著者
阿部 雅紀
出版者
日本大学医学会
雑誌
日大医学雑誌 (ISSN:00290424)
巻号頁・発行日
vol.78, no.4, pp.237-241, 2019-08-01 (Released:2019-09-20)
参考文献数
21

慢性腎臓病 (Chronic Kidney Disease: CKD) の食 事療法としてのエネルギー摂取量の設定にあたっては, 目標とする体重とともに,摂取たんぱく質との関係が重 要である.エネルギーは,性,年齢,身体活動レベルな どを考慮するが,25~35 kcal/kg 標準体重/日で指導し, 身体所見や検査所見などの推移により適時に変更する. 過剰なたんぱく質摂取は糸球体過剰濾過を促進し腎機能 に影響を与え,腎機能低下時にはたんぱく質の代謝産物 が尿毒症物質として蓄積する.標準的治療としてのたん ぱく質制限は,ステージ G3a では 0.8~1.0 g/kg 標準体 重/日,ステージ G3b 以降では 0.6~0.8 g/㎏標準体重/日 が推奨されている.たんぱく質制限とともに摂取エネル ギー量も過度に不足すると Protein-energy wasting (PEW) を引き起こす可能性があるため,十分なエネルギー摂取 量を確保することが重要である.CKD においては,高 血圧・尿蛋白の抑制と心血管疾患の予防のため,6 g/日 未満の食塩摂取制限が推奨されている.ただし,過度の 減塩は害となる可能性があるため,3 g を目安として個々 の症例に応じて下限を設定する.血清 K 値は 4.0 mEq/L 以上,5.4 mEq/L 以下で総死亡,心血管疾患の発症リス クが低下する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

標準的治療としてのたん ぱく質制限は,ステージ G3a では 0.8~1.0 g/kg 標準体 重/日,ステージ G3b 以降では 0.6~0.8 g/㎏標準体重/日 が推奨されている. https://t.co/15Hbdlpu3X

収集済み URL リスト