著者
井上 なつき 穐山 直太郎 柳原 健一 竹ノ谷 亜希子 久保田 俊輝 山口 宗太 森脇 宏人 吉川 衛
出版者
耳鼻咽喉科展望会
雑誌
耳鼻咽喉科展望 (ISSN:03869687)
巻号頁・発行日
vol.60, no.4, pp.189-195, 2017-08-15 (Released:2018-08-15)
参考文献数
27

咽頭異物は耳鼻咽喉科疾患でも日常的に遭遇する疾患であり, 本邦では魚骨異物が多い。 異物の介在部位や大きさにより異物の確認が困難な場合があり, 治療に難渋することも少なくない。 今回, 当科での3年間の咽頭異物60症例のうち, 魚骨異物54例について臨床的特徴を検討した。 年齢は40歳代が最多で, 性別は30歳代と50歳代で女性にやや多い傾向にあった。 検出方法としては, 口腔内からの視診および喉頭内視鏡検査により異物を確認, 同時に摘出可能な症例が多かった。 視診と喉頭内視鏡検査で異物を確認できなかった症例が3例認められ, そのうち1例は初診時の頸部単純 CT 検査でも検出が困難であったが, 後日異物を確認し摘出できた。 その症例の魚骨を用いて CT 検査撮影条件の検討を行ったところ, 通常の CT で行うスクリーニングの撮影条件では検出できない魚骨異物が存在する可能性が示唆された。 したがって, 魚骨異物が疑われた場合は, 一度の CT 検査で異物が検出されなくても注意深く経過を追うことが必要である。 異物の存在が否定されない場合は積極的に CT 再検査を行い, 異物周囲の炎症性変化や膿瘍形成などの随伴する所見も参考に再検出を行うことが重要と思われた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 11 favorites)

まだ痛い。頭にきたので論文読む。 J-STAGE Articles - CT 検査にて検出困難な魚骨異物症例の検討 https://t.co/SBluuqoRHF J-STAGE Articles - 魚骨異物の2症例 https://t.co/cg0YOTzFpX プライマリ・ケアとして、珍しくない症例なので、漁るほど流し読みする。 魚の骨 喉 咽喉 気管 異物 https://t.co/DFk0y9HJza
手術室の気道異物摘出術で「もち」はお目にかかったことがない。 この季節は「魚骨」ですね。 耳鼻科カルテにはいつもなんの魚か記載されています。 https://t.co/IbYL4Jeb0U https://t.co/FZeGAdB5n0

収集済み URL リスト