著者
小豆川 勝見
出版者
公益財団法人 日本学術協力財団
雑誌
学術の動向 (ISSN:13423363)
巻号頁・発行日
vol.22, no.4, pp.4_40-4_43, 2017-04-01 (Released:2017-08-11)
被引用文献数
1

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (32 users, 37 posts, 0 favorites)

この論文を見て欲しい。小豆川助教の主張の核心は復興論なのだ。 福島の食品中の放射性物質は極めて微量だという主張で、農産物は0.1%、水産物は僅か0.03%だけが100bqの基準値超だと。 偶々、青鮫のような「例外」があるだけだと。 https://t.co/n3SqX0xpgY
福島原発災害後の環境と地域社会 ―放射線の影響に関する研究を中心に―放射線測定から見た復興 小豆川勝見 https://t.co/g0cL9ubNY2
2 Bq/kgのリンゴ https://t.co/ZI4oBV3z4X 約0.007 µSvの被ばく量、人体に与える影響はごく僅かである。だから購入し、食べる ↓↑ 他の地域で生産され、放射性セシウムが2 Bq/kgよりももっと低い選択肢もあるので、わざわざ購入することもない
放射線測定から見た復興 小豆川 勝見 学術の動向 Vol. 22 (2017) No. 4 p. 4_40-4_43 https://t.co/ENVkjrSCgc
事故後6年で得た教訓とこれから 3H(トリチウム)が継続して滲出していることを少なくとも2015年より確認しており https://t.co/ZI4oBV3z4X
「自家消費用のシイタケは1,001検体中766検体が基準値を超過していて、率にすれば76.5%である。このほか、コウタケは95.0%、ユズは5.4%であった」 https://t.co/ZI4oBV3z4X
彼らが放射線の知識を得た上で判断したことで あり、どちらの意見も尊重されるべきであると 同時に、両者の意見の間に正解も不正解もない と私は考えている https://t.co/ZI4oBV3z4X
放射線測定から見た復興 小豆川勝見 https://t.co/ZI4oBV3z4X 「ここに2 Bq/kgの放射性セシウムが含まれている福島県産のリンゴがあります。希望者には差し上げます。講義で得た知識を踏まえて、家族や友人たちと議論してみてください」
・福島県でのリスクコミュニケーションと健康対策の欠如 ─医学的根拠に基づいた放射線の人体影響とは 津田敏秀 https://t.co/4gRWGwBasp ・放射線測定から見た復興 小豆川勝美 https://t.co/wtV0jed7xN
特集 1 ―放射線の影響に関する研究を中心に― 福島原発災害後の環境と地域社会〜放射線測定から見た復興:小豆川勝見(17/04) https://t.co/15aU46a18B ◇「外れ値」の存在 2016年に沼津市で水揚げされたアオザメ:707 Bq/kg(伊豆沖で捕獲)
福島原発災害後の環境と地域社会 ―放射線の影響に関する研究を中心に― 放射線測定から見た復興 小豆川勝見 https://t.co/kFmo82WmXD
放射線測定から見た復興 https://t.co/5gGVyLHdeR

収集済み URL リスト