著者
向阪 保雄 野村 俊之 内藤 牧男
出版者
一般社団法人 粉体工学会
雑誌
粉体工学会誌 (ISSN:03866157)
巻号頁・発行日
vol.57, no.10, pp.526-529, 2020-10-10 (Released:2020-12-09)
参考文献数
5

Aerosol infection issues by COVID-19 were discussed from the viewpoint of particle technology, and the following conclusions were obtained: 1) Number of virus contained in a 10 μm droplet is very few, only 1 virus per 2000 droplets, whereas 0.5 virus in a 100 μm droplet, if 106 copies/mL of viral load in saliva is assumed. 2) Droplets larger than 100 μm can quickly settle down by gravity. 3) The possibility of aerosol infection is very low unless in unusual environments. 4) Mask is very effective, but the leakage from the space between mask and face has risk in heavy exhalation.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (64 users, 67 posts, 143 favorites)

@thinking_fact @UDu0hi @evijanEnl 飛沫核でも大きさは2μm程度以上あり、ウイルス単体(0.05~0.2μ)より大きいので不織布マスクによるトラップ効果は十分に期待できます。ちなみに水分が蒸発しても飛沫核はあまり小さくなりません。 https://t.co/5KuGlj8w5Q
この論文にもマスクについての考察があった。 新型コロナウイルス COVID-19 のエアロゾル感染の可能性 ―微粒子工学の立場からの考察― https://t.co/hovxQqLgbE
新型コロナウイルス COVID-19 のエアロゾル感染の可能性 ―微粒子工学の立場からの考察― https://t.co/eSgO210Vf1 結論:エアゾル感染は極めて低いと 6. おわりに 新型コロナウイルスの感染に関連して微粒子工学の立場から考察し次のような結果が得られた。 (続く
というわけで、タバコの煙の外気伝播と、コロナウィルスの外気伝播は、けっこう異なります。 タバコ粒子 「粒子の径は 0.1~1.0 マイクロメートル」 https://t.co/xZRBLbIlHf 「100 μm の飛沫には 2 個のうちの 1 個にウイルス」 https://t.co/urB8Rs5mdW
すみません。これは、大きく間違っていたようです。なので比較はできそうにありません。 タバコ粒子 「粒子の径は 0.1~1.0 マイクロメートル」 https://t.co/xZRBLbIlHf 「100 μm の飛沫には 2 個のうちの 1 個にウイルス」 https://t.co/urB8Rs5mdW
自分の思っていたことに近い結論の論文を見つけた。勿論正しいとは限らないが、ちょっとすっきりした J-STAGE Articles - 新型コロナウイルスCOVID-19のエアロゾル感染の可能性 ―微粒子工学の立場からの考察― https://t.co/eDfS4OweW2
この論文も一部取り扱おうと思っています。こちらも非常に重要な論文。 新型コロナウイルス COVID-19 のエアロゾル感染の可能性―微粒子工学の立場からの考察― https://t.co/ZNhMQUwjWv
飛沫核は固体なのか? ⇒ 〝液の飛沫中の水分が蒸発してできる飛沫核(固体に近い状態)について考える。〟 新型コロナウイルスCOVID-19のエアロゾル感染の可能性 https://t.co/VddFalmbbW ▼答えは 固体に近い状態
改めて、不織布マスクの着用をお願いします。富岳の計算を長大が実験で示しました。0.3μでも防げます。 エアロゾルが原因と指摘されそうですが、エアロゾル感染を引き起こすウイルス量は全飛沫のウイルス量の僅か 0.01~0.001%に過ぎないそうです。 エアロゾル感染の可能性↓ https://t.co/7v1TYvFWwp https://t.co/ZUpxDbTsvc
研究ノート 新型コロナウイルスCOVID-19のエアロゾル感染の可能性 ―微粒子工学の立場からの考察― 向阪 保雄, 野村 俊之, 内藤 牧男 粉体工学会誌 57, 526–529 (2020) https://t.co/WtPrPzPt7P
エアロゾル粒子の物理については、広大 奥山先生 https://t.co/pNMAQZwgfP 大阪府大 向阪先生 https://t.co/TPWg8mhLJA がよくまとまっています
研究ノート 新型コロナウイルスCOVID-19のエアロゾル感染の可能性 ―微粒子工学の立場からの考察― 向阪 保雄, 野村 俊之, 内藤 牧男 粉体工学会誌 57, 526–529 (2020) https://t.co/XLnyuo9LAK
@ko_ro_chin @yuuna2357 @mojo0000000000n @osamu_iga こういうのも間接的に参考になりますよ。 少しは自分でも調べてみてはいかが。 https://t.co/Tdq3jpJRFo

収集済み URL リスト