言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 28 posts, 1 favorites)

心不全患 者は,神経体液性因子の活性化,加齢,高脂血症, 糖尿病,慢性腎臓病などの共存症を背景として免疫 反応異常が存在し,損傷治癒過程が障害されて,炎 症が遷延化することによって心筋リモデリングが進 行して,心不全の増悪,死亡に… https://t.co/8UFAQRp0rY
心不全の病態の背景に,心筋細胞死に対する損傷 治癒過程の障害に基づく慢性炎症がある. https://t.co/8UFAQRp0rY
心筋梗塞後リモデリングにおける免疫細胞の役割 https://t.co/8UFAQRp0rY
心不全の病態には神経体液性因子だけでなく免疫 系の過剰な活性化が深く関与しており,ストレス下 の心臓における免疫系の過剰な活性化の仕組みを理 解することで,… https://t.co/8UFAQRp0rY
γδT 細胞は,梗塞巣から所属リンパ 節に出てきたマクロファージから分 泌されるIL-23依存性に増殖とIL-17 産生が促進される https://t.co/8UFAQRp0rY
…好中球,マクロファージの走化性因子を分泌させて, 梗塞後の炎症過程を遷延させ,不利益なリモデリン グを促進させる結果,心機能を低下させ,予後を悪 化させる方向に作用していると考えられる. https://t.co/8UFAQRp0rY
IL-23-IL-17 経路は,MI 後の遅延相において作用 し,心筋細胞のアポトーシス感受性を高めて,炎症 性,創傷治癒マクロファージのバランスを炎症性マ クロファージ優位にシフトさせ,線維芽細胞からは… https://t.co/8UFAQRp0rY
γδT細胞は梗塞後 7 日目をピークに梗塞心に浸潤してきてIL-17を分泌し炎症性単球/マクロファージ,好中球 浸潤を遷延化させ,左室リモデリングを促進して生存率や心機能を悪化させる https://t.co/8UFAQRp0rY
IL-23はIL-17分泌を促進する因子で,IL-23-IL17経 路の活性化はアレルギー,自己免疫疾患,動脈硬化, 虚血再灌流障害,急性心筋炎後の左室リモデリン グにおいて重要な役割を果たしていることが報告さ れている. https://t.co/8UFAQRp0rY
樹状細胞は,炎症性・抗炎症性単球 / マクロファージの浸潤様式を制御す ることにより,損傷治癒過程を促進 する役割を果たしている https://t.co/8UFAQRp0rY
…以上 の結果から,DC が炎症性,抗炎症性の単球 / マクロ ファージを制御し,創傷治癒過程に関与している可 能性が示唆された https://t.co/8UFAQRp0rY
DC-ablation 群において,炎症性 Ly6C high 単球の浸潤は対照群と比較して有意に多く,抗炎症 性Ly6Clow 単球の浸潤は有意に低下していた. https://t.co/8UFAQRp0rY
MI 後の 創傷治癒の過程には,マクロファージと同様に,炎症 性 Ly6C high 単球と,抗炎症性 Ly6C low 単球の 2 つの分 画の浸潤が重要であることが知られており, https://t.co/8UFAQRp0rY
…さらに,マクロファージの前駆体と して知られる単球に関しても検討を加えた… https://t.co/8UFAQRp0rY
その中で,最近われわれが明 らかにした樹状細胞とγδT細胞のMI後損傷治癒過程,左室リモデリングにおける役割について説明する. https://t.co/8UFAQRp0rY
このように,最近の研究から,単球 / マクロファー ジ系は MI 後の損傷治癒過程の主役をなすことが実証 されているが,単球 / マクロファージ系以外にもさま ざまな免疫細胞が MI 後に時間空間特異的に心臓に浸 潤してきている https://t.co/8UFAQRp0rY
この連続反 応のバランスが崩れると,損傷治癒過程が障害され不 利益な左室リモデリングが進行して心不全に陥る https://t.co/8UFAQRp0rY
発症直後に浸潤してくる炎症性単球/ マクロファージは,貪食作用,蛋白分解,炎症の性格 を示す一方,遅れて梗塞巣に浸潤してくる損傷治癒 性単球 / マクロファージは筋線維芽細胞の蓄積,血管新生,コラーゲン沈着を促す性格を持つ. https://t.co/8UFAQRp0rY
この一見相 反する 2 つの反応は,時間空間的に連続して梗塞部 位に浸潤してくる炎症性,損傷治癒性の 2 つのサブ セットの単球 / マクロファージの協調作用によって達 成される. https://t.co/8UFAQRp0rY
引き続いて,炎症は積極的に消褪 に向かい筋線維芽細胞の蓄積,血管新生,コラーゲン 沈着による肉芽形成が促進され,左室リモデリングと 呼ばれる構造学的変化が生じる https://t.co/8UFAQRp0rY
MI によって心筋組織が壊死に陥ると,貪食作用, 蛋白分解,炎症が高まって障害された組織のデブリス の除去が行われる. https://t.co/8UFAQRp0rY
心不全患 者は神経体液性因子の活性化,加齢,高脂血症, 糖尿病,慢性腎臓病などの共存症を背景として免疫 反応異常が存在し,損傷治癒過程が障害されて,炎 症が遷延化することによって心筋リモデリングが進 行して心不全の増悪,死亡にいたる https://t.co/8UFAQRp0rY
心不全の病態の背景に,心筋細胞死に対する損傷 治癒過程の障害に基づく慢性炎症がある https://t.co/8UFAQRp0rY

収集済み URL リスト