著者
渋井 佳代
出版者
バイオメカニズム学会
雑誌
バイオメカニズム学会誌 (ISSN:02850885)
巻号頁・発行日
vol.29, no.4, pp.205-209, 2005 (Released:2007-10-23)
参考文献数
23
被引用文献数
2

女性は,月経,妊娠・出産,閉経を通して,視床下部-下垂体-卵巣系の内分泌環境が大きく変動する.それに伴い,気分の変調や睡眠が変化することはよく知られている.月経前には,いらいら,抑うつ感を伴った日中の眠気の増加が特徴的である.妊娠中に関しては,妊娠前期に過眠がみられるが,妊娠中期には比較的安定し,妊娠後期に夜間不眠が多く経験される.睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群が発症する場合もある.産褥期には夜間睡眠の分断化が余儀なくされる.更年期には,ほてりやのぼせなど自律神経症状がきっかけとなる夜間不眠がみられる.それぞれのライフステージにおけるホルモン動態を正しく理解し,適切な対処をする必要がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (196 users, 199 posts, 62 favorites)

出典:バイオメカニズム学会誌 女性の睡眠とホルモン https://t.co/H2hEBv92G8
生理中眠くてどうしようと思って調べてたら絶望するよね 仕事や休暇のスケジュールを自由に決められる人類どんだけいるんだろう。 https://t.co/Dvcqxd7QrC https://t.co/AECNkXkaws
頑張っても睡魔には勝てない気するし、生理前の睡魔は一生勝てない https://t.co/7iDaAsuFuN
男性にもこういうのないのかな。 / 女性の睡眠とホルモン https://t.co/7rj0GoH8aw
絶望感... https://t.co/CwCg7Eez9c https://t.co/uVUWUfvTGP
https://t.co/kvNsGqiXOM
一応、学会誌に出典書いてあったしちゃんとした研究の結果っぽいけどね。 https://t.co/5SUk4yUeiD
@banchan_goma そぉいっ! https://t.co/YwiJ6RgfOE

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: Apple2000
2012-06-02 09:26:04 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト