している.一方,ヒトは腸内細菌と共生するために,複雑かつ巧妙に制御された免疫機構を発達させてきた.われわれのからだはヒトと細菌からなる超生命体と呼ばれるが,分子生物学的解析法の進歩によりヒトと腸内細菌の共生関係の詳細が明らかにされつつある.今回の特集に当たり,腸内細菌とその機能について概説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 50 posts, 15 favorites)

人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUc3tp2
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
新たな臓器としての腸内細菌叢 https://t.co/i08tSk6uJo
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
人体は、ヒトと細菌からなる超生命体。 『新たな臓器としての腸内細菌叢』 https://t.co/NI4XUcl4NC
アビガンが乳酸菌や腸内細菌の増殖も阻害するようなら、使用しないほうが良い。そういう実験は行われていないし検証されていない。 乳酸菌類の健康に貢献する細菌に影響がなく、毒性のある菌や日和見菌に選択的に効果があるなら別。類似RNAを持っているなら、無理。 https://t.co/ObJAwyqrXO
おそらく、子供の時はビフィズス菌などの乳酸菌が腸内に多く環境が良好なため、コプリ菌は健康に貢献し、新型コロナウィルスにも対抗する。 成長して腸内環境が変わっても良好なら毒性を発生しない。 https://t.co/fTLRLVcA1N
出生直後から離乳期に至る時期は、獲得免疫や免疫寛容の成立にとって重要な時 期で、この時期に住み着いた腸内細菌が個体の免疫システムとの相互作用を介してさまざまな選択と排除のプロセスを経て、各個人の腸内細菌叢のコアが決定されると考えられている。 https://t.co/NI4XUc3tp2
ヒトの腸管上皮には、食物繊維(植物性多糖類)を消化する酵素は数えるくらいしか備わっていない。一方、嫌気性菌を中心とする腸内細菌は、これらの酵素を豊富に備えている。 https://t.co/NI4XUc3tp2

収集済み URL リスト