著者
渡邊 立子 甲斐 健師 服部 佑哉
出版者
公益社団法人 日本アイソトープ協会
雑誌
RADIOISOTOPES (ISSN:00338303)
巻号頁・発行日
vol.66, no.11, pp.525-530, 2017-11-15 (Released:2017-11-15)
参考文献数
9

放射線による生物影響のメカニズムの解明には,モデルやシミュレーションを用いた研究は重要な役割を持つ。特に,メカニズムに関する仮定や生体の異なるレベルで得られた実験データの間の関係を評価するためにはシミュレーションは有効な手段である。本稿では,DNAと細胞への放射線影響のシミュレーションによる研究の概要について述べる。この中で,DNA損傷生成に関わる物理化学過程の詳細を推定する理論的アプローチと,DNA損傷と細胞応答のダイナミクスを推定する数理モデルも紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

これは東京農大 https://t.co/OhJic281Ba 独自に開発した動的モンテカルロシミュレーションコード なるほど。 甲斐健師 渡邊立子 ああ これですね。 https://t.co/cjqfMjOsnS

収集済み URL リスト