著者
岡崎 愛 伊香賀 俊治 平田 潤一郎 西村 三香子
出版者
公益社団法人 空気調和・衛生工学会
雑誌
空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集 平成29年度大会(高知)学術講演論文集 第6巻 温熱環境評価 編 (ISSN:18803806)
巻号頁・発行日
pp.21-24, 2017 (Released:2018-10-20)

執務者の知的生産性向上は多大な経済効果をもたらし、室内温熱環境は知的生産性に大きな影響を与えると指摘されている。また、床近傍の低温環境が温熱不満や皮膚温低下に繋がることから、床近傍室温が冷えを介して知的生産性に及ぼす影響の検証を目的とし、被験者実験を行った。床近傍の低温環境は、足元の皮膚音低下、不快感を伴う冷えを生じさせ、知的生産性を低下させる可能性が示された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

おはようございます! 今朝はかなり冷えますね。「冬季の床近傍室温が冷えを介して知的生産性に及ぼす影響」という論文では、足冷えによって、生産性が下がるとされています。足元は暖かくして勉学に励みましょう! #今日の積み上げ 機械学習実践 先輩の卒論予行演習 参考:https://t.co/Gu2QEZUcON
✅《冷え症×論文》 低温環境は ✔︎足元の皮膚温低下 ✔︎不快感を伴う冷えの自覚 ✔︎単純作業の知的生産性低下 の可能性あり‼︎ 冬だけではく夏のクーラーも注意しましょう⚠️ 冬季の床近傍室温が冷えを介して知的生産性に及ぼす影響(岡崎ら.2017) https://t.co/2Y6kgpjpTp #冷え症 https://t.co/dLHg2i10uS

収集済み URL リスト