著者
荒井 稔
出版者
順天堂医学会
雑誌
順天堂医学 (ISSN:00226769)
巻号頁・発行日
vol.51, no.3, pp.386-391, 2005-09-30 (Released:2014-11-12)
参考文献数
3

うつ病は, 有病率が3%から8%の一般的な病気であり, 適正な治療を受ければ半年で約80%が寛解する. しかし, 症状は, 心身領域に現れ, 思考の渋滞化, 行動の制止, さまざまな身体症状などがあり, 診断が適正に行われない場合には, 軽快するのに時間がかかることもあり, さらに, 症状のひとつの自殺念慮の結果として自殺が完遂されることもある. 現在, 日本の自殺は, およそ3万3千人におよび, うつ病の診断と治療は, 自殺予防といった観点からも重要である. うつ病の病態生理としては, 脳内のシナプス間隙におけるセロトニンやノルアドレナリンの枯渇と考えられており, これらの神経伝達物質の枯渇を抗うつ薬等で治療することによって, 軽快, 寛解, 完治することを述べた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

それは普通に考えて抑うつ様症状と言わざるを得ないと思います。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/pjmj/51/3/51_386/_pdf 身体症状が前面に出て,精神症状が目立たないタイプのうつ病の頻度は高い.あたかもうつ病が身体症状 という仮面をかぶって隠れている状態をさしている.

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

回復とともにその皺が目立たなくなり,なかには消失する場合も認められる」 https://t.co/7X82uc94nM

収集済み URL リスト